音楽

2019年8月 3日 (土)

不思議なコンビネーションのジョイント・ライブ

 この人たちが同じ空間に存在しているという事実そのものが、まず夢のようだ。悪夢か吉夢かは、とりあえず置いておくとして。

 石川浩司とロケット・マツのイシマツ。そして宮原芽映、丹波博幸、窪田晴男のshiro。8月2日(土)、中目黒のFJ'sでこの破天荒な組み合わせのジョイント・ライブが実現した。始まる前から何かが起こりそうな予感が……。

 最初に登場したイシマツは、パスカルズのピックアップ・メンバーと言ってもいいのだが、石川浩司さんの場合は元たまと紹介したほうが通りがいいかもしれない。私の大好きなミュージシャン--というかパフォーマー?--とは言いつつも、まさか宮原さんたちといっしょのステージに立つ日が来ようとは思っていなかった(あとでうかがったらお店主導のブッキングだったそうで、ご当人同士はこれまでまったく交流はなかったそうな)。

 石川さんは、ステージの中央にうず高く組み上げられたドラムセットの周りをのたくりながら、桶や太鼓やシンバルを叩きまくる。何でも出てくるパーカッショニストの魔法の袋(コールマンのバッグだった)には、音の出るオモチャのたぐいがいっぱい詰まっていて、これをかわるがわる引っぱり出しては、不思議な音をかなでた。

 フロントマンの上に、動きは派手だし、音はデカいしで、石川さんが一人で目立っていたように思われるかもしれないが、実態はむしろ逆。この幼児的な暴力性を伴ったようなアバンギャルドなサウンドが、けっして前面に出てこようとはしないロケット・マツさんのリリカルなピアノを、絶妙に引き立たせるのだった。なんかしらんけど、すごい!

 そう感じたのは私だけではなかったようで、後半のステージのMCで窪田晴男さんもほぼ同様の感想を口にされていた。なんと「リリカルなピアノ」というキーワードまでぴったりと。こうしてみると、私の感性も捨てたものではないかもしれない^^;

 後半のステージはshiro。宮原芽映さんは、元祖アイドル(?)ロック・シンガーで、作詞家で、シンガー・ソングライターで、イラストレーターで……という才女。窪田晴男さんは、ご存知パール兄弟のギタリスト、丹波博幸さんはトップ・クラスのセッション・ギタリスト。三者三様のバックグラウンドを持ちつつも、抜群のコンビネーションを見せる。

 イシマツの毒気(ほめてます!)にあてられてどうなることかと思いきや、ご当人たちはいたってマイペース。私も2曲めの「人魚姫はなぜ人間になりたかったか」あたりでペースを取り戻せた感じで、早くもウルウルときた。まあ、MCの窪田さんという最終兵器もあることだから……。

 バランス的には丹波さんのギターの音がやや大きかったような気もしたけれど(途中までモニターの音が出ていなかったらしい)、それもまたよしということで。アコースティック・ギターのアンサンブルも、コーラスワークも、いつものようにすばらしかった。

 アンコールはイシマツのお二人も加えた全員でのセッション。曲は無国籍な昭和歌謡「カスバの女」。……これはさすがにはずしたんじゃないのかな?^^; でも、イシマツとshiroで共通するレパートリーを見つけるのが至難の業だろうというのはわかる。事程左様に、異業種交流会のようなジョイント・ライブだったと言えよう。

2019年7月27日 (土)

小室さんのソロ・ライブ

 六文銭のリユニオン、プロテストソングへの回帰と、近年になってますますパワーアップしている観さえある小室等さん。準地元の板橋・仲宿商店街のドリームズ・カフェで、その小室さんのソロ・ライブがあると聞いて、出かけてみた。

 ドリームズ・カフェといえば、麻田浩さんとの共著『聴かずに死ねるか!』(リットーミュージック)の端緒となった場所と言ってもいい。この店に麻田さんのトークライブを聴きに行かなければ、私がこの本に関わることもなかったろうし、さらに言えば麻田さんの本がいまだに世に出ていなかった可能性だってある。運命のはからいに感謝しないと。

 7月26日(土)午後7時半開演。ソールドアウトの会場はびっしりとお客さんで埋まっている。愛用の夢弦堂のギターを抱えた小室さんは、一曲ごとにていねいに曲の紹介をしてから歌い出す。ずいぶん幅が広く厚めに見えるサムピックを使って力強くリズムを刻み、ときにはサムピックをはずして柔らかなフィンガーピッキングを聴かせる。ギターの音がたいへん素晴らしいこと、そして表情が豊かなことに感心した。流行のコンタクトピックアップなどいっさい使わず、マイクロフォンを通した生音に徹していたのも小室さんのこだわりなのだろう。暖かなボーカルも、さらに円熟味を増してきたように感じた。

 ステージの後半は谷川俊太郎さんと共作した『プロテストソング2』の曲を中心に。アンコールは木枯し紋次郎の主題歌「誰かが風の中で」。自然にお客さんも歌い出し、最後は会場全体の大合唱となった。

 ところで、この日も予期せぬ新たな出会いがあった。なんと噂のアコースティック・デュオ、やぎたこのお二人が会場にいらしたのだ。驚いたことに、お二人とも私のことをご存知だという。おかげでいろいろお話をさせていただけた。もしかしたら、これをきっかけにまた新しい何かが生まれるかもしれない。……というところで、やぎたこのお二人の話はまた日をあらためて。

 

2019年7月26日 (金)

ルーツ系ミュージシャンとしてのジェリー・ガルシア

 いきなり暑くなってきたので、身体がまだ慣れていない感じ。昨日は外出する用事があったけれど、午後5時頃に家を出たので炎天下は避けられた。

 7月25日(木)午後6時から麻布十番のスタジオでFMラジオ「A・O・R」の収録。今回のお題はジェリー・ガルシアさんなのだった。う~む、正直荷が重い……。

 熱心なデッドヘッズの皆様に比べたら、私などたぶん10分の1の量も聴いていないだろうと思う。そんなへなちょこの分際でガルシアさんを語ってしまうのははなはだおこがましいのだけれど、ガルシアさんのルーツ系ミュージシャンとしての側面に光を当ててみようということで、お引き受けすることにした。

 ギタリストは世を忍ぶ仮の姿……とまでは言わないけれど、ブルーグラスのバンジョー・プレイヤーや、カントリー・ロックのペダル・スティール・ギター・プレイヤーとしても、ガルシアさんはなかなかよい演奏を残しているので、そちらを大きく取り上げることにしたわけだ(もちろんアコースティック・ギターも忘れてはいけない!)。結果的にはそれなりに面白い選曲になったのではないかと思う。

 そんなこんなで、ジェリー・ガルシア特集の放送は、8月1日(木)午後8時からの予定です。電波の届く地域の皆様はなにとぞよろしゅーに。

2019年7月10日 (水)

二度めのパンチ・ブラザーズ

 3年前の来日時には最終日に行ったので、今回は初日にしてみた。ブルーノート東京での、パンチ・ブラザーズ。4日間の連続公演である。

 正直に告白すると、ブルーノート東京は貧乏人の私にはいささか高級すぎて、なんとなく居心地の悪さを感じる場所(だからめったに行かない^^;)なのだが、パンチ・ブラザーズにはこの高級感がよく似合う。誤解を恐れずに書いてしまえば、意識高い系の音楽。それがすっかり板についてきた。骨太でありながら繊細なアンサンブル、緩急自在のリズムの変化、個々のメンバーのテクニック、クリアな音色、ステージのたたずまいなど、どこをとっても非の打ち所がない。

 実は3年前は冷静に見られなかったのだ。目の前で繰り広げられる演奏を追いかけるのに必死で、気がつけばステージが終わっていた。しかし昨日は多少の余裕ができたようで、めくるめく万華鏡のようなシチュエーション展開を、しっかり受け止めることができた。そうだ、頭で彼らの音楽を解析しようとしたのがいけなかったのだ。ブルース・リーも言っているように、ただ感じればよかったのだ。

 アンコールはビル・モンロー・ナンバー。なるほど、こう来たか。最後にこのストレート・パンチを食らって、私は10カウントを聞かされたのだった。

 それはそれとして、彼らによく似た感覚を味わえるバンドが、私の身近にもいるぞ。ピアニストのshezooさんを核としたトリニテというバンドがそれだ!

2019年7月 7日 (日)

祝ピート・シーガー生誕100年

 両国フォークロアセンターのすぐ近くにある江島杉山神社は江ノ島弁財天を祀っているというから、ミュージック・フェスティバルを開催するのにこれ以上ふさわしい場所はないに違いない。

Zinzya

 7月6日(土)午後1時より、江島杉山神社にて第8回隅田川フォークフェスティバル。今年はピート・シーガー生誕100年だそうで、これにちなんだレパートリーも多かった。

Yosidayosiko

 第2部のトップはよしだよしこさん。よしださんのライブは何度か体験しているのだが、今回ほど鮮烈な印象を受けたことはなかったと思う。歌の言葉の1つ1つが、リアルに迫ってくる。いったいこれはどうしたことか?  何か心境の変化があったのかもしれないね。正直、この日いちばんの衝撃を受けた。

Hurukawago

 続いて登場したのは京都の古川豪さん。マーティンのドレッドノートと、ロングネック・バンジョーを持ちかえてのパフォーマンスである。ピート・シーガーさんの生涯を歌った「アンクル・ピート」が、やはり出色だった。

Nakagawagoro

 トリを飾ったのは中川五郎さん。相変わらずのパワフルなステージだった。「歌は元の言語のままで歌うのがいちばんいい」とピート・シーガーさんに諭されたエピソードを紹介しつつ、日本語訳詞を付けた歌を次々と……。最後は圧巻の「ピーター・ノーマンを知ってるかい?」で閉めた。

Jam

 フィナーレは出演者全員によるジャム。中川五郎さんを中心にした「大きな壁が崩れる(We Shall Over Come)」だ。会場全員でシングアウトするお約束の展開だったけれど、素直に感動した。いまこそ、こういう音楽が必要なときなのかもしれない。この日は天気が心配だったけれど、なんとか最後までもってくれてなにより。

2019年5月29日 (水)

書いたからには後には引けない^^;

 5月とは思えないような猛暑も一段落して、ほっとひと息。昨日は三浦光紀さんのお話をうかがいに三鷹まで行ってきた。

 三浦さんは日本のフォーク、ロックの歴史そのものと言っても過言ではないような大プロデューサーである。拙著『ベルウッドの軌跡』(インプレスR&D)でも、その活躍の一端はご紹介することができた。この調子でさらに続編を書きたい、という思いは以前からあったのだけれど、生来の優柔不断もあって、今日までずるずると来てしまった……。そろそろ重い腰を上げなくては!

 そんなわけで、とりあえずの構成案らしいものをお持ちして、三浦さんのご意見をちょうだいしにうかがったわけだ。念のためにと取材用のレコーダーも準備して行ったのが正解だったようで、耳寄りなお話もいろいろと収録できた。ここでは書かないけれど、意外なお名前もどんどん登場して、「あ、そんな人ともいっしょに仕事していたんだ!」と、あらためて驚かされたり……。

 肝心の構成案については、「ずいぶん壮大だねぇ」とのお言葉。いえいえ、思いついたものを全部挙げてみただけで、これから取材をしていきながら、膨らますべきところは膨らませ、削るべきところは削る所存であります。

 なにはともあれ、ここにこうやって書いてしまったら、もう後には引けないだろう。背水の陣と言ってもいい。せいぜい張り切って結果を出さなくては。

2019年5月14日 (火)

ビル・モンローと荒城の月

 思わせぶりなタイトルで申し訳ないけれど、「Blue Moon Of Kentucky」の話になったりするわけではないので、念のため。

 ずいぶん昔の話だが、「題名のない音楽会」というテレビ番組で、司会の黛敏郎さんがドリカムの歌を取り上げて、「歌詞のイントネーションが日本語としておかしい」というような批判をされたそうだ。私はその場面を直接見てはいないのだけれど、新聞かなにかで顛末を読んで、作曲家の発言とも思えないな!と愕然としたのを覚えている。まあ、ナショナリストだった黛さんらしい発言と言えばそのとおり--という気もしないではないのだけれど……。

 日本語に限らず、言葉のイントネーションとは音程の上行、下行の組み合わせ--すなわちメロディそのものである。「正しい」イントネーションそのままにメロディをつけてまともな曲になる可能性はほとんどない。たしかに歌詞に合ったメロディ、合わないメロディというのはあるとは思う。だからといって、いちいちそんないちゃもんをつけるのは野暮というものである。素人さんならともかく、作曲家がそれを言っちゃあおしまいではなかろうか?

 たとえば、滝廉太郎作曲の「荒城の月」に対して、「日本語のイントネーションがおかしい」と批判する人はめったにいないと思うが、試みに歌詞を朗読してみれば、実際のイントネーションとの違いは歴然だ。

 冒頭の「ハルコウロウノ」からして、「春、高楼の」とは聴こえない。

 「メグルサ、カズキ」が「巡る盃」だとは、お釈迦様でも気がつくまい。

 「ムカシノヒカリ」なんて、競争馬の名前かよ?とつっこみたくなる^^;

 もちろん滝廉太郎さんを揶揄したいわけではなくて、歌を書くというのは結局こういう行為である、と言いたかっただけだが。

 おっと、余談が長くなってしまった(余談だったのかよ!)。3月21日に放送されたFMラジオ「A・O・R」のビル・モンロー特集の音源を聴いて、パーソナリティのユキ・ラインハートさんによる「ビル・モンロー」のイントネーションが気になり、それで上記の話を思い出したのだった。たぶんユキさんのイントネーションは、元の英語に近いのだと思う。ところが日本人同士では、まったく別のパターンで慣れてしまっているため、どうしても違和感を覚えてしまうという……。さすがに「こちらに合わせろ」と言うわけにもいかないし(だって向こうのほうが正しいんだから!)、これもまた、なかなかに難しい問題なのだよね……。

 そんなこんなで、以下はそのビル・モンロー特集のオンエアリスト。

  20:02 Toy Heart / Bill Monroe
  20:07 Uncle Pen / Bill Monroe
  20:10 Wheel Hoss / Bill Monroe
  20:15 Watgermelon Hangin’ On That Vine / The Monroe Brothers
  20:17 Tennessee Blues / Bill Monroe
  20:21 Swing Low, Sweet Chariot (LIVE) / Bill Monroe & His Bluegrass Boys
  20:27 Wayfaring Stranger / Bill Monroe & His Bluegrass Boys
  20:32 Fire On The Mountain (LIVE) / Bill Monroe & His Bluegrass Boys
  20:36 Mule Skinner Blues (LIVE) / Bill Monroe & His Bluegrass Boys
  20:39 Blue Grass Breakdown / Bill Monroe & His Bluegrass Boys
  16:42 My Last Days On Earth / Bill Monroe
  16:46 Blue Moon Of Kentucky / Bill Monroe
  16:49 Blue Moon Of Kentucky(Live) / Bill Monroe

 モンロー・ブラザーズの曲から、初期のブルーグラス・ボーイズ、アール・スクラッグスらの加わった時期の録音、グランド・オール・オープリーやビーン・ブロッサムのライブ音源、そして晩年の演奏まで、ひととおり網羅したつもりだ(モンロー・ブラザーズとソロ作の「My Last Days On Earth」以外は、すべてブルーグラス・ボーイズ名義。リストのクレジットがまちまちなのは、ネットのCDデータをそのまま使ったからだと思う)。

 1箇所だけ訂正を入れておくと、放送では「Fire On The Mountain」を「ドック・ワトソンとのセッション」と紹介していたけれど、このセッションにはドック・ワトソンは入っていない。たぶん『OFF THE RECORD volume 2』と混同したのだろうが、こちらは『volume 1』のほうのテックス・ローガンらとの演奏だ。

 ほかにも曲の説明でいくつか気になるところはあったけれど、なにはともあれビル・モンローさまの曲がまとめてラジオで放送されたのはめでたい、ということでご勘弁を……。

 最後の「Blue Moon Of Kentucky」は、三拍子のみのオリジナル録音と、三拍子からアップテンポの二拍子へとリズムが変化する後の演奏との聴き比べという趣向になった。あ! しっかり「Blue Moon Of Kentucky」の話で終わったね。

2019年5月12日 (日)

午後のラジオとシークレット・ライブ

 5月11日(土)午後3時より、渋谷渋谷Smart News社イベントスペースで、music is musicの公開収録風トークとシークレット・ライブ。music is musicは、音楽プロデューサーの牧村憲一さんをフィーチャーしたInterFMの音楽番組である。以前にもシークレット・ライブを何度か企画されていたけれど、今回は新しく立ち上げたオンラインサロンのキックオフ・イベントも兼ねたイベントということだった。

 前半のラジオの公開収録風トークは、牧村憲一、マスヤマコム、Aimee Isobeのみなさんが、トークを交えつつ曲を書けるというDJ形式で進行した。私もいささかラジオに関わっているもので、「なるほどこういう感じで収録しているのか」と興味深く拝見する。まあ、あくまでもそれらしい演出ということで、実際に収録はされていなかったようだけれど……。

Mim01

 後半のシークレット・ライブのゲストは、ギタリストの清水ひろたかさんだった。ガット・ギターとストラト風のエレクトリック・ギターを持ち替えてのソロ・パフォーマンス。1曲だけ歌った以外は、すべてインスト曲だった。バッキングがなくてもリズムがしっかりと聴き取れるのはさすが! 2本のギターは、どちらも自作だそうな。すげー。ストラト風のギターのボディには金箔を貼ってあるそうで、きらきらと輝いていた。音色もきらきら輝いてたんだよな、これが。とくにタッチ・ハーモニックスとか。

Mim02

 終演後は、牧村さんも交えての写真タイム。ネットに上げて宣伝してほしいというお話だったので、仰せのままに。

2019年4月15日 (月)

ジャグフェス2019

 18回めを迎えた横浜ジャグバンドフェスティバル。昨日は午後から時間が空いたので、出かけてみた。

Ragpapa1

 JR横浜駅西口を降りると、高島屋の前の会場はすでに盛り上がっていた。やっぱりジャグフェスはいい。おなじみのバンドが、おなじみのネタで楽しませてくれて、妙にほっとする。

Jug Steelpan

ジャグバンドフェスティバルというわりに、毎年ジャグ奏者はそんなに多くなかったりもするのだが^^; そんな中でがんばっていたハビロンズ。スティールパンをフィーチャーしているのも面白い。

Baron1

 個人的に大ファンなバロンさん。タップダンスにマウス・トランペットに帽子のジャグリングにと、今年もエンターテイナーの面目躍如。もちろん歌も演奏も素晴らしい。カルロス・ゴーン氏を扱った新ネタもよかったな。

Littlefats1

 こちらも常連のリトル・ファッツ&スウィンギン・ホット・ショット・パーティ。ジャズのスタンダード・ナンバーを中心に。

Harumati

 毎度のネタでお客さんを巻き込み、ノリまくった春待ちファミリーバンド。面白いんだけど、一気に体力を消耗した……^^;

Moony1

 フィナーレはムーニー&フレンズ。大人数のジャムでお疲れ様でした!

Niko

 ジャグフェスに二胡。驚くほどぴったりとハマっていたんだな、これが。

2019年3月25日 (月)

イディッシュ演劇初体験

    3月24日(日)午後2時半より、東京外国語大学本郷サテライトのセミナールームで、イディッシュ演劇に関する講演とミニライブ。「イディッシュ文化と笑い」なるテーマで、ニューヨークから訪日したイディッシュ演劇のアクター、シェーン・ベイカーさんのお話をうかがった。


 ベイカーさんのお話の前には、松山大学の黒田晴之教授によるイディッシュ演劇の概論も。これがたいへんわかりやすくて、まったく予備知識のない身にはたいへんありがたかった。


Baker1


 カンザスシティ生まれのベイカーさんは、ユダヤ人ではなく、イディッシュの文化圏に育ったわけでもないそうだ。幼い頃に接したイディッシュの演劇に心惹かれて、20代半ばの1994年にイディッシュを習い始め、演劇まで習得してしまったという異色のキャリアの持ち主である。前半は、おおむねその数奇な経歴についてのお話だった。ミナ・バーン、リューバ・カディソンなど、その筋では有名なイディッシュの女優さんに手ほどきを受けたりもしたそうな。全然知らないお名前なので、今度ちゃんと調べておこう……^^;


Baker2


 後半は実際のパフォーマンス。小道具を使って手品を披露したり、ニワトリの人形に催眠術をかけたり。このあたりは、マギー 審司さんの芸風にも近いかも(?)。このほかにも、一人芝居、歌、詩の朗読、踊り……と、さまざまな芸の要素が混じっている。どのようにしてイディッシュの言葉の意味を観客に伝えるのかと思っていたら、PCを使って英語の字幕を表示したりするのだった。


 Baker3


 バックの演奏を務めたのは、大熊ワタル(クラリネット)、こぐれみわぞう(チンドン太鼓)、松本みさこ(アコーディオン)のトリオ。クレズマーの講演に顔を出しているうちに、いつのまにかお知り合いになってしまったような……。終演後の懇親会にも参加させていただいたのだが、部外者は私一人で、あとは全員出演者、スタッフの方々だった。あれ?

より以前の記事一覧