音楽

2020年1月22日 (水)

マンドリン・オーケストラの時代

 25日(土)の「楽器は語る Talk About Roots Music Vol.5 マンドリン編」のテーマにからめてもう少し。 

 アメリカ合衆国の歴史上、マンドリンが最もポピュラーな楽器だった時期は、おそらく20世紀初頭だろう。

 マンドリンは19世紀末にはイタリア以外の西欧にも広まっていたようで、このヨーロッパの流行がアメリカにも伝わったと言える。1899年にフィラデルフィアで「The Banjo, Mandolin and Guitar Music Festival」が開催され、ここに43人のマンドリン奏者を含むオーケストラが参加したという記録が残っているものの、マンドリン・オーケストラというスタイルが確立するのは20世紀に入ってからのようだ。

 マンドリン・オーケストラは、それ以前のクラシック・バンジョーのブームに取って代わるような形で広まっていったと思われる。全盛期と言えるのは、1900年代~1910年代。その後のジャズ・エイジに入ると、音量の点で勝る4弦バンジョーに主役の座を奪われた観がある。5弦と4弦では楽器の性格が異なるものの、この一連の動きをバンジョーの逆襲と捉えると、ちょっと面白い。

 マンドリン・オーケストラは、マンドリン、マンドラ、マンドセロ、マンドベースを中心に構成された、おおむね撥弦楽器の楽団である。ギター、ハープ・ギター、ウッド・ベース(コントラバス)などが加わることも多い。場合によっては管楽器や打楽器も。大編成の楽団ばかりではなく、弦楽四重奏のような小編成のグループも少なくなかった。

Zu2_05

 写真は、1921年に発行されたギブソンの製品カタログ(カタログM)より、シカゴ・シンフォニー・マンドリン・オーケストラ。指揮者のクロード・ローデンは、ギブソンに宛てた手紙に「すべてのマンドリン・オーケストラにマンドベースを加えるように勧めたい」と書いて、ギブソンのマンドベースを絶賛している。

 実際のところ、ギブソンのマンドベース、スタイルJは、初めてカタログに登場したのが1912年と、他のマンドリン属の楽器よりもかなり遅めのデビューだった。「コントラバスではなくてマンドリン・オーケストラ専用のベースを」という機運が高まったのが、実はこの頃だったのかもしれない。

 マンドリン・オーケストラはほとんどがアマチュアの楽団だったが、ほぼ同時期にボードビルの劇場では、マンドリンやマンドラを手にした芸人たちが活躍を始めていた。マンドリン・オーケストラの人気が衰えた30年代にも、新たなスターがボードビルや映画界を席巻して、マンドリンを新たな高みへと導くことになる。そのスーパースターとは、革命の混乱から逃れてロシアからニューヨークへと渡ってきたデイブ・アポロン(ロシア名:デニス・アポロノフ)である。

 ……というところで、この続きは25日(土)の武蔵小山Againにて^^; 

2020年1月20日 (月)

なぜマンドリンは平べったくなったのか?

 25日(土)のトーク&ライブ『楽器は語る Talk About Roots Music』 Vol.5 マンドリン編まで、あと5日。何を隠そう、今回もギターをちょこっと弾かせてもらうつもりでいて、その練習を始めているのだが、これがなかなか難しい。いつもはマンドリンで弾いている曲で、ギターで弾くのはこれが初めてだもんな……と言い訳^^; はたして本番までに間に合うだろうか?

Flyer

 それはさておき、イベントの宣伝のために、この日記でトークのネタを小出しに紹介していくことにする。

 まず最初の重要なテーマは、なぜマンドリンはアメリカに渡ってボディが平べったい姿に変わったか?ということだ。

 拙著『アメリカン・ルーツ・ミュージック 楽器と音楽の旅』(音楽之友社)では、オービル・ギブソンが取得した特許(USパテント・ナンバー598245)の資料から、オービルの意図を推察した。「熱処理して成型した薄い板(リブ)を何十枚も組み合わせて作ったボウルバック・マンドリンでは、充分なレスポンスや、音量、音質を得られない」というのが、オービルの結論だったようだ。熱成型をせずに、厚い板を削り出してトップとバックにする(それどころかサイドの板まで!)。こうしてバイオリン属の楽器とほぼ同等の手法が採用されることになった。

 とはいえ、このような技術的な視点とは別に、イタリア以外の移民の文化がもたらした影響についても考えてみる必要がありそうだ。今回はそのあたりの事情について、もう少しつっこんでみたいと思っている。

2020年1月 6日 (月)

恋多き女について語る?

 2020年1月5日(日)の真昼間。「晴れたら空へ豆まいて」で、麻田浩さんとサエキけんぞうさんのトーク・イベント『新年初笑い!麻田浩 × サエキけんぞう 聴かずに死ねるか裏話』。そんなわけで、久しぶりに代官山まで出かけた。それにしても乗り換えの渋谷駅は、いくたびにダンジョン化が進んでいるような気がするな。

 年が明けても続く『聴かずに死ねるか!』(リットーミュージック)の出版記念イベント。まだネタがあるのかと心配していたら、新たに65年の初渡米時の写真が見つかったとかで、その貴重な写真を一挙公開。これがなかなかに楽しかった。

Asada11

 トークに加えて、麻田さんのギター弾き語りも2曲。ジャクソン・ブラウンと初めて会ったときに披露したという「The Ballad of Ira Hayes」と、自作曲の「ガード下の飲み屋」。「Ira Hayes」のほうは、去年の暮れに同じステージに上がらせてもらったときにも聴く機会があったのだけれど、あらためてじっくり歌詞をかみしめながら聴けて、麻田さんのハスキーなボーカルがじわっと沁みてきた。自作曲もすごくよかったし、いつものステージでもご自分の歌をもっと歌えばいいのに、なんてことを思ったり。

Saeki11

 肝心のトークでは、ジャクソン・ブラウンの車にジョニ・ミッチェルと同乗してギターを買いに行ったくだりが初耳だった。そのときにジョニさんは小さめのマーティンを買ったとか。いつものことではあるけれど、麻田さんはさらっとすごいことしゃべるよな~。もっと前に聞いていれば、本にも書けた……というか、入れられたのに……。

 このエピソードに食いついて、ジョニさんの男性遍歴を探りだすサエキさん。そのあたりの話は中川五郎さんが詳しいはずでは?なんて思いながら拝聴していたのだが、家に帰って調べてみたら、あっさり見つかった! 『ヤング・ギター』(新興楽譜出版社=のちのシンコーミュージック)1973年3月号。中川五郎さんが書いた「ジョニ・ミッチェルの色香に噎ぶわたし」という記事が載っている。すごいタイトルだね、しかし。私としては、朝までむせんでいてくださっていっこうにかまわないのだけれど、記事の中身自体はとてもしっかりしていて、ジョニさんの経歴や作品の変遷などがよくわかるすばらしい内容であるということだけは、申し添えておきたい。

 で、その記事の最後に、こんな図が添えられていたのだ。あえてコメントはなしで、そのまま貼り付けておく。悪しからず^^;

Jonimitchell

2019年12月11日 (水)

Talk About Roots Musicマンドリン編

 1月25日(土)のトーク&ライブ「楽器は語る Talk About Roots Music」 Vol.5 マンドリン編のチラシめいたものを作ってみた。配布の予定もないけれど、とりあえず何かやってるところをアピールせねばならぬので^^;

 イメージとなる素材を安直に用意するのなら、手元にあるギブソンF4のヘッドかボディ裏がいいだろう。そこで写真を撮って比較すると、ボディ裏の絵面のほうがわかりやすいような気がした。

F4headF4back

 そこでシコシコと絵を切り抜いて、でき上ったのがこちら。我ながらデザインのセンスのなさには感心するが、まあ、シンプル・イズ・ベストということにしておこう^^;

Flyer

 そんなこんなで、イベントの概要は以下のとおり。私のトークはともかく、竹内信次さんのマンドリンは、一見、一聴の価値ありですぞ。いろいろ無茶ぶりをして、普段はやらないようなこともやってもらおうかとたくらんでおりまする^^b

 

楽器は語る Talk About Roots Music Vol.5 マンドリン編

2020年1月25日(土)
 開場:14:30 開演:15:30

●会場
 Live Cafe Again
 品川区小山3-27-3 ペットサウンズ・ビル B1F
 http://www.cafe-again.co.jp/

●Charge
 2,000円

●出演
 奥 和宏(トーク)
 竹内信次(マンドリン)

2019年12月 6日 (金)

敗者復活もあるかも???

 実に苦しい。苦しいが……ちょっぴり楽しい。

 長らくお休みしていた「楽器は語る Talk About Roots Music」の第5弾を、1月25日(土)にやっとこさ開催できる運びとなった。今回はマンドリン編。そんなこんなで当日かける曲の選曲を始めたのだが、これも入れたいあれも入れたいと、ものすごい数になってしまった。マンドリンにはそこそここだわりがあるもので。これではとても時間内におさまらない……。

 しょうがないからばっさり削る。どんどん削る。この作業が塗炭の苦しみ……と言いたいところだが、なぜかマゾヒスティックな喜びもあるのだな。このあたりの心理はよくわからない。

 ちなみに2次審査に落ちたCD(の一部)はこんな感じ。どれもいい曲入っているんだけどね~。

Mandodisc

 さて、厳しい審査^^;を勝ち抜いた栄えある曲たちの陣容はいかなるものか? その結果は当日のお楽しみ(すみません^^;)。イベントの詳細については、もう少しつめてから近日中にあらためてお知らせします。どうぞよろしく。

2019年11月22日 (金)

スクラッグスの次はバーズ

 11月21日(木)午後6時より、麻布十番のスタジオで、FMラジオ「A・O・R」の収録。ザ・バーズ特集ということで、時系列を追ってバーズの話をした。

 始まる前に、「バーズの個々のメンバーの曲も取り上げる?」なんてことも言われたのだが、ロジャー・マッギン、ジーン・クラーク、デビッド・クロスビー、クリス・ヒルマン、マイケル・クラーク、グラム・パーソンズ、クラレンス・ホワイト、ジーン・パーソンズ、スキップ・バッティン、etc.……それぞれの軌跡を追いかけていったらたいへんなことになるので、今回はバーズ本体のみでまとめさせてもらった。

 面白そうではあるんだけどね。CSNYだの、マナサスだの、フライング・ブリトーだの、ディラード&クラークだの、サウザー・ヒルマン・フューレイ・バンドだの、ファイヤーフォールだの、ホワイト・ブラザーズだの、デザート・ローズ・バンドだの……(順不同)。もちろん個々のソロ・ワークもあるし、バーズ以前の活動もあるしで、ちょっとやそっとじゃ片付きそうにないもの。

 それにつけてもバーズのメンバーって、同姓や同名がやたらと多くてややこしいんだよな。収録では間違えなかったと思うけれど……。

 放送は11月28日(木)午後8時からの予定です。電波の届く地域の方々はなにとぞよろしく。

 そういえば、前回放送分のご報告をまだしてなかった。10月3日放送のアール・スクラッグス特集の件だ。番組のサイトにアップされていたオンエアリストは以下のとおり。

  20:02 Foggy Mountain Breakdown / Flatt & Scruggs
  20:07 Flint Hill Special / Flatt & Scruggs
  20:10 Jimmy Brown The Newsboy / Lester Flatt, Earl Scruggs & The Foggy Mountain Boys
  20:16 Molly And Tenbrooks / Bill Monroe & His Bluegrass Boys
  20:18 Ballad Of Jed Clampett / Flatt & Scruggs
  20:20 Ground Speed / Flatt & Scruggs
  20:22 Lord Mcdonald~Cumberland Gap / Tim O’Brien
  20:28 Nashville Blues / Nitty Gritty Dirt Band
  20:31 Soldier’s Joy / Nitty Gritty Dirt Band
  20:35 Fill Her Up / Earl Scruggs With Sting
  20:38 Are My Thoughts With You / The Earl Scruggs Revue
  20:42T For Texas / The Earl Scruggs Revue
  20:46 Country Comfort / Earl Scruggs with Elton John

 あらためて説明するまでもないとは思うけれど、裏事情をちょこっとだけ書いておくと、私の選曲候補からはお兄さんのジュニー・スクラッグスの演奏が落ちて、代わりにスティングとのセッションが入った。『Earl Scruggs And Friends』からはエルトン・ジョン1曲で充分かと思ったのだけれど、スティングのネーム・バリューに負けたかも。それにお兄さんの演奏はごく短いものだし、放送するに堪えないと思われたのかもしれない^^;

 あと、ティム・オブライエンのアルバムでの客演は、デ・ダナンのフランキー・ギャビンとのセッションというところがミソだわね。放送ではそのあたりの話はカットされていたけれど……。

Rogermcguinn

(写真は本文とは関係なく、雑誌の仕事でロジャー・マッギンさんにインタビューしたときのもの。ご本人に「写真撮らないの?」と聴かれてありがたくお受けした。いい人だね~。私の髪型がなんとなくバーズっぽいのは偶然です^^;)

2019年11月14日 (木)

ソルフェージュはじめました

 もっともらしく音楽の話を書いたりしているくせに、実は楽譜が読めない^^; 楽器があればなんとかならなくもないのだが、ただ五線譜を見ただけでは、まったくメロディが浮かんでこない。

 これではアカンと突如思い立ち、この歳にしてソルフェージュを試してみることにした。もちろんレッスンに通うわけではない。『子供のためのソルフェージュ入門1a』(音楽之友社)という本を持ってきて、いわゆるひとつの独学をしようというわけだ。

Solfege

 御存知の方もいらっしゃるだろう。正味116ページの薄い書籍ながら、1954年の初版から今年で167刷を重ねるという、ロングセラーである。

 第1課は、ドとレの2つの音の組み合わせから始まる。これは楽勝だったけれど、次のドとレとミに増えたところで早くもつまずいた^^; 思っていた以上にダメっぽい。

 それでもめげずにやっていたら、なんとなくメロディが浮かんでくるようになった。自転車みたいに急にこげるようになる感じ(何を隠そう、自転車も大人になってから始めていまだに直進しかできない^^;)。ステップ・バイ・ステップで一歩ずつ。さすがによくできたメソドだな~。

 そんなこんなで、現在は4日め。ド~ソの5つの音の組み合わせ(これがめちゃくちゃたくさんある!)をやっている。音程差はまだ3度まで。最初はギターで音を確認しながらやっていたのだが、2日めからはめんどくさくなって、ふとんに寝っ転がってテキトーに歌っている。こんな感じでいつまで続くか、おなぐさみ。

2019年11月 3日 (日)

麻田浩トーク&ライブ

 思ったより疲れていたようで、昼飯を食って横になったらすこーっと寝てしまった^^; 朝起きたときから、肉体労働のあとのような疲労感が残っている気はしたんだよな……。

 昨夜は板橋のDream's Cafeで麻田浩さんのトーク&ライブ。『聴かずに死ねるか!』(リットーミュージック刊)のご縁で声がかかり、私も出演させていただいた。

 午後4時に会場入り。トークはこれまでの積み重ねでなんとかなるとして、問題はほぼ初顔合わせに近いライブのほうだ。2人だけでは演奏面でやや物足りないような気もしたので、いつもお世話になっている山崎規夫さんに助っ人をお願いして、3人でサウンドチェックも兼ねたリハーサル。麻田さんのセレクトした曲のコード進行を確認し、通しで練習。間奏を入れる位置などもその場で適当に決める。そんなあわただしいやりとりのうちに、あっという間の開場時間に。おかげで緊張するヒマもなかったぞと。

 お客さんの中に、私の師匠にあたる佐々木仁さんご夫妻もいらっしゃったのには感激した。奥様とはパンチ・ブラザーズの日本公演のときにお目にかかっていたものの、仁さんとは久々の再会である。いまは体調をくずされているそうだが、ぜひ元気になってさらなる活躍をしてほしいと切に願う。

 前半のトークでは、私がインタビュアーになって話題をふり、麻田さんにいろいろ答えていただいた。トムスで招聘したデビッド・グリスマン・クインテット、ニュー・グラス・リバイバル、ジェフ&エイモスなどの音源をかけつつ話を進める。そしてスマッシュ時代のボーイズ・オブ・ザ・ロックやリチャード・トンプソンのエピソードも。ハイドパーク・フェスにからめてアサイラム・ストリート・スパンカーズの曲もかけた。まだまだお聴きしたいことはたくさんあったのだけれど、残念ながらこのあたりで時間切れ。

 後半のライブは、まず私と山崎さんで前座を務め、それから麻田さんをお呼びして3人で演奏をする。途中で麻田さんの狭山のご友人にもギターとコーラスで加わっていただいた。

Dreamscafe

 ちなみに、私のセットの曲は以下のとおり。

  Vamp Of The Middle
  Mr. Bojangles
  白い色は恋人の色
  言い訳の数だけ歳をとって
  Midnight Moonlight

 麻田さんのセットは、自らの音楽体験をたどる興味深い選曲で、「All I Have To Do Is Dream」「Tom Dooley」「Honky Tonk」「Ira Hase」「Carmelita」など。麻田さんの語るそれぞれの歌にまつわるエピソードが、またよかった。

 最後に麻田さんといっしょにスティーブ・グッドマンの「City Of New Orleans」を歌ってフィナーレ。そんなこんなで、(いつものように?)現場施工の綱渡りでハラハラしたけれど、それなりに楽しく充実した内容になったのではないかという気がする……。関係者の皆様、お疲れさまでした。

2019年8月30日 (金)

宣伝ではなく言い訳です^^;

 「歌がウマイとかヘタとか関係ないから」と三浦光紀さんはおっしゃる。いや、確実にヘタなんですけどね……。

 9月28、29日の二日間、静岡県伊東市にある桜美林学園伊豆高原クラブで、「三浦光紀ベルウッド・キャンプ」なるイベントが開催されるという。そのイベントでベルウッド関連の曲を歌ってほしい、という依頼が来た。--ということは、三浦光紀さんをはじめとするベルウッドの関係者や、熱心なベルウッド・ファンの前で! こともあろうにこの私が!

 ちょっと待ってくださいよ……。そんなおそろしい話、普通なら丁重にお断わりするところだけれど、これが三浦さん直々のご依頼だったため(なぜだ!?)、これまでいろいろお世話になってきた義理もあり、無下には断わりづらい。そこで「私なんかでよろしいんでしょうか?」と、やんわりと再考をうながしたところ、上記のような言葉が返ってきたわけだ。

 三浦さんいわく、オリジナル・シンガーを呼ぶことも考えたが、当事者の前で批評めいたことは話しにくい。そこでしがらみのない私が候補に上がったのだという。なるほど。そう考えると、専業の歌手じゃないほうが、かえって気楽に歌えるような気もしてきた。それにトークの間の幕間狂言みたいなものなんだよな、きっと?

 お話をうかがっているうちに、ちょっとしたアイデアがひらめいたこともあり、結局お引き受けすることに(おいおい)。とはいえ、一人では心もとないから、サポート・ミュージシャンもほしい。私が敬愛する音楽評論家&ミュージシャンの小川真一さんもゲストでいらっしゃると聞いていたので、小川さんも引きずり込むことにした^^;

 最初はダメモトで「小川さんに手伝っていただけたら……」みたいなことをぶつぶつ言っていたら、こちらの思いがご本人にも伝わったようで、快く引き受けていただけるそうな。ありがたや。言ってみるもんだね~。小川さんはワイゼンボーン(スライド・ギター)で参加してくださるという。これはちょっと楽しみになってきた。

 とりあえず個人練習をしなければ。普段はほとんど自作曲しか演奏していないのだけれど、『ベルウッドの軌跡』の出版記念ライブのときに取り上げた曲と、あとはそれこそ10代の頃に歌っていたレパートリーを引っ張り出してきて……。

 ちなみに、前述した「ひらめいたちょっとしたアイデア」というのは、シングアウト中心のライブにしようかなというものだ。おなじみの名曲をみなさんといっしょに歌えば、こちらの歌がヘタでも、それなりに盛り上がりそうな気がする。さて、このアイデアが功を奏すかどうか?

2019年8月22日 (木)

伊東に行くならベルウッド?

 21日午後5時から、三鷹の喫茶店で、久々に三浦光紀さんとお会いする。9月の終わりに伊豆方面でベルウッドがらみのイベントがあるとかで、その打ち合わせだった。なんと、私もゲストで招いてくださるという。ありがたいお話ではあるけれど、私なんかでいいのだろうか? まあ、豊橋から小川真一さんもいらっしゃるということなので、それならなんとかなるのかな。

 三浦さんは相変わらずお元気そうで、興味深いお話をいろいろうかがった。イベントの話以外にも、三浦さんの学生時代の話、プロデューサー時代の話から、昨今の政治情勢まで、3時間ほど。

 それから夕食に誘われ、すし飯のひつまぶしをごちそうになる。うなぎのちらし寿司みたいなものだが、フツーに薬味やだし汁も付いてくる。これがなかなかいけた。

より以前の記事一覧