« ミュージック・マガジン2月号 | トップページ | レディ・ガガの素顔を見る »

2021年1月28日 (木)

アコースティック・ギター・マガジン87

 『アコースティック・ギター・マガジンVol.87』(リットー・ミュージック)の見本誌が届いたのでご紹介。

Agm87

 表紙は漫画家の浦沢直樹さんと俳優の六角精児さんという異色の組み合わせ。でも、NHKの「SWITCHインタビュー」などではなくて、「あの素晴らしいフォーク・ソングをもう一度」と題した、60年代~70年代日本のフォークの特集を飾る対談のひとコマなのだった。

 このスペシャル対談以外にも、高田漣さんとなぎら健壱さんが高田渡さんの思い出を語るクロス・トークあり、麻田浩さんや南こうせつさんのインタビューあり、中川イサトさんの寄稿あり、フォークの歴史をたどる記事あり、アコギスト31名に聴く「我が心のフォーク・ソング・ベスト3」あり、ジャパン・ビンテージのアコギ図鑑あり……とさまざまな角度からフォークに迫っていて、なかなかによくできているのではないかと。

 私は、麻田さんのインタビューと、「年表で見るにっぽんフォーク史」を担当させていただいた。正直、年表作りのような緻密な作業はあまり得意なほうではないのだが、それなりに頑張ったつもり^^; なるべく無機質なデータの羅列に終わらないように心掛けた(つもりだ)けれど、うまくいったかどうかは見てのおなぐさみ……。

 麻田さんのインタビューは、単行本『聴かずに死ねるか!』の続きみたいな雰囲気で、個人的にはたいへん楽しくできた。日本のフォークの草分けにあたる方の貴重な証言は、耳寄りな情報ばかり。全日本フォークジャンボリーでの体験談など、今回初めてうかがえたお話も多かった。

 あ、そうそう。付録のことも書いておかなければ。今号には、昔懐かしフォークのソングブックが付録で漏れなく付いてくる。そういえば、昔のフォーク雑誌にはこういうブックレットがよくはさまっていたよな~……と遠い目 。

Agmsongbook

 昭和レトロを意識したのか、表2には「スーパースターも夢じゃない」のモーリスのCM、表4には東海楽器のキャッツアイ・ギターのCMが復刻されていて、これにもちょっぴり感激した(お若い読者の方が、いまの新しい広告と混同しなければいいのだけれど)。明日はこのソングブックを見ながらギターを弾いてみようかな?

« ミュージック・マガジン2月号 | トップページ | レディ・ガガの素顔を見る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミュージック・マガジン2月号 | トップページ | レディ・ガガの素顔を見る »