« イメージの詩 | トップページ | 夢日記番外編? »

2020年12月17日 (木)

ライ・クーダーとマンドリン

 薄暮の光景。地下鉄を下りて地上に出ると、街並みの向こうに大きな山がそびえているのが見えた。

 ん? あんなところに山なんてあったっけ? これでも一応東京都区内だぞ? よくよく目を凝らしてみると、どうやら日暮れの光に下から照らされた三角形の雲が、黒い森のように見えているらしい。歩いて行くにつれて山はビルの中に沈んでいったため、確証までは得られなかったけれど、そういうことにしておこう。もし異世界が見えたんだとしたら、怖いから^^;

 そんなこんなで、今日は午後3時半から麻布十番のスタジオ入り。FMラジオ「A・O・R」のコメント収録をすませてきた。今回のお題はライ・クーダー。スライド・ギターであまりにも有名な人だけれど、今回は意外と知られていないマンドリニストとしての側面に焦点を当ててみることにした。

 うれしはずかし、ライさんのマンドリン・プレイばかりをど~んと1時間--という趣向である。この人のマンドリンのスタイルって、ほんとにユニークなので、これまで意識して聴いたことのなかった人は、きっとびっくりするんじゃないかな?

 「マンドリンに絞ったら、みんな同じような曲ばかりだろ」って? ところがどっこい。何を隠そう、最初はそんな心配もしていたのだけれど^^; 実際に並べてみたら、ロックあり、フォークあり、ブルースあり、ハワイアンあり、ラテンあり、ジャズあり……という感じで、なかなかバラエティに富んだ選曲になったような気がする(沖縄はさずがに番組のキャラに合わなそうなのでカット^^;)。マンドリンだけじゃなくて、マンドラやマンドセロの音も聴けると思うから、マンドリン・ファンのみなさまはお楽しみに。

 放送は、12月24日(木)のクリスマスイブ午後8時から。今年はお出かけしないで家でラジオを聴きましょう--なんちって^^;

« イメージの詩 | トップページ | 夢日記番外編? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イメージの詩 | トップページ | 夢日記番外編? »