« ライ・クーダーとマンドリン | トップページ | 年末恒例…… »

2020年12月20日 (日)

夢日記番外編?

 土曜日の未明のできごと(夢ではなくて現実)。

 目が覚めたと同時に足がつった(それとも足がつって目が覚めたのか?)。
 「ぐわ~痛ぇ~。めちゃくちゃ痛ぇ~」
 なんとか痛みを和らげようと、足を立てたり寝かせたり。

 隣に寝ているカミさんを起こしてはいかんと思い、なるべく静かに身体をよじっていたつもりだったのに、気配を察知されてしまったようで、「ねぇどうかした?」と声をかけられた。
 「足が……つって……」
 「何かした?」
 「だから……足が……つって……るんだよ……」
 「あたしが何かした?」
 ……いや、それどころじゃないからちょっと黙ってて……と心で思いつつ、一人でしばらく奮闘しているうちに、なんとか痛みはおさまった。やれやれと、そのまま二度寝する。

 翌朝起きると、「夕べのことだけど」とカミさんが話をふってきた。なんでも、ちょうど夢から覚めたところだったのだそうで。その夢というのが、暴漢に襲われて反撃し、おなかをぐいっと突いて殺してしまった夢だったのだという。あ~、それで私が悶えているのを見て「もしや」と思ったのか。あのやりとりの意味がようやくわかった^^;

« ライ・クーダーとマンドリン | トップページ | 年末恒例…… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ライ・クーダーとマンドリン | トップページ | 年末恒例…… »