« Over The Rainbow | トップページ | クリス・シーリー特集をふり返る »

2020年8月22日 (土)

夢について語る夢

 未明に見た夢。

 西洋風の部屋に数人の男女。彼らと再会のあいさつを交わす。金髪のきれいな白人女性がハグしてきた。「私の気持ち、あの人に話してくれた?」女が耳元でたずねる。「あの人」というのは最近亡くなったばかりの日本の私の友人だ。「話しましたよ。日本に帰った晩に夢を見たんです。あいつが出てきたから、あなたが悲しんでいるよと告げたら、うれしそうにしていました」正直に全部話すと、女はさらに強く抱きしめてきた。感激して涙を流している。それから二人でダンスを踊った。

     ※     ※     ※     ※

 田舎のピクニック。漢方の食材を持ち寄り、山で薬草やキノコも採って、みんなで分け合う。メンバーは年配のご婦人ばかりで、知っている人はいない。1人のおばさんが、白い丸い実を集めて両手でこねだした、ほかにもいろいろ混ぜて薬のように飲み下す。「あたしはお弁当のあとにするよ」もう1人のおばさんがそう言った。私も真似してみよう。シートの上には、採取してきた木の実や雑草、キノコ類がたくさん並んでいる。木の実をこねて、ヨモギみたいな葉っぱを載せて、アミガサタケみたいなキノコと、エノキタケも混ぜてみよう。葉っぱやキノコが多すぎてうまく混ざらない。しかたがないから、そのまま葉っぱをかじって飲み込んだ。お弁当は、卵焼きに海苔巻き、いびつな形の握り飯もある。

« Over The Rainbow | トップページ | クリス・シーリー特集をふり返る »

夢日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Over The Rainbow | トップページ | クリス・シーリー特集をふり返る »