« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月29日 (土)

ベラ・フレックとの個人的な思い出など^^;

 去年からず~っと伸ばしっぱなしにしていた髪を切った。

 前から切りたいとは思っていたのだけれど、コロナ騒ぎでなんとなく行きにくい空気が生まれ、そうこうするうちにお店が「完全予約制」などと言いだしたこともあって、めんどくさくなってほっぽってあったのだ。とはいえ、長くなったらなったで、それもまためんどくさくはある。しょうがないから覚悟を決めて電話を入れたーー;

 そうして髪を切ったのが昨日の午前中。夜は麻布十番のスタジオへ。「A・O・R」ベラ・フレック特集の収録である。当代一のバンジョー・プレイヤーとして、知らない人がいないような存在かと思っていたら、「ベラ・フレックを1時間丸ごとかけるなんて、おそらくこれまでなかったでしょう」とスタッフ氏に言われて、なるほど日本ではそれくらいの認識なのだな……とあらためて感心させられた。

 肝心の選曲だが、今回はかなり苦戦した。カバーするジャンルが多岐に渡りすぎていて、たかだか1時間枠では、とても網羅できそうにない。実際にセレクトしてみたら、ブルーグラスがほとんど入らなくなってしまった^^; ドレッドフル・スネイクスなども候補には挙げてみたのだが、ほかの曲と並べてみると、なんだかおさまりが悪いのだね。しかたがないので、思い切ってバッサリやった(すみません!)。結局ブルーグラス関連は、ニュー・グラス・リバイバルが1曲入る程度になりそうだ。ついでに言うと、フレクトーンズも1曲だけ。まあ、NGRやフレクトーンズのメンバーがバックを務めているソロ曲は入る予定だけれど。

 エレクトリック・バンジョーも、ほとんどの聴取者にはエレクトリック・ギターにしか聴こえないだろうということでカット。あのコンビの曲もカット。このコラボもカット……とめったやたらと切りまくることになってしまった。

 そんなに切って何が残ったかというと……その答は本番までのお楽しみ。放送は9月3日(木)午後8時からの予定です。放送枠のあるFM局の一覧は、「A・O・R」のサイトなどをご覧ください。

 --というところで、以下余談。今回、あらためてベラ・フレックの経歴について確認していたら、若い頃の話を思い出してしまった。これまでどこにも書いたことはおろか、話したこともなかったけれど、そろそろ時効でいいだろう^^;

 ベラ・フレックの初来日は、1981年。このときはブルーグラス・バンド、スペクトラムのメンバーだった。当時の私はまだサラリーマンで、ひたすらコンピュータのプログラムを書く毎日だったのだが、すでに退社してブルーグラス・リバイバル誌の編集者になることが決まっていた。その関係で、編集長の佐々木仁さんからお声がかかり、スペクトラムの東京公演の裏方をさせられることになった。彼らの招聘をしたのが、リバイバル誌……というか、ジューンアップルだったもので。

 たしか会場は日仏会館だったと思う。ベラ・フレックはまだ23歳くらいだったはずだが、すでにバンドのサウンド面をリードするような存在だった。バンジョーのテクニックも、早くも完成の域にあった。

Belafleckcrossing

 そのときにサインしてもらったソロ・アルバムがこちら。当時は書き損じかと思っていたが、その後、ファースト・ネームの「e」の上には「’」が付いていることを知って、遅ればせながら納得した。これで正しいんだ! ハンガリー系(マジャール語)の名前のようである。だとすると、本来の発音は「ベーラ」なのかな?

 サインをもらってそれっきりかと思っていたら、全ツアー終了後にもう一度会う機会があった。このときは「いまから来られるか」と電話で仁さんに言われ、会社からスーツ姿のまま駆け付けたのだった。スペクトラムの離日前に夕食の接待をするとかで、私にも会わせてやろうと配慮してくださったのだと思う。

 最初に入ったバー(知り合いのお店のようだった)で、ベラ・フレックがエレクトリック・ギターを手に取ってビートルズ・ナンバーを演奏し(歌なしの「Yesterday」だったかな?)、仁さんが「Kentucky waltz」を歌ったのを覚えている。そのあとレストランで食事をするなどいろいろあって、最後は池之端の高級クラブに行くことになった。私にとっては生涯初の(そして最後の?)クラブ体験である。メンバーが大はしゃぎする中、ベラ・フレックは隅っこのほうでおとなしくしていた。

 いちばん盛り上がっていたのは、リード・ボーカル、ギターのグレン・ローソンで、お店の女の子(たぶん二十歳そこそこ)をお持ち帰りしかねない勢いだった。女の子は英語がまったくしゃべれないらしく、私が通訳をさせられた^^; 女を口説く手伝いか~。私だってしゃべれないっちゅーのに。

 新加入のフィドルのジミー・マッティングリーは、実はまだ19歳だったらしいのだが、顔中を覆うようなひげ面だったので誰も未成年とは思わず、当然何のおとがめもなし^^; その風貌はともかく、酒を飲んではっちゃける姿はほんとにガキんちょそのものだった。

 ベースのマーク・シャーツは、哲人風というか、マイペースで飄々としていた。知的な雰囲気もあり、ちょっと好感を持った。

 そうこうするうちに、バンド内の空気がだいたい読めてきたのだが、ベラ・フレックとマーク・シャーツ組、グレン・ローソンとシミー・マッティングリー組とに分かれている感じで、その間にはなんとなくよそよそしい雰囲気が……。バンドの末期(もう解散が決まっていた)というのはこういうものなのかもしれないなと思った。

 リーダーでマンドリンのジミー・グッドローは、どちらにも組せずに超然としている印象だったけれど、身体はゴツくて、雰囲気はかなり怖かった。一度「うるさい」と後頭部をこづかれたりもした。……ということは、私もいつの間にやら個人的に盛り上がっていたのかもしれない^^;

 ともあれ、23歳のベラ・フレックはとてもシャイな感じで、一人静かに飲んでいた。いまにして思えば、グレンさんの通訳などしてないで、もっと話をしておけばよかった……。

2020年8月24日 (月)

クリス・シーリー特集をふり返る

 6月11日(木)JFN「A・O・R」午後8時より、クリス・シーリー特集。13歳のデビュー作から、いまをときめくパンチ・ブラザーズまで、マンドリンの音がてんこ盛りの1時間になったのではないかと思う。

 当日のオンアエリストは以下のとおり。

  20:02 I Should’ve Known Better / Nickel Creek
  20:09 Alex / Punch Brothers
  20:16 Shadow Ridge / Chris Thile
  20:19 Magpie / Aoife O’Donovan
  20:22 Attaboy / Yo-Yo Ma, Stuart Duncan, Edgar Meyer, Chris Thile
  20:30 Kid A / Punch Brothers
  20:37 This Side / Nickel Creek
  20:41 Familiarity / Punch Brothers
  20:46 Elephant In The Room / Chris Thile
  20:49 Rabbit In The log / Chris Thile & Michael Daves

 サラ・ワトキンスのボーカルをフィーチャーしたニッケル・クリークの曲から始まったのはまあいいとして、エンディングが、どブルーグラス(ギターとマンドリンのデュオだけど)というのは、なかなか大胆な……。これはこれで、意表を突かれて面白かったかもしれないけれど……。

 パンチ・ブラザーズの曲は長いものが多いため、ラジオ用に選曲するのは、けっこう苦労した。「Familiarity」は、3パートからなる10分半の大作で、全部はかからないだろうと思いつつ、しれっと選んでしまった^^; そのぶん、わりを食った形になったのがイーファ・オドノバンの曲で、せめてマンドリンのソロが出てくるところまでは入れてもらいたかったな~。

 ところで、次回の特集はバンジョーのベラ・フレックに決まった。楽しみではあるけれど、候補曲がものすごくたくさんありすぎるので、思い切ってばっさり切らないといけない。う~、これも難儀だな……。

2020年8月22日 (土)

夢について語る夢

 未明に見た夢。

 西洋風の部屋に数人の男女。彼らと再会のあいさつを交わす。金髪のきれいな白人女性がハグしてきた。「私の気持ち、あの人に話してくれた?」女が耳元でたずねる。「あの人」というのは最近亡くなったばかりの日本の私の友人だ。「話しましたよ。日本に帰った晩に夢を見たんです。あいつが出てきたから、あなたが悲しんでいるよと告げたら、うれしそうにしていました」正直に全部話すと、女はさらに強く抱きしめてきた。感激して涙を流している。それから二人でダンスを踊った。

     ※     ※     ※     ※

 田舎のピクニック。漢方の食材を持ち寄り、山で薬草やキノコも採って、みんなで分け合う。メンバーは年配のご婦人ばかりで、知っている人はいない。1人のおばさんが、白い丸い実を集めて両手でこねだした、ほかにもいろいろ混ぜて薬のように飲み下す。「あたしはお弁当のあとにするよ」もう1人のおばさんがそう言った。私も真似してみよう。シートの上には、採取してきた木の実や雑草、キノコ類がたくさん並んでいる。木の実をこねて、ヨモギみたいな葉っぱを載せて、アミガサタケみたいなキノコと、エノキタケも混ぜてみよう。葉っぱやキノコが多すぎてうまく混ざらない。しかたがないから、そのまま葉っぱをかじって飲み込んだ。お弁当は、卵焼きに海苔巻き、いびつな形の握り飯もある。

2020年8月14日 (金)

Over The Rainbow

 一昨日、昨日と連日の雷雨。とくに昨日は、近くにバリバリ雷が落ちて、えらい騒ぎだった。

 ところが雷雨が過ぎると、一転して日が差してきて、大きな虹が……。記録のために、撮った写真を貼りつけておく。

Rainbow2 Rainbow

 人はなぜ虹を好むのだろう? 単純に珍しいからかな?

2020年8月 7日 (金)

大人の階段のぼるセミ

 昨日の夕方のこと、玄関の脇でセミが羽化しようとしていた。あわてて写真を撮ったらブレてしまった^^; フラッシュを焚けばよかったのだけれど、なんとなくはばかられてね。

Semi

 セミの幼虫は、まだ明るい内から地上に出てきて脱皮をする。観察する側からすればありがたいのだけれど、それで危険はないのだろうか? 犬や猫に見つかる確率は、明るくても暗くても同じくらいなのかな? 長い間繁栄を続けてきたということは、夕方の羽化にもそれなりのメリットはあるのだろうが……。

2020年8月 6日 (木)

デジタル元年!

 デジタルへの切り替えから、はや10年近く。我が家ではず~っとアナログテレビで頑張っていたのだが^^;このほどあまったテレビを譲ってくださるという奇特な方が現われ、ようやくテレビのデジタル化が実現した。

 問題は、これまでは壁に掛けて利用していたため、据え置き用の脚がないことだ。ネットで使えそうな製品を探すと、1,780円でそれらしいものが見つかった。

Tv01

 これがそのテレビスタンド・キット。本体のほかにネジだの工具だのがわんさかついている……。

Tv02

 とりあえず説明の図面どおりに組み立てる。プラモデルに比べたら楽勝……。

Tv03

 ワッシャをかましてテレビの裏にネジ留め。テレビ等のマウントの仕様は、VESA規格というので定められているそうで、問題なく取り付けられた。

Tv04

 両脚を付けるとこんな感じ。最初は垂直に立つように組み立てたのだが、実際に立ててみるとなんとなく違和感があったため、ネジ穴の位置を変えて少し後ろに傾くように直した(可変式ではないので、角度を変えるにはいったんはずしてまた組み直さないといけない)。

Tv05

 チェリー材のAVラックに設置。あつらえたようにサイズがぴったりあった。めでたし。次は壊れているビデオデッキを新しくして、録画ができる環境にしたいな^^;

2020年8月 3日 (月)

大塚公園

 8月2日(土)。梅雨明けの晴天。バルサンを焚くというので、煙が収まるまでの時間つぶしに、大塚駅の向こうの児童公園まで散歩した。

 その名も大塚公園。ちょっと変わった景観の場所で、通常の遊具や噴水のほかに、キノコの形のあずまやや、テラス跡……、さらには子育て地蔵様やお稲荷様の祠まで同居している。もろもろの事情で写真は取り損ねたが、「ラジオ体操発祥の地」という看板まである。

Otukakoen1 Otukakoen4 Otukakoen2 Otukakoen3

 何かいわれのある場所なのだろうが、沿革等の資料も見当たらず、いまだに謎のままである。わからないのが値打ちというものだろうか?

2020年8月 1日 (土)

URCレコード読本

 発売日が遅れに遅れ、一時はもう出ないんじゃないかと危惧した『URCレコード読本』(シンコーミュージック)が、ついに発売されることとなった。めでたい。

Urcbook

 日本のインディーズ・レーベルの草分けと称されるURCレコードの軌跡を、スタッフの一人だった小倉エージさんの書下ろし原稿と、ゆかりのミュージシャンの証言でまとめた労作である。URCも発足からすでに50年だそうで、あらためてふり返るにはよい機会だったのではないかと思う。

 まだパラパラと眺めた程度だが、やはり貴重なのは、高石ともや、中川五郎、中川イサト、金延幸子、斉藤哲夫、大塚まさじ、三上寛、なぎら健壱、古川豪--といった所属アーティストのみなさんへのインタビューだろう。これからじっくり読まなくては。

 私も、やぎたこのお二人へのインタビューと、「後世に残したいURCの50曲」のレビューの一部を書かせていただいている。

 やぎたこインタビューではさまざまなお話をうかがったのだが、紙数の都合で、アルバム『WE SHALL OVER COME』の話題に絞って紹介させていただいた。また機会があればそれ以外の部分も掘り下げてみたいものだ。

 内幕話をもう少し。「後世に残したいURCの50曲」は、最初に候補曲を10曲選び、編集部がその候補曲を元にほかの書き手のみなさんと調整をしてレビューを割り振るという段取りだった(よくある話です)。

 だとすれば、候補曲がほかの方々と競合しまくるのは得策ではない。そこで定番と思われる曲と、少しひねった曲とが半々の候補リストを作ることにした。とはいえ、書いてみたい候補曲は10曲にはとてもおさまりきらない。こちら立てればあちらが立たず……。悩みに悩んだ末に決まった候補リストは以下のようなものだった。

  鉱夫の祈り 高田渡
  腰まで泥まみれ 中川五郎
  伝道 加川良
  夏なんです はっぴいえんど
  まちは裸ですわりこんでいる 友部正人
  サーカスにはピエロが ディランⅡ
  追放の歌 休みの国
  築地の唄 野沢享司
  満員の木 西岡たかし
  ジャンジャン町ぶるうす 五つの赤い風船'75

 この中から最終的にOKが出たのは、「まちは裸ですわりこんでいる」「築地の唄」「満員の木」の3曲だった。どれも思い入れのある曲なので、結果的にはよかったのではないかと思う。届いた本を読みながら、あれとあれとあれが競合してたのか……と確認するのも、また楽しからずや……。

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »