« 2か月前のサム・ブッシュ特集 | トップページ | 麻田さんの配信ライブ »

2020年6月 5日 (金)

またまたマンドリン特集

 たしか1998年に、ニッケル・クリークで来日しているはずだ。このときまだ17歳。当時の日記を調べてみたら、98年6月18日に渋谷オンエア・ウェストまで見に行っていた。

  正直に白状すると、そのときの印象は、マンドリンを弾くマシンのようだな--というもので、プレイヤーとしての技量には感心したものの、現在のような影響力のあるプレイヤーに成長するとまでは思わなかった。おのれの不明を恥じるばかりである。

 FMラジオ「A・O・R」の次回の特集は、クリス・シーリー。昨日の午後4時から、麻布十番のスタジオでその収録があった。天才マンドリン少年だったあの頃から、いまをときめくパンチ・ブラザーズに至るまで、一気に紹介させてもらう。

 2カ月ぶりのスタジオは、ずいぶん様子が変わっていた。テーブルの真ん中に透明の大きなついたてが立てられ、マイクもついたての向こうとこちらに1つずつ。これもコロナ対策の一環ということらしい。そんなわけで水族館の魚になったような気分でしゃべくった。

 放送は6月11日(木)午後8時から。13歳のデビュー作から、ニッケル・クリーク、パンチ・ブラザーズ、セッション・ワーク、そして最近のソロ作まで、ほぼまんべんなく取り上げたつもりだ。電波の届く地域の皆さんは、ぜひお聴きくださいませ。

« 2か月前のサム・ブッシュ特集 | トップページ | 麻田さんの配信ライブ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2か月前のサム・ブッシュ特集 | トップページ | 麻田さんの配信ライブ »