« 麻田さんの配信ライブ | トップページ | 嘉平治と熊吉 »

2020年6月18日 (木)

意外に使える? ハードディスク変換アダプタ

 小人閑居して不善をなす。オシャカになったまま放ってあった古いPCのデータをそろそろなんとかしなくてはと思い立ち、ハードディスクを取りはずしてみたのはいいが、なにぶん古い方式のIDEのディスクなので、現行のSATAのマシンにはつながらない。

Fideco1

 なるべく金をかけないでデータを吸い上げる方法は?と探していて見つけたのが、「SATA/IDEドライブ変換アダプタ」というシロモノだった。物は試しで、FIDECOというブランドの製品を取り寄せてみた。届いたのは、押すとペコペコへこむようなきゃしゃなパーツで、コンパクトなボディに、3.5インチIDE、2.5インチIDE、ASATAの3種類のハードディスクのインタフェースと、USBポート、IDEの電源供給用ポート、電源ケーブルなどがびっしりと設けられている。どうやら中国製のようだ。

Fideco2

 一見おもちゃのような作りだけれど、実際にUSBケーブルでPCと接続し、ハードディスクを直接つなげて、電源を入れてみると、ちゃんと作動した。PCは普通に外付けのハードディスクとして認識している。3.5インチIDEとSATAのディスクをつなげてみたところ、どちらも問題なく使えた。耐久性はなんとも言えないけれど、値段分はもう充分元を取った気がする。

« 麻田さんの配信ライブ | トップページ | 嘉平治と熊吉 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 麻田さんの配信ライブ | トップページ | 嘉平治と熊吉 »