« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月23日 (日)

アーチトップ・ギターの事情

 もうずいぶん前のことになるのだけれど、ジャズ・ギターを弾けるようになれたらいいなと思って、ちょこっと練習してみたことがある。このときは根性が足りなくて挫折した^^;

  ところが性懲りもなく……と言うべきか、ここへきてふたたびジャズ・ギターへの興味が湧き始めている。事の起こりは、先月25日のトーク&ライブだった。竹内信次さんのマンドリンに合わせて、ドーグ・ミュージックの伴奏をすることになり、自宅でシコシコとギターの練習をしていたら、これがやけに面白くて。これまでドーグではマンドリンを弾くことが多かったため、実はギターを使うのは初めてで、ずいぶんと新鮮に感じたのだ。こんな感じでジャズ風に弾けたら楽しいかもしれない。

 目標はあくまでもリズム・ギターで、リード・ギターを弾くつもりは(とりあえず)ない。基本的には、昔のジャズ風の伴奏が弾ければいいなと。もしかしたらソングライティングの面でも新境地が開けるかもしれない。

 そこでまずは形からと、現在手元にあるジャズ向きと思われるギターを引っ張り出してきた。ギブソンのアーチトップ・ギターが3本。右から順に、1923年製のL-2、1935年製のL-10、1960年代のL-7(CES?)である。時代と共にアーチトップ・ギターがどのように進化していったかがよくわかる。

Archtop

 ジャズにはやはりアーチトップ・ギターがよく似合う。もちろんフラットトップ・ギターでも、ソリッドなエレクトリック・ギターでも弾けないことはないのだが、定石からは少しはずれてしまう。

 ではなぜアーチトップ・ギターがジャズの定番となったのか? これは意外と難しい問題かもしれない。アーチトップ・ギター特有の音色が、ジャズの4ビートのリズムを刻むのに適していたからか? エディ・ラング(ギブソンL-5)、フレディ・グリーン(ストロンバーグ・マスター400)、チャーリー・クリスチャン(ギブソンES-150)、ウェス・モンゴメリー(ギブソンL-5CES)といった大御所たちからの伝統が、今日まで続いているからか? はたまたギブソンをはじめとするアーチトップ・ギターのメーカーのマーケティングの賜物か?

 最初にアーチトップ・ギターを好んだのは、マンドリン・オーケストラの演奏者たちだったのではないかと思う(これは私見ではあるが、ギブソンの発展のきっかけは20世紀初頭のマンドリン・ブーム、マーティンの発展のきっかけは1910年代のウクレレ・ブームが大きかったと考えている)。アーチトップ・ギターには「ピック・ギター」という異名もある。この呼称は、そもそもアーチトップ・ギターがフラットピックで弾くことを前提にした楽器であったことを物語っている。もとよりギターは指で弾く楽器であったから、ピックを使った演奏は、歴史的には異端なものだったのだ。この奏法上の大きな変革は、おそらくさまざまな移民文化が交雑したアメリカの地で始まったのではないかと思う。

 ここで注目したいのが、マンドリン属の楽器と共にギターが活躍するマンドリン・オーケストラの編成である。ギブソンの古いカタログを見ると、ギブソンのマンドリン、マンドラ、マンドセロ、マンドベースと共にギブソンのアーチトップ・ギターを手にしたオーケストラの写真を多数確認できる。ギタリストがフラットピックを手にするに至った過程には、マンドリンからの影響もおおいにあったのではないか。また、アーチトップと言えばまずギブソンというイメージも、このあたりまでさかのぼれることがわかる。

 ともあれ、ピックを使用することで、ギターはリズム楽器としての性格を強め、より大きな音で鳴らせるようにもなった。それはその後の音楽スタイルの変化にマッチしたものでもあった。

 マンドリン・オーケストラで演奏されていたのは、クラシックのマンドリン曲よりも、マーチやラグタイムのような当時の流行音楽のほうが多かったとも言われる、こうした音楽からニューオリンズ・ジャズへという流れは、それほど不自然ではない。

 --というところで話はまとまらないままに、今日はここまで。

2020年2月15日 (土)

アコギブック50

 『アコースティック・ギター・ブック50』(シンコーミュージック)。全体にモアレのように見えるのは、地に敷いた材の木目の写真のようだ。最初にみたときはドキッとした^^;

Agb50

 私はD-28の小特集の「D-28が聴ける名盤」の部分を書かせていただいた。

 当初の依頼は、「D-28が聴ける名盤を8枚選んで1400字以内で紹介してほしい」というものだった。単純に8で割ると1枚175字か~。それもマクラもまとめもなしで……。けっこうキツキツだなと思ったら、さらに「日本人のプレイヤーにも言及してほしい」とも言われてしまった。ふ~む。

 そもそもの話として、日本人のギタリストでD-28とイメージがシンクロする人って、意外と少ない気がする。もちろんブルーグラス方面ならたくさんいらっしゃるのだけれど、編集部が求めているのはそういう人たちではなさそうだし。

 ……となると、パッと思いつくのは小室等さんのD-28S、加藤和彦さんのハンク・ウィリアムスが所有していたというヘリンボーン・マーティン、ミスチルの桜井和寿さんのレスター・フラット風ラージ・ピックガードのモデルあたり。でも、D-28の音が際立つ名盤という観点からすると、どれも少し違う気が。

 石川鷹彦さん、安田裕美さん、吉川忠英さんといったセッション・ギタリストのみなさんも、当然のようにD-28を使っていらっしゃるけれど、必ずしもメイン楽器とは言えないし。それに、このアルバムのこの曲で弾いている……というデータも少ない(実はそういうセッション・ギタリストを対象にした取材のアイデアも温めてはいるのだけれど、全然企画が通らなくて……)。

 結局、独断と偏見で英米盤から8枚選び、日本人はちらっと名前を挙げる程度でお茶を濁してしまった。その後、編集部のほうで2枚追加し、原稿も補足してくださったようだ。もし私が選んだら、加藤和彦さんのアルバムは和幸の『ひっぴいえんど』あたりにしたかな~?

2020年2月13日 (木)

行きかう年もまた旅人なり

 雨のち快晴。それもコートがいらないポカポカ陽気。浮かれた気分で飛鳥山公園まで散歩する。

Asuka1

 おや? 桜の木の幹になにやら告知がついている。なになに? 「間引き伐採のお知らせ」だって!? 専門家の診断の結果だとしたらしかたがないのかもしれないけれど、なんだか切ないな。

Asuka2

 こちらは「樹木更新のお知らせ」か。伐採して、新しい木を植えるということなのね……。

Asuka3

 この若い木は、移植用に育てられていたのかな?

Asuka4

 そんなこんなで、春に訪れたときには、この景色もずいぶん変わっていることだろう。変わらぬものなど、何ひとつないとはいえ。

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »