« バーガンディレッドな夢 | トップページ | 麻田浩トーク&ライブ »

2019年10月30日 (水)

螺鈿紫檀五弦琵琶

 ご先祖様から受け継いだせっかちな性格のおかげで、行列に並ぶのは苦手である。だから人手の多そうなイベントはなるべく避けるようにしている。昨日は朝から雨降りだったので、こんな天気なら来場者も少なかろうと、午後遅めに家を出て上野の国立博物館まで行ってきた。現在開催中の「正倉院の世界」展のために。珍しく事前の予想が的中して、まったく並ばずに入ることができた。しめしめ。

 見たかったのは、かの有名な螺鈿紫檀五弦琵琶である。無理やり自分のフィールドに近づけて書くと、貝やベッコウのインレイがびっしりと入ったローズウッド・バックの5弦琵琶--という感じかな。今回は8世紀に作られた本物と、レプリカ2本(1899年製と2019年製)の都合3本を見比べることができた。1899年製は材のセレクトなど、やや画竜点睛を欠くきらいがなきにしもあらず(エラソウニ^^;)なんて思わないでもなかったけれど、2019年製はなかなか気合の入ったできだったような気がする。それでもまったく同じ木目というわけにはいかないのだけれどね。

 出来立てのほやほやの2019年製は、製作の過程をまとめたビデオも上映されていて、これがたいへん面白かった。螺鈿に使った貝は夜光貝だったんだな。私も白蝶貝を切り出してバンジョーのインレイを修復したことがあったりするので、何をやっているかはだいたい見当がついた。驚かされたのは、ベッコウ(玳瑁)の透明な部位に裏から彩色をする手法のほうだ。てっきりメノウのような色のついた玉石を使っているのかとばかり思っていたので。

 1899年製のレプリカは、もう1本、螺鈿紫檀阮咸(げんかん)も展示されていた。阮咸は、月琴によく似た撥弦楽器で、変形の琵琶と考えてもいいかもしれない。こちらのバック側には、やはり貝細工の細かいインレイで、オウムの姿が描かれていた。

 最後にちょっとした疑問。螺鈿紫檀五弦琵琶のトップには虫食いの痕のような三日月形の小さなサウンドホールが開けられている。あれだけめったやたらにインレイを入れまくったにも関わらず、なぜサウンドホールの周りには何も装飾を入れなかったんだろう?

« バーガンディレッドな夢 | トップページ | 麻田浩トーク&ライブ »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バーガンディレッドな夢 | トップページ | 麻田浩トーク&ライブ »