« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月30日 (水)

螺鈿紫檀五弦琵琶

 ご先祖様から受け継いだせっかちな性格のおかげで、行列に並ぶのは苦手である。だから人手の多そうなイベントはなるべく避けるようにしている。昨日は朝から雨降りだったので、こんな天気なら来場者も少なかろうと、午後遅めに家を出て上野の国立博物館まで行ってきた。現在開催中の「正倉院の世界」展のために。珍しく事前の予想が的中して、まったく並ばずに入ることができた。しめしめ。

 見たかったのは、かの有名な螺鈿紫檀五弦琵琶である。無理やり自分のフィールドに近づけて書くと、貝やベッコウのインレイがびっしりと入ったローズウッド・バックの5弦琵琶--という感じかな。今回は8世紀に作られた本物と、レプリカ2本(1899年製と2019年製)の都合3本を見比べることができた。1899年製は材のセレクトなど、やや画竜点睛を欠くきらいがなきにしもあらず(エラソウニ^^;)なんて思わないでもなかったけれど、2019年製はなかなか気合の入ったできだったような気がする。それでもまったく同じ木目というわけにはいかないのだけれどね。

 出来立てのほやほやの2019年製は、製作の過程をまとめたビデオも上映されていて、これがたいへん面白かった。螺鈿に使った貝は夜光貝だったんだな。私も白蝶貝を切り出してバンジョーのインレイを修復したことがあったりするので、何をやっているかはだいたい見当がついた。驚かされたのは、ベッコウ(玳瑁)の透明な部位に裏から彩色をする手法のほうだ。てっきりメノウのような色のついた玉石を使っているのかとばかり思っていたので。

 1899年製のレプリカは、もう1本、螺鈿紫檀阮咸(げんかん)も展示されていた。阮咸は、月琴によく似た撥弦楽器で、変形の琵琶と考えてもいいかもしれない。こちらのバック側には、やはり貝細工の細かいインレイで、オウムの姿が描かれていた。

 最後にちょっとした疑問。螺鈿紫檀五弦琵琶のトップには虫食いの痕のような三日月形の小さなサウンドホールが開けられている。あれだけめったやたらにインレイを入れまくったにも関わらず、なぜサウンドホールの周りには何も装飾を入れなかったんだろう?

2019年10月27日 (日)

バーガンディレッドな夢

 日曜の朝から日本橋まで出かける用事があったため、今日はなんとなく調子が悪い^^; --というところで、26日の朝に見た夢。

 ワインの品評会に参加する。会場は大学祭のような雰囲気で、食べ物を売る模擬店が並び、テーブルでは小学生くらいの子供たちがわいわいと食事をしている。そんな女の子たちを誰かが紹介してくれた。「これがビー。これが〇〇。これがカンパン」。カンパンと言われた子は不満げで、白目をむいている。おやおや。

 肝心のワインの試飲のコーナーは1か所しかなかった。お兄さんがグラスになみなみとついでくれる。くすんだ赤紫色のワインだ。「一気に飲んでください」そう言われてとまどいつつも、ングングと飲みほす。ワインはほろ苦く、ほんのり甘い。「おいしいワインだ」とほめるとお兄さんはよろこんでいた。

2019年10月26日 (土)

タヌキとモード

  土曜日の朝。朝食を食べながら、NHKーEテレの「ムジカピッコリーノ」の再放送をぼーっと見る。

 ドレミファソラ……とCのメジャースケールの順に音が並んだ木琴(シはなかったかな?)が出てきて、ここからドとミの音板を外し、ドとミの音が出ないクラリネット状態にして演奏をする(ゲンコツ山のたぬきさん……それとも、あんたがたどこさ……だったか?)。

 つまりレファソラの4音なのだが、主音はソだった。あ、ちょっと面白い! Gメジャーのスケールならファ#になるところが半音下がっている。

 次にラの音板も外してレファソの3音で演奏する(お絵かき歌)。

 さらにレも外してファソの2音(どれにしようかな……)。最後にファも外してソだけ(曲名……というか歌詞忘れた^^;)。

 どれも日本の伝統的な遊び歌で、主音はすべてソである。いちばん最後の例を除けば、すべて短七度のファの音が入っている。音がずいぶん抜けているので、あてはまるスケールは1つとは限らない。Gのナチュラルマイナー・スケールと解釈するのがいちばん素直なのだろうが、モード的な解釈をしたほうが面白いんじゃないかという気がした。たとえばドリアンみたいな。こういう伝統曲って、なんとなく普通の短調と雰囲気が異なっているような気がするんだよな……。

2019年10月24日 (木)

金魚めいわく

 巣鴨の地蔵通りの縁日は、毎月4日、14日、24日の3回、いわゆる「4のつく日」に開かれる。お好み焼きや、たこ焼き、ソース焼きそば、あんず飴、おもちゃや骨とう品など、たくさんの屋台が並ぶのが楽しい。小さい頃はよく父親に連れて行ってもらったものだ。

 夏になるとやってくる金魚すくいの店で、父さんはよく金魚を買った。十匹単位くらいでまとめて買っては、庭の池に放していた。我が家はもともと料亭だったものを買い取ったとかで、こじんまりとした庭があり、灯篭やつくばい、藤棚に竹林、石の橋や岩風呂まであったのだが、その名残りの池をさらに広げて、そこで金魚を飼おうとしたわけだ。

 ところが買ってきた金魚は何日も経たないうちにみんな死んでしまう。そこで、父さんはまた金魚すくいで金魚を買う。そんなことを何度も繰り返したのを覚えている。あの頃は、金魚は家ではなかなか育たないものと思いこんでいたのだが、大きくなってから、金魚すくいの金魚は紙を張ったすくい網(ポイ)で身体を傷つけられ、逃げ回ることで体力も消耗し、ほとんどのものは長く生きられないのだということを知った。

 そういえば、金魚すくいじゃない普通の店舗の金魚屋も家の近くにはあったのに。もっと早くに知っていれば、そっちで買おうと意見できたかもしれない。金魚すくいは見ている分には楽しいけれど(私はどんくさかったので自分ではほとんどやらなかった)、金魚にとってはめいわくな遊びだったのだろう。

2019年10月 5日 (土)

『聴かずに死ねるか!』ルーツ・ミュージック編?

 『聴かずに死ねるか!』の出版記念イベントは、北は北海道から、南は九州まで、全国各地でもう10回くらい開催されているはずだけれど、私がしゃしゃり出るのは今回が初めて。

 11月2日(土)板橋Dream's Cafe。私の準地元ということでお許しください(誰に謝っているんだ?)。

 まずは、お店のサイトに上げられていた告知から。

******************************

ドリカフェ10周年記念特別ライブ「麻田 浩トーク&ライブ」

麻田氏の著書「聴かずに死ねるかの」のトーク&ライブ。
そしてゲストには、この本の共著者奥 和宏氏が登場して、今まで語られることなかった視点で解説。
もちろん麻田&奥のライブもあります。

*出演 麻田 浩  奥 和宏(ゲスト)
*18時開場 *19時開演 *MC2,000円
 Dream's Cafe

******************************

 トークのほうは、とりあえず、私が聞き役に回って麻田浩さんにお話をうかがい、おりにふれて音源をかけるという、DJスタイルにするつもり。

 10回も同様のイベントを繰り返していると、だんだんと新鮮味が薄れてくるのは否めないところなのだけれど、せっかく私が関わるのだから、本の制作にまつわる苦労話や裏話、書かなかった(書けなかった)エピソードなど、これまで語られていなかったネタを一挙公開できればと考えている。

 また、これまでのイベントではあまりふれられてこなかったルーツ系のアーティストたち、ブルーグラス系のNGRやカントリー・ガゼット、ピーター・ローワン&レッド・ホット・ピッカーズなどはもちろん、フォークやジャグバンドのミュージシャンについてもクローズアップできればと思っている。できれば、アイルランドやスコットランド、イングランドのトラッド・ミュージシャンの話もしたい。たとえばアリ・ベインやジョン・カークパトリック、パディ・キーナン、フランキー・ギャビンらの来日に、麻田さんがどのように関わったのかとか……。

 そんなこんなで、とりわけルーツ。ミュージックのファンのみなさまのご来場をお待ちしております。あ、小さなお店なので、事前の予約が必要かと思います。なにとぞよろしく。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »