« 散歩のついでに古河庭園へ | トップページ | ノートンとの格闘 »

2019年9月23日 (月)

ハッピー・バースデイ、ガルシアさん

 8月1日の誕生日に合わせて放送されたFMラジオ「A・O・R」のジェリー・ガルシア特集。ルーツ・ミュージシャンとしての側面に注目しようということで、普段はかかりそうもない曲も多く、そこそこ面白かったのではないかと思う。

 まずは番組のサイトにアップされていたオンエアリストから。

  20:02 Diamond Joe / Jerry Garcia Acoustic Band
  20:08 Casey Jones / Jerry Garcia & David Grisman
  20:15 Stoney Creek / The Black Mountain Boys & JERRY GARCIA
  20:17 Pig In A Pen / Old & In The Way
  20:27 All Along The Watchtower / Bob Dylan & The Grateful Dead
  20:31 Bertha / Grateful Dead
  20:33 Dark Hollow / Grateful Dead
  20:38 Uncle John’s Band / Grateful Dead
  20:42 Ripple / Grateful Dead
  20:46 All I Ever Wanted / New Riders Of The Purple Sage

 いちばん古い音源は、ブラック・マウンテン・ボーイズの「Stoney Creek」。フツーのブルーグラス……というか、まだまだアマチュアっぽい演奏だ。こんな時代もあったんだねぇと思うと、ちょっぴりほのぼのしてくる。

 ブルーグラスはもう1曲、おなじみのオールド&イン・ザ・ウェイのライブから「Pig In A Pen」。このほか「Diamond Joe」「Casey Jones」「Dark Hollow」と、トラディショナルな曲を並べてみた。

 セッションワークは、ボブ・ディランとの共演と、ニュー・ライダース・オブ・ザ・パープル・セージ。

 楽器別で見ると、アコギが5曲、エレギが2曲、バンジョーが2曲、ペダル・スティールが1曲。まあこんなものかな? パダル・スティールがもう1曲くらいあってもよかったような気もするが。

 そんなこんなで、次回はまたも人物特集。バンジョーのアール・スクラッグスを取り上げる予定でおりまする。

« 散歩のついでに古河庭園へ | トップページ | ノートンとの格闘 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 散歩のついでに古河庭園へ | トップページ | ノートンとの格闘 »