« FMラジオでアール・スクラッグス特集 | トップページ | 『聴かずに死ねるか!』ルーツ・ミュージック編? »

2019年9月30日 (月)

ベルウッド・キャンプ珍道中

 9月28日(土)、29日(日)は、桜美林学園伊豆高原クラブで開催された『三浦光紀ベルウッド・キャンプ』に参加させてもらった。私も出演者のはしくれというか、三浦光紀さんをはじめとする関係者やファンの目の前で、ベルウッド関連の曲をいろいろ歌わされることになっていたので、正直、どうなることかと心配していたのだが、実際にはそちらの本番よりも、行きの道中のほうがよほど冷や冷やだった^^;

 まず新幹線に乗る段階で、早くもつまづくことになろうとは。事前に手続きしておけばsuicaやpasmoでそのまま新幹線に乗れるサービスがあるというので、前日に登録をすませ、余裕で乗車……のつもりだったのだが、これが何度トライしても自動改札にはねられる。駅員さんにたずねると、「急行券を買わないと入れないよ」とのこと。腑に落ちない気もしたが、素直に券売機で急行券を購入。ふたたびトライするも、やはりはねられる。さきほどの駅員さんにふたたび質問。今度は「乗車券も買わないと入れないよ」だって。う~む……。もう一度券売機に並んで乗車券を買おうとしたら、「その操作はできません」ときた。でぇぇぇぇぇ! しかたないので、駅員さんに三度めの質問。そうとうどんくさいヤツだと思われたらしく、「おまえはアホか!」と言わんばかりの対応をされる。ふ~。こうなったら窓口に並ぶしかないかなとも思ったが、ここまでの時点でだいぶ時間を使ってしまったため、乗るつもりだった便に間に合わない可能性が出てきた。結局あきらめて、乗車券と特急券を買いなおした(--; 冷静に判断すれば、もっといい解決策が見つかったのかもしれないが、こちらもかなりテンパっていたもので……。

 こうしてぎりぎりで間に合って、なんとか発車間際の新幹線に駆け込む。すでに車内は満員だったので、ドア付近で立ちんぼすることに。どうせ40分くらいだからたいしたことないだろうと思っていたら、途中駅の品川や新横浜で緑色のユニフォームを着た一団がどんどん乗り込んでくるではないか。そういえば今日は静岡で、ラグビー・ワールドカップの日本代表とアイルランド代表の試合があるのだった。こんなにぎゅーぎゅー詰めになるとは、これまた予想外。

 ギターがかさばってすみませんと頭を下げながら、なんとか熱海で下車。伊東線に乗り換える。さすがにこのあとは何もないだろうと思いきや、今度は線路火災が発生したとかで、発車時刻になってもまったく動き出さない……。結局40分近く待たされることになった。う~ん。私をイベントに参加させまいとする天の意志かなにかが働いてるんじゃあるまいな^^;

 なんとか30数分遅れで伊豆高原駅に着くと、迎えの車が待っていた。主催者の白澤秀樹さんが手配してくださっていたのだ。ありがたや。おかげで、以後は順調に目的地までたどり着くことができた。

 肝心の本番は、ここまでの苦労に比べたら天国だったかも。最初に小川真一さんのDJトークがあり、私のライブ(!)があり、温泉タイム、夕食タイムをはさんで、主役の三浦光紀さんによるベルウッド談義があった。

Izu2019_1

 特筆すべきは、レーザーターンテーブルを使ったアナログ・レコードの再生システムで、当時のサウンドがみずみずしくよみがえってくる。これには一同感激。それにひきかえ、私の歌はマイクロフォンなしの完全生音で、とくにボーカルはかなり苦しかった^^; それでも小川真一さんのサポートもあって、なんとか1時間歌いきれたのはめでたし(写真の撮影は白澤秀樹さん。感謝)。

Izu2019_3

 夕食タイムは、ちょうどラグビーのアイルランド戦の終盤の時間帯だったため、食堂のテレビの前にみんな集まって、日本の歴史的勝利を見守ることに。ある意味、これがいちばんのハイライトだったかも。いちばん興奮していたのが、ラグビー関係者でもある三浦さんだったことは間違いないだろう。そのあとは、当然ラグビー談議に花が咲いた。

 そんなわけで、行きの道中はさんざんだったけれど、終わりよければすべてよし。興味深い話もたくさん聞けたし、ほっこりとした盛り上がりもあったし、予想をはるかに上回る楽しいイベントだったと思う。

« FMラジオでアール・スクラッグス特集 | トップページ | 『聴かずに死ねるか!』ルーツ・ミュージック編? »

コメント

当日のセットリスト

  キングサーモンのいる島(六文銭)
  サーカスにはピエロが(ディランⅡ/西岡恭蔵)
  暗闇坂むささび変化(はっぴいえんど)
  終りの季節(細野晴臣)
  ミスター・ボージャングル(中川五郎)
  家へ帰ろう(南正人)
  ラブ・ソング(加川良)
  風景(中塚正人)
  まちは裸ですわりこんでいる(友部正人)
  生活の柄(高田渡)
  夜は静か 通り静か(はちみつぱい)
  あしたはきっと(いとうたかお)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FMラジオでアール・スクラッグス特集 | トップページ | 『聴かずに死ねるか!』ルーツ・ミュージック編? »