« 伊東に行くならベルウッド? | トップページ | イベントいろいろ »

2019年8月30日 (金)

宣伝ではなく言い訳です^^;

 「歌がウマイとかヘタとか関係ないから」と三浦光紀さんはおっしゃる。いや、確実にヘタなんですけどね……。

 9月28、29日の二日間、静岡県伊東市にある桜美林学園伊豆高原クラブで、「三浦光紀ベルウッド・キャンプ」なるイベントが開催されるという。そのイベントでベルウッド関連の曲を歌ってほしい、という依頼が来た。--ということは、三浦光紀さんをはじめとするベルウッドの関係者や、熱心なベルウッド・ファンの前で! こともあろうにこの私が!

 ちょっと待ってくださいよ……。そんなおそろしい話、普通なら丁重にお断わりするところだけれど、これが三浦さん直々のご依頼だったため(なぜだ!?)、これまでいろいろお世話になってきた義理もあり、無下には断わりづらい。そこで「私なんかでよろしいんでしょうか?」と、やんわりと再考をうながしたところ、上記のような言葉が返ってきたわけだ。

 三浦さんいわく、オリジナル・シンガーを呼ぶことも考えたが、当事者の前で批評めいたことは話しにくい。そこでしがらみのない私が候補に上がったのだという。なるほど。そう考えると、専業の歌手じゃないほうが、かえって気楽に歌えるような気もしてきた。それにトークの間の幕間狂言みたいなものなんだよな、きっと?

 お話をうかがっているうちに、ちょっとしたアイデアがひらめいたこともあり、結局お引き受けすることに(おいおい)。とはいえ、一人では心もとないから、サポート・ミュージシャンもほしい。私が敬愛する音楽評論家&ミュージシャンの小川真一さんもゲストでいらっしゃると聞いていたので、小川さんも引きずり込むことにした^^;

 最初はダメモトで「小川さんに手伝っていただけたら……」みたいなことをぶつぶつ言っていたら、こちらの思いがご本人にも伝わったようで、快く引き受けていただけるそうな。ありがたや。言ってみるもんだね~。小川さんはワイゼンボーン(スライド・ギター)で参加してくださるという。これはちょっと楽しみになってきた。

 とりあえず個人練習をしなければ。普段はほとんど自作曲しか演奏していないのだけれど、『ベルウッドの軌跡』の出版記念ライブのときに取り上げた曲と、あとはそれこそ10代の頃に歌っていたレパートリーを引っ張り出してきて……。

 ちなみに、前述した「ひらめいたちょっとしたアイデア」というのは、シングアウト中心のライブにしようかなというものだ。おなじみの名曲をみなさんといっしょに歌えば、こちらの歌がヘタでも、それなりに盛り上がりそうな気がする。さて、このアイデアが功を奏すかどうか?

« 伊東に行くならベルウッド? | トップページ | イベントいろいろ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊東に行くならベルウッド? | トップページ | イベントいろいろ »