« ほぼ完成! | トップページ | 伊東に行くならベルウッド? »

2019年8月 9日 (金)

『聴かずに死ねるか!』パンク/ニュー・ウェーブ編

 8月8日(木)午後7時半より、新宿duesで『聴かずに死ねるか!』(リットーミュージック)のトーク・イベント。今回はパンク/ニュー・ウェーブ編ということで、進行役はパール兄弟のサエキけんぞうさん。いつもの名調子で、主役の麻田浩さんにぐいぐいとつっこんだ。

 覚えている範囲でいくつかトークの内容を挙げておくと、麻田さんにビートルズ体験がないのは驚きだという話。エルビス・コステロが浅草で学生服を買い、これを着て銀座のプロモーション・ゲリラ・ライブに臨んだという話。コステロのライブでオープニング・アクトを務めた鮎川誠さんが、コステロ本人と間違われ、会場が一瞬盛り上がったが、シーナさんが歌い出したとたんに、みんな引いてしまったという話。ストラングラーズの後楽園のステージで、ゼルダとフリクションがオープニング・アクトを務めた事実はないという話(すみません!)。トーキング・ヘッズの客層はそれまでと少し違っていて、アート・スクールの学生みたいな人が多かったという話。XTCの京大西部講堂のステージは、アーント・サリー、Pモデルが先に演奏し、トリはXTCではなくてリザードだったという話……などなど。

 いつもの麻田さんのトークライブと違い、事前のリサーチが行き届いていて(おそらくサエキさんと主催者の山本さんの尽力によるものだろう)、耳寄りな情報も多かった。ここだけの話、私はトムズのパンク系のコンサートには全然行ったことがないのだが^^;とても興味深く聴くことができた。

Dues

 終演後の撮影会。左からサエキけんぞうさん、麻田浩さん、レジデンツのコスプレをしているのが主催の山本英さん。

 

 

 

« ほぼ完成! | トップページ | 伊東に行くならベルウッド? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほぼ完成! | トップページ | 伊東に行くならベルウッド? »