« もう1つのルーツに迫ったアルバム | トップページ | 手練の包丁さばきとはいかず…… »

2019年8月 3日 (土)

不思議なコンビネーションのジョイント・ライブ

 この人たちが同じ空間に存在しているという事実そのものが、まず夢のようだ。悪夢か吉夢かは、とりあえず置いておくとして。

 石川浩司とロケット・マツのイシマツ。そして宮原芽映、丹波博幸、窪田晴男のshiro。8月2日(土)、中目黒のFJ'sでこの破天荒な組み合わせのジョイント・ライブが実現した。始まる前から何かが起こりそうな予感が……。

 最初に登場したイシマツは、パスカルズのピックアップ・メンバーと言ってもいいのだが、石川浩司さんの場合は元たまと紹介したほうが通りがいいかもしれない。私の大好きなミュージシャン--というかパフォーマー?--とは言いつつも、まさか宮原さんたちといっしょのステージに立つ日が来ようとは思っていなかった(あとでうかがったらお店主導のブッキングだったそうで、ご当人同士はこれまでまったく交流はなかったそうな)。

 石川さんは、ステージの中央にうず高く組み上げられたドラムセットの周りをのたくりながら、桶や太鼓やシンバルを叩きまくる。何でも出てくるパーカッショニストの魔法の袋(コールマンのバッグだった)には、音の出るオモチャのたぐいがいっぱい詰まっていて、これをかわるがわる引っぱり出しては、不思議な音をかなでた。

 フロントマンの上に、動きは派手だし、音はデカいしで、石川さんが一人で目立っていたように思われるかもしれないが、実態はむしろ逆。この幼児的な暴力性を伴ったようなアバンギャルドなサウンドが、けっして前面に出てこようとはしないロケット・マツさんのリリカルなピアノを、絶妙に引き立たせるのだった。なんかしらんけど、すごい!

 そう感じたのは私だけではなかったようで、後半のステージのMCで窪田晴男さんもほぼ同様の感想を口にされていた。なんと「リリカルなピアノ」というキーワードまでぴったりと。こうしてみると、私の感性も捨てたものではないかもしれない^^;

 後半のステージはshiro。宮原芽映さんは、元祖アイドル(?)ロック・シンガーで、作詞家で、シンガー・ソングライターで、イラストレーターで……という才女。窪田晴男さんは、ご存知パール兄弟のギタリスト、丹波博幸さんはトップ・クラスのセッション・ギタリスト。三者三様のバックグラウンドを持ちつつも、抜群のコンビネーションを見せる。

 イシマツの毒気(ほめてます!)にあてられてどうなることかと思いきや、ご当人たちはいたってマイペース。私も2曲めの「人魚姫はなぜ人間になりたかったか」あたりでペースを取り戻せた感じで、早くもウルウルときた。まあ、MCの窪田さんという最終兵器もあることだから……。

 バランス的には丹波さんのギターの音がやや大きかったような気もしたけれど(途中までモニターの音が出ていなかったらしい)、それもまたよしということで。アコースティック・ギターのアンサンブルも、コーラスワークも、いつものようにすばらしかった。

 アンコールはイシマツのお二人も加えた全員でのセッション。曲は無国籍な昭和歌謡「カスバの女」。……これはさすがにはずしたんじゃないのかな?^^; でも、イシマツとshiroで共通するレパートリーを見つけるのが至難の業だろうというのはわかる。事程左様に、異業種交流会のようなジョイント・ライブだったと言えよう。

« もう1つのルーツに迫ったアルバム | トップページ | 手練の包丁さばきとはいかず…… »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もう1つのルーツに迫ったアルバム | トップページ | 手練の包丁さばきとはいかず…… »