« ルーツ系ミュージシャンとしてのジェリー・ガルシア | トップページ | もう1つのルーツに迫ったアルバム »

2019年7月27日 (土)

小室さんのソロ・ライブ

 六文銭のリユニオン、プロテストソングへの回帰と、近年になってますますパワーアップしている観さえある小室等さん。準地元の板橋・仲宿商店街のドリームズ・カフェで、その小室さんのソロ・ライブがあると聞いて、出かけてみた。

 ドリームズ・カフェといえば、麻田浩さんとの共著『聴かずに死ねるか!』(リットーミュージック)の端緒となった場所と言ってもいい。この店に麻田さんのトークライブを聴きに行かなければ、私がこの本に関わることもなかったろうし、さらに言えば麻田さんの本がいまだに世に出ていなかった可能性だってある。運命のはからいに感謝しないと。

 7月26日(土)午後7時半開演。ソールドアウトの会場はびっしりとお客さんで埋まっている。愛用の夢弦堂のギターを抱えた小室さんは、一曲ごとにていねいに曲の紹介をしてから歌い出す。ずいぶん幅が広く厚めに見えるサムピックを使って力強くリズムを刻み、ときにはサムピックをはずして柔らかなフィンガーピッキングを聴かせる。ギターの音がたいへん素晴らしいこと、そして表情が豊かなことに感心した。流行のコンタクトピックアップなどいっさい使わず、マイクロフォンを通した生音に徹していたのも小室さんのこだわりなのだろう。暖かなボーカルも、さらに円熟味を増してきたように感じた。

 ステージの後半は谷川俊太郎さんと共作した『プロテストソング2』の曲を中心に。アンコールは木枯し紋次郎の主題歌「誰かが風の中で」。自然にお客さんも歌い出し、最後は会場全体の大合唱となった。

 ところで、この日も予期せぬ新たな出会いがあった。なんと噂のアコースティック・デュオ、やぎたこのお二人が会場にいらしたのだ。驚いたことに、お二人とも私のことをご存知だという。おかげでいろいろお話をさせていただけた。もしかしたら、これをきっかけにまた新しい何かが生まれるかもしれない。……というところで、やぎたこのお二人の話はまた日をあらためて。

 

« ルーツ系ミュージシャンとしてのジェリー・ガルシア | トップページ | もう1つのルーツに迫ったアルバム »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ルーツ系ミュージシャンとしてのジェリー・ガルシア | トップページ | もう1つのルーツに迫ったアルバム »