« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月29日 (月)

流浪の民の音楽?

久々に疲れた……。

 4月28日(日)午後1時から、東京・白山の東洋大学で、研究成果報告会。会の正式名称は、「ディアスポラの記憶と想起の媒体に関する研究会」というそうだ。この名称を聞いただけでは、何のことやらさっぱりわからない^^; もちろん私はまったくの部外者だし、そもそもアカデミックな研究者ですらない。本来なら参加できるはずもないのだが、研究会のメンバーの黒田晴之先生(ご本人には「先生と言わないで」とお願いされたけれど、ほかに何と言っていいのかわからないので、とりあえずそのままで)からお誘いを受けたのだった。

 私の役割は、先生たちの研究発表のあとでコメントを加えることだという。そんな偉そうな……。でも、よくわからないなりに面白そうな匂いがする。好奇心は猫をも殺す--というわけで、後先考えずに出席させてもらうことにした。

 この時点では一般公開されるシンポジウムのようなものを想像していたのだが、あにはからんや。実際に参加してみたら、少数のメンバーによる非公開のミーティングのようだった。さらに場違い感が増してきたような……。

 非公開ということでどこまで書いていいものかよくわからないのだが、さしさわりのないと思われる範囲で簡単にふれておくと、メインの研究報告は2題。1つは黒田先生の「Old TimeからOld Time Ethnicへ あるクレズマー・アーキヴィストを例に考える」。もうひとつは、滝口幸子先生の「オーストリアのロマに見られる想起の媒体についての検討」。

 黒田先生のおっしゃる「あるクレズマー・アーキヴィスト」とは、具体的にはヘンリー・サポズニクさんのことだ。アメリカ人に同化することを熱望してオールドタイム・ミュージックを演奏する道を選び、その後自らのルーツであるクレズマーへとたどり着いた人--という視点で、論旨が展開されていく。オールドタイムの事情なら私もある程度わかるので、フォーク・リバイバルの世代の若者たちにオールドタイムの手ほどきをしたトミー・ジャレルさんの話や、ピート&マイク・シーガーさんの話などをさせてもらった。

 オーストリアのロマのほうは、ほとんど知識がないため、ただ興味深く話をうかがうばかり。できればニューヨークなど、アメリカのロマの音楽の状況についてうかがえればとも思っていたのだが、こちらはあまり収穫はなかった。1つ印象的だったのは、死んだ人の好きだった歌は歌ってはいけないという風習を持つロマたちがいるという話。ある種の宗教的な禁忌なのだろうか? こんなタブーがあったら、連綿と歌い継がれる名曲なんて、存在し得ないじゃないか。これにはちょっと驚いた。

 お話をうかがっていて私なりにわかったのは、「ディアスポラ」とはユダヤ人に限らず、帰属する国を持たないマイノリティの総称らしいこと。その人たちの記憶の媒体として音楽に着目する研究も行なわれているということだった。なんにせよ、たっぷり6時間の討論で、終りの方はかなりヘロヘロだった。慣れないことはするもんじゃないね……。

2019年4月26日 (金)

20世紀初頭のケンタッキーを描く

 NHK BSプレミアムの映画枠。ジョン・フォード監督の『太陽は光り輝く THE SUN SHINES BRIGHT』(1953年 アメリカ)。

 南北戦争から40年ほど経過した20世紀初頭のケンタッキー。いまだに戦争のしこりが残る町の老判事(元南軍のビューグル吹き)が主人公ということで、基本的に南軍サイドの視点で描かれていた。当然のように南軍旗もぼんぼん出てくる。

 面白かったのは、バンジョーばかり弾いていて働かない^^;という罪状(?)で裁判所に連れてこられた黒人少年を裁くシーン。「弾いてみせろ」とうながされた少年が「Marching Through Georgia」を弾き出すと、とたんに不機嫌になる老判事。事情を察した関係者が曲を無理やり「Dixie」に変えさせると、やっと機嫌を直す。

 ライ・クーダーが音楽を担当した『LONG RIDERS』にも似たようなシチュエーションがあったっけな。あちらのほうは、もっと緊迫した場面だったけれど。

 「Dixie」の作者のダン・エメットは、南部の人ではなかったのだが、ミンストレル・ショーのために書かれたこの曲を南部の人たちは自らのものとし、南北戦争当時も愛唱したという。

 もっとも音楽自体は期待外れで、上記のシーンのアテレコ(あからさまに役者の動きと異なる)は、テナー・バンジョーをピック弾きしているような音だった。楽器はオープン・バックの5弦のように見えたのに。

 その後のダンス・パーティのシーンにもバンジョー楽団が登場したが、こちらは本格的なテナー・バンジョー(一応オープンバック)のフラット・ピッキング。ふ~む。時代的にも、地域的にもビミョー。随所に聴かれる黒人たちの洗練された唱法も気になった……。

 音楽を担当したのは、大御所のビクター・ヤング。オールドタイミーとまではいかなくても、もうちょっとルーラルなサウンドでまとめてほしかったような。あ、でも、ハーモニカはわりと効果的に使われていたかも。

2019年4月21日 (日)

フィドルの新しい肩当て

 しばらく前にフィドルの肩当てをなくした。これで二度めである^^;

 なければないでなんとかなるような気もしてそのままにしてあったのだが(そもそも肩当てが考案されたのは20世紀に入ってから。顎当てですら1820年頃まではなかったという)、やはりこの歳で演奏スタイルを変えるのもめんどうだ。買い直すとしたら、これまで使っていたスタンダードなKUNがいいかな? それともほかにいいものが? --と思案していたら、バイオリン製作家の菅沼利夫さんに「Everestというのがあるよ」と勧めていただいた。

 調べてみるとなかなかよさげである。値段も手ごろなので、EZ-4AというモデルをAmazonでポチっとやってみた。

Dsc09216

 送料無料で2,376円。パッケージには「カリフォルニア、USA」と書いてある。

Dsc09225

 プラスチックの本体 にスポンジのついた構造で、かなりがっちりした作りだ。むしろKUNよりも高級感があるようにさえ見える。KUNのように長さをアジャストする機構はないけれど、おかげでセットする位置が動かせないため(決まった場所以外には付けられない)、どのようにセットするか悩まなくていい。実際に取り付けて弾いてみたら、なるほどベスト・ポジションだった。以前はもっと斜めに取り付けていたのだが、はっきり言ってこちらのほうが弾きやすい^^;

Dsc09241

 フィドルに接する部分もプラスチック製で、バックの板をがっちりとホールドする形になっている。ゴムで可塑性のあったKUNに比べると、演奏中に外れる心配は少なそうだ。そのぶん楽器の塗装を傷つけないかどうかちょっと気になるところだが、まあ、もともとボロい中古楽器だから、そんなに気にすることもないだろう。そんなこんなで、わりといい買い物だったんじゃないかな?

2019年4月15日 (月)

ジャグフェス2019

 18回めを迎えた横浜ジャグバンドフェスティバル。昨日は午後から時間が空いたので、出かけてみた。

Ragpapa1

 JR横浜駅西口を降りると、高島屋の前の会場はすでに盛り上がっていた。やっぱりジャグフェスはいい。おなじみのバンドが、おなじみのネタで楽しませてくれて、妙にほっとする。

Jug Steelpan

ジャグバンドフェスティバルというわりに、毎年ジャグ奏者はそんなに多くなかったりもするのだが^^; そんな中でがんばっていたハビロンズ。スティールパンをフィーチャーしているのも面白い。

Baron1

 個人的に大ファンなバロンさん。タップダンスにマウス・トランペットに帽子のジャグリングにと、今年もエンターテイナーの面目躍如。もちろん歌も演奏も素晴らしい。カルロス・ゴーン氏を扱った新ネタもよかったな。

Littlefats1

 こちらも常連のリトル・ファッツ&スウィンギン・ホット・ショット・パーティ。ジャズのスタンダード・ナンバーを中心に。

Harumati

 毎度のネタでお客さんを巻き込み、ノリまくった春待ちファミリーバンド。面白いんだけど、一気に体力を消耗した……^^;

Moony1

 フィナーレはムーニー&フレンズ。大人数のジャムでお疲れ様でした!

Niko

 ジャグフェスに二胡。驚くほどぴったりとハマっていたんだな、これが。

2019年4月 8日 (月)

私はアフリカ人だったのか?

 朝起きると雨が降っていた。桜の花もそろそろ終りかな? 今年のように2週続けて週末が花見頃だったというのは、ほとんど記憶にない。途中に気温の低い日が挟まったせいだろうか? なんとなくめでたい気分。

 朝食を食べながらNHK-BSの海外のニュースを見ていたら、迷彩服を着た兵士が出てきた。そしてこの映像がきっかけになって、日曜の朝に見た夢のことを思い出した。実は昨日起きたときに、夢を見た覚えはあるのに、はてそれが何であったか思い出せない--というすっきりしない気分を味わっていたのだ。失われた夢はそれっきりだろうと思っていたのに、これがひょっこり戻ってきた。--というわけで、以下はその夢の話。

 大きな駅のプラットフォーム。列車に乗ろうとしたら、ドアのところにいた駅員にパスポートの提示を求められる。パスポートを渡すと「名前が違っている」と言われた。名前が違っていたら乗せてはもらえない。困っていると大使館の職員がやってきてとりなしてくれる。迷彩服のような絵柄のカラフルなシャツを着た小柄な黒人女性だ。年の頃は30代半ばくらいだろうか。目鼻立ちのくっきりした顔に、くせ毛の黒髪。いっしょうけんめい説明してくれるけれど、駅員は納得しない。これは長くなりそうだ……。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »