« マグロの修理 | トップページ | 『聴かずに死ねるか!』蛇足的な注釈 »

2019年2月19日 (火)

制作ノート番外編(麻田浩は伝説になったか?)

 『聴かずに死ねるか!』(リットーミュージック)の発刊から1ヵ月。これまで一部の方にしか知られていなかった麻田浩さんのすごさが、少しずつではあるけれど一般の音楽ファンにも認知されつつあるような手ごたえを感じている。

 制作に関わった一人として、とてもうれしく感じているのはもちろんだけれど、その一方でちょっとだけ気がかりなこともある。麻田さんの功績をたたえるネットの文章などに、「伝説のプロモーター」という枕詞のようなものがくっついている例を散見するようになったのだ。

 なんか違うんだよな、「伝説」っていうのはさ。妙に大げさな感じだし、それに麻田さんを伝説のカテゴリーに押し込めるのは、まだ早すぎるような気がする。いったい誰がこんなこと言い出したんだよ?

 ……なんて書くのもしらじらしくて、原因はたぶんアレだ。本の帯にも付いている宣伝文句「トム・ウェイツを招聘した伝説のプロモーターが明かす栄光と挫折の舞台裏!」。つまるところ、自分がすべての元凶だったってことだ^^;

 言い訳に聞こえるかもしれないけれど、私自身はこのキャッチ・コピーは書いていない。自分は関わらずにいちゃもんだけつけるのは、考えた方に申し訳ないとは思うのだが、それでも座り心地が悪いというか、おしりがこそばゆい気持ちはいかんともしがたい。

 「伝説」以上に気になるのが、「栄光と苦悩の舞台裏!」のくだりだ。「栄光」も「苦悩」も麻田さんのキャラクターにはそぐわない印象なのだよね。そりゃ人間だから、喜怒哀楽いろいろな感情が生まれるのは当然なのだろうけれど、傍目に見た麻田さんは、どんなときでも飄々としているようなイメージだから。まあ、面と向かって「苦悩したことないでしょ?」なんて言ったりしたら、さすがにムッとされるだろうとは思うけれど。

 「トム・ウェイツを招聘した」も、ビミョーと言えばビミョーなのだけれど、ここまで突っ込むとほとんど元の文章が残らなくなってしまうので、まあいいとして。

 ……なんてネチネチ書いているうちに、正直言って誰得?という気分になってきた。だって「伝説のプロモーター」と呼ばれても、きっと麻田さんは全然気にしないだろうから^^;(そういう細かいことにこだわらない人らしいというのは前にも書いた)。間接的ではあるにせよ、自分が原因でビミョーな言説が広まるのは阻止したいと気張ってみたものの、私以外のほとんどの方は、こんな些末な話、いちいち気にかけないわな~。

« マグロの修理 | トップページ | 『聴かずに死ねるか!』蛇足的な注釈 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 制作ノート番外編(麻田浩は伝説になったか?):

« マグロの修理 | トップページ | 『聴かずに死ねるか!』蛇足的な注釈 »