« 『聴かずに死ねるか!』制作ノート(2) | トップページ | ラジオの日 »

2019年1月17日 (木)

エンケン大博覧会!

 東京・原宿にあるファッション・ブランド、ビームスのアンテナ・ショップ。その3階のトーキョーカルチャートで開催中のエンケン大博覧会に行ってきた。遠藤賢司さんのデビュー50周年を記念したイベントだとかで、愛用のギターやアンプ類はもちろん、ステージ衣装、レコード、ポスター、その他の私物まで、ありとあらゆるエンケン・グッズが展示されていた。

 写真を撮ってもかまわないかお聴きしたところ、「どうぞご自由に」ということだったので(なんとまあ、心の広い!)、そのときに撮影した画像を貼り付けておく。

Enken1

 おなじみのギターたち。マーティンはD-35のほかに、D-18と00-21。グレッチはホワイト・ファルコンが1本、ロック・ジェットが2本。ヤマハFG(-180?)が4本。アコギの多くには、すさまじいピック・スクラッチの痕が生々しく残っている。

Enken2 Enken3

 アンプ類は、わりと新しめなオレンジと、年季の入ったフェンダー・スーパー・リバーブ&バイブロラックス・リバーブ。そしてステージで背中に担いでいたローランドのキューブ。

Enken4

 ハーモニカ、ピック、カポなどをまとめた小物入れ。なんかカッケー! キンカンも入れてたのね。

Enken5

 ステージ衣装もたくさん並べられていた。フリンジのついたカウボーイ風のジャケットも、パッチワークだらけのジーンズも、なんか見覚えある……。

 エンケン大博覧会は、1月23日までの開催だそうな。入場無料でもあるし、お時間の許す方は一度覗いてみられてはいかがだろうか?

  https://www.beams.co.jp/news/1298/

« 『聴かずに死ねるか!』制作ノート(2) | トップページ | ラジオの日 »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンケン大博覧会!:

« 『聴かずに死ねるか!』制作ノート(2) | トップページ | ラジオの日 »