« メンテの後始末 | トップページ | フォークジャンボリーの真実 »

2018年11月22日 (木)

物言えば唇寒し

 もう昨日の話になってしまうが、石神井川沿いの遊歩道を歩いていたときのこと。年配のカップルを追い抜いたときに、お二人の会話が耳に入ってきてしまった。

 やけに声の大きなおばさんのほうが、「ここの景色は良くない」だの「北区っていいとこないでしょ」だのと、ディスりまくっている。私は北区の住人ではないけれど、あまりいい気分はしなかったな。なにもよその地域に来てそこの悪口を言わなくてもね。誰が聞いているかわからないのに。

 そういえば昔、取材で名古屋どまりの新幹線に乗ったときに、同行した出版社の人が、名古屋をネタにしたジョークをずーっとしゃべっていたことがあった。おやおやとは思ったものの、結局注意はできなかったっけ……。

 昨日のおじさんは、やんわりととりなすような意見を述べていらっしゃったから、あのときの私よりよほどご立派。もっとも、そのおかげでおばさんがよけいヒートアップしていたフシもあったけれど……。

« メンテの後始末 | トップページ | フォークジャンボリーの真実 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物言えば唇寒し:

« メンテの後始末 | トップページ | フォークジャンボリーの真実 »