« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月26日 (月)

フォークジャンボリーの真実

 25日(日)午後1時半より、新宿ロックカフェ・ロフトでトーク・イベント。「月刊牧村 冬期ゼミ#1<第3回全日本フォークジャンボリーの真実~現場からの報告>」を聴く。

 事前に地図を確認したときには、以前に新宿ロフトがあったあたりかと思ったのだが、実際に行ってみたら全然違っていて、しばらく迷った。とほほ。

 71年の第3回中津川フォークジャンボリーと言えば、暴徒化した一団によってステージが占拠された騒動で知られる。この事件の顛末に関しては、怪しげな俗説もかなり流布しているようだ。これではいかんというわけで、実際にスタッフとしてこのイベントに関わっていた牧村憲一さんと上條俊一郎さんに、あらためて47年前の真相を語っていただくことになった。フォークジャンボリーについては、個人的にもいろいろ調べてはいるので、興味津々で臨んだのだった。

 お二人のお話はおおむね私の理解していたとおりの展開で、ほっと胸をなでおろしたけれど(なにしろ本にも書いちゃってるからね)、岡林信康さんのバックを務めた柳田ヒロ・グループの話(71年のバックははっぴいえんどではなかったのだ)や、三上寛さんの出演に至る経緯の話など、初耳の情報も多く勉強になった。

 当時のチラシやチケット、井出情児さんのご好意による会場の写真など、貴重な資料も目の当たりにできてありがたや。いちばん驚いたのは、ノンリバースのファイヤーバードを弾く岡林信康さんのステージ写真だった。この写真は初めて見た! おそらく、はっぴいえんどの鈴木茂さんのギターを借りたものだろう。もしそうだとすれば、どういういきさつでそうなったものか、たいへん気になる。

Folkjambo1 Folkjambo2

 そんなこんなで、今日はこのLPを引っぱりだしてきた。帯をはずすのがめんどくさかったので、付けたまま載せてしまおう

 キングの2枚組実況盤はマストアイテムとして、斉藤哲夫、加川良、三上寛の3人にしぼったURCのアルバムもなかなかなのだよね。この3人の偏りも興味深くて、A面は斉藤哲夫さんと加川良さん、B面は全曲三上寛さんとなっている(表のジャケ写は加川良さんなのに……)。この時点でURCが、いかに三上さんに肩入れしていたかが、うかがい知れるというものだ。

 イベント終了後、講師の上條さんとお話しする機会に恵まれたので、「『風街ろまん』のクレジットにある『GG』というのは上條さんのことですか?」とずうずうしくもお尋ねする。ご本人の口から「そのとおり」とお返事をいただいて、これだけで来たかいがあったというものだ。牧村さんにも無事ご挨拶できたし、善哉善哉。

2018年11月22日 (木)

物言えば唇寒し

 もう昨日の話になってしまうが、石神井川沿いの遊歩道を歩いていたときのこと。年配のカップルを追い抜いたときに、お二人の会話が耳に入ってきてしまった。

 やけに声の大きなおばさんのほうが、「ここの景色は良くない」だの「北区っていいとこないでしょ」だのと、ディスりまくっている。私は北区の住人ではないけれど、あまりいい気分はしなかったな。なにもよその地域に来てそこの悪口を言わなくてもね。誰が聞いているかわからないのに。

 そういえば昔、取材で名古屋どまりの新幹線に乗ったときに、同行した出版社の人が、名古屋をネタにしたジョークをずーっとしゃべっていたことがあった。おやおやとは思ったものの、結局注意はできなかったっけ……。

 昨日のおじさんは、やんわりととりなすような意見を述べていらっしゃったから、あのときの私よりよほどご立派。もっとも、そのおかげでおばさんがよけいヒートアップしていたフシもあったけれど……。

2018年11月10日 (土)

メンテの後始末

 屋上のメンテナンス工事の後始末がまだ続いている。工事でモッコウバラの枝が折れて通路をふさいでいるのを、なんとかしなければいけない

 雨が続いたこともあり、なかなか手を付けられないでいたけれど、今日は久々のいい天気。気温も高めだったので、一気に片付けることにした。

Aftermente2018a

 写真だとわかりにくいけれど、モッコウバラの枝がグニャリと折れ曲がって地面まで垂れている。

Aftermente2018b

 もうちょっと接近するとこんな感じ。四方八方に枝が伸びて、通せんぼをしている状態だ。思いきってノコギリでバッサリやることに。

Aftermente2018c

 切った枝の片付けまで含めると、作業時間は2時間ちょい。これでなんとか通れるようになった。ふ~。

2018年11月 8日 (木)

ダンジョンの壁のように

 神保町の歯科病院で、半年ぶりの歯科検診。全体がリニューアルして、レイアウトもシステムも新しくなっていたため、ちょっとまごついた^^;

 先生からは「磨き方が悪い」とダメ出し。 前回は褒められたのにな~……。おまけに、クリーニング中に口の中も切れちゃうし、今日はさんざんだったかも。

 なにはともあれ、楽器屋さんに寄って帰る。昼間は暖かかったから薄着で出かけたけれど、帰りには陽が落ちて寒かった。とほほ。

 そういえば、うちの隣の中学校に続いて、近くの大学でも建て替え工事が始まっていて、帰り道はこんな異様な景色に……。

Constructionwall

 2つの壁が両サイドにド~ンとそびえて、RPGのダンジョンみたいな圧迫感。どちらの学校も、打ち合わせたかのように同じ壁なのがポイント高い。納品したメーカーが同じなのかしらね?

 というわけで次回の検診は、来年の3月7日(木)午後3時から。工事はまだ終わってないと思う……。

2018年11月 6日 (火)

北区中央公園

 屋上のメンテナンス工事が終わり、やっかいな原稿整理もなんとか片付いて、やっと一息ついた今日この頃。昨日は散歩のついでに、王子にある北区中央公園まで足を延ばしてみた。

 この公園は、戦前は陸軍の施設があり、その後米軍に接収されて野戦病院となり、いまは返還されて現在の姿になったという、なかなかにスリリングな歴史を持つ。裏手にはいまでも自衛隊の駐屯地があり、よくヘリコプターが飛んでいる。それでも、樹木が生い茂り、野球場やテニスコート、サイクリングコースまである、都区内では貴重な空間と言えるだろう。

Koen1

 公園の正面に配置された中央公園文化センター。戦前からある建物だそうだが、最近リニューアルされてきれいになった。

Koen2

 建物の裏はそこそこ広いスペースの公園。わりと雑然とした印象だが、ここだけは比較的整備された広場になっている。

Koen3

 腐葉土を作っている一画。枯れ葉と木のチップが、おそろしいほど大量に積まれている。こうした場所は普通なら来園者が近づけないように隠しておきそうなものだが、ここでは堂々と真ん中に鎮座しているのが面白い。エコ……なのかな?

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »