« トークライブ「ブルースの前と後」 | トップページ | 選曲終了! »

2018年9月30日 (日)

風呂場に缶詰

 明け方に見たしょーもない夢。

 家の周りの路地を散策している。いつもとは違うコースをたどろうとしていたら、道に迷ってしまった。あわてて引き返す。見覚えのある角を曲がると、なじみの風景が見えた。ほっとしたら、どっと疲れが出た。そういえばこの先に事務所として使っている部屋がある。そこで少し休もう。

 マンションの階段を上がって、部屋に入る。せっかくだからお風呂を湧かして入ろう。中から鍵を閉めて湯船につかる。すごくいい気持。でも何かおかしいなと思ったら、服を着たままではないか。あわてて服を脱ぐ。白衣のようなコートは濡れてしまったが、たいしたことはなさそうだ。あらためてまた湯船につかる。

 しばらくすると部屋の中に誰か入ってきた気配がする。三人組の家族だ。お父さんらしいおじさんが、「お前、なんでうちの風呂に入ってるんだ?」とドア越しに問いただしてくる。あ、いけね! この部屋はもう自分のものではなかった。いまはこの家族の持ち物になっているんだ。わあ、どうしよう。「お前、うちの鍵持ってるんだな! 台所に忍び込んで食べ物をあさってたのもお前だろ?」お父さんはかなり怒っているようだ。いえいえ、そんなことはしてません……。

« トークライブ「ブルースの前と後」 | トップページ | 選曲終了! »

夢日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風呂場に缶詰:

« トークライブ「ブルースの前と後」 | トップページ | 選曲終了! »