« ギターは弾けなくても…… | トップページ | 狐の嫁入り »

2018年8月30日 (木)

トラブルからの生還

 昨日の午後のこと。テレーッとPCを動かしていたら、いきなりシステムがダウンした。理由はさっぱりわからない。

 うんともすんとも言わなくなったので、強制的に電源を落として再起動。自動的にディスクチェックが始まって、そのままWindowsが立ち上がる……はずだったのだが、見慣れぬDOS画面が表示されてしまった。予期せぬ結果に動揺したものか、ここで操作を誤ったらしい。

 紆余曲折あって、なんとかWindowsが立ち上がるところまではいったものの、やけに動作が遅い。しかもデスクトップは表示されるものの、それから先に進めなくなった。かろうじてエクスプローラー(Windowsのファイル管理ソフト)だけは、10分ほどかかってやっと立ち上がったものの、フォルダの中のファイルを見ることができない。もしかして、デスクトップのデータくらいしか認識していないのかな?

 あせっていろいろ試してはみたのだが、いっこうに事態が改善しない。……となると、こんなときのために作成しておいたリカバリー・ディスクの出番か? 実際にリカバリー・ディスクからブートさせるところまでいったのだが、ここでハタと思いとどまった。

 リカバリー・ディスクを使うとハードディスクは出荷時の状態に戻ってしまうはずだ。大きな声では言えないけれど、まだバックアップをとっていないユーザー・ファイルがけっこうある。歌詞の断片とか、発表の予定のない未完の原稿とか……。最近撮った写真もそうだ。これが全部なくなってしまうのは忍びない。

 ここは少し時間を空けて頭を冷やそう。そこでさっさと寝ることにした。この判断がよかったようで、朝起きたらもう一度ディスクの修復にトライしてみる気になれた。最初に出てきたDOSの画面に戻って、最初からやり直してみよう。実はこの最初の状態に戻るまでがたいへんだったのだが、どうにかこうにかたどり着き、Quick Strage Device Testなるプログラムを実行できた。

 こうして何度めかのディスクチェックを実行すると、「ストレージの問題が見つかった。データのバックアップをとってからリカバリー・プログラムを実行するように」というような英語のメッセージが表示された。いや、バックアップもなにも、ファイルが全然見えない状態なんだから。

 ……しょうがない。覚悟を決めてリカバリー・プログラムを起動すると……出るわ出るわ。ほとんどのセクターでエラーメッセージが表示される。この段階で、ユーザー・ファイルの復元はほぼあきらめた。リカバリーディスクを準備しておこう。

 セクターの修復には1時間半ほどかかった。やっと終わったかと思ったら、案の定「修復したセクターのファイルは失われる」とのメッセージが。わかっとるわい! ところがそのあとに、「リカバリーをするか?」とも書いてある。え? もしかしてデータの修復もできるってこと? 一縷の望みがあるのなら、やらないわけがないじゃろ。こちらの作業は1、2分であっさり終わった。

 おそるおそる再起動してみると、いい感じにサクサクとWindowsが表示される。エクスプローラーで確認すると、ファイルも元に戻っているようだ。ふ~。とるものもとりあえず、バックアップをとった。

 確認した限りでは、元の環境がそのまま問題なく復元されているようだ。ありがたや。そんなわけで、いま元に戻ったブラウザ上でこの日記を書いている。

 ところでハードディスクの修復の待ち時間には、ギターの練習をしていた。画面を見ているほかにやることがなかったのでね。そうしたらギター・インストのアイデアが浮かんだので、タブ譜の形でメモ(ギターが弾けない人、すみません)。久々のブルーグラスの曲になりそうだ。

Score

 結局Aメロだけしか浮かばなかった。あとで適当に発展させるつもり。タイトルは「ディスク・クラッシュ」だと縁起が悪いので^^; 「リカバリー」あるいは「起死回生」くらいにしておこうか。

« ギターは弾けなくても…… | トップページ | 狐の嫁入り »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラブルからの生還:

« ギターは弾けなくても…… | トップページ | 狐の嫁入り »