« テープ起こしの秘策はあるか? | トップページ | カセットテープ時代2018 »

2018年6月21日 (木)

ダニー・クーチ・ファミリーのスペシャル・ライブ

 6月20日(水)午後7時から、Zepp東京で、ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリーをフィーチャーしたコンサート。なんでもヴィヴィッド・サウンド45周年を記念した「スーパー・ライブ WEST COAST SOUND SUMMIT Vol.1」だとかで、ダニー・クーチのバンドに加えて、豪華ゲストが多数出演した。

 前半のステージは、ゲスト中心のセッションだった。ホスト・バンドを務めたのは、佐橋佳幸(ギター)、Dr.kyOn(キーボード)、小原礼(ベース)、屋敷豪太(ドラムス)の4人。まずこのメンバーでインストを1曲演奏し、そのあとはゲストのシンガーを招いてのセッションとなる。途中からリーランド・スクラー(ベース)、ラス・カンケル(ドラムス)も加わったけれど、ダニー・クーチは最後までなかなか登場せず^^;

 ゲスト・シンガーは出演順に、小坂忠、五輪真弓、中村まり、奥田民生。

 小坂忠さんはキーボードの松任谷正隆さんを連れて登場した。フォージョーハーフの1/2(ハーフ)と紹介されていたけれど、厳密に言えば1/4だったような気がしないでも……。ともあれフォージョーハーフ時代の「ありがとう」にはやられた。佐橋さんのスティール・ギターも聴けたし。

 忠さんの後を引き継いだ五輪真弓さんは、「少女」「You've Got a Friend」という、これまた懐かしい選曲。おまけに歌の説得力が並たいていではない。

 中村まりさんは、自身のパフォーマンス以外にも、小坂忠さんと五輪真弓さんの歌にコーラスをつけるなど、大活躍だった。私のイベントのゲストに来ていただいたりもしているので、ついつい応援に力が入ってしまう^^; 司会の萩原健太さんには、「日本のルーツ・ミュージック界の宝」みたいなことも言われていたし……。

 最後に登場したのが奥田民生さん。ここで、ワディ・ワクテル、ダニー・クーチ、スティーブ・ポステルも登場。さすがの貫禄のパフォーマンスで盛り上げる。

 休憩をはさんでの後半は、ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリーのステージ。こちらはほとんどセクションと言っていいようなメンバーだ。ジャクソン・ブラウンの「Somebody's Baby」、ウォーレン・ジボンの「Werewolves Of London」などもはさみつつ、思った以上にホットな演奏を聴かせてくれた。個人的にはワディ・ワクテルのギターと、リーランド・スクラーのベースがよかったかな。それと、ワクテルさんの髪型が70年代と代わっていないのはすごいと思う^^b

 終演はほぼ10時かっきり。帰るころには晴れたらいいな思っていたが、けっこう降られた……。東京テレポートからりんかい線で帰宅。乗り換えずにすむのはありがたい。

« テープ起こしの秘策はあるか? | トップページ | カセットテープ時代2018 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダニー・クーチ・ファミリーのスペシャル・ライブ:

« テープ起こしの秘策はあるか? | トップページ | カセットテープ時代2018 »