« 阿吽のコンビネーション | トップページ | ハンドクラフトギターフェス2018 »

2018年5月18日 (金)

マディ・ウオーターズってどれくらい知られているんだろう?

 ここしばらく、私にしては珍しく忙しくしている。同時に4つくらいの作業を並行して進めているため、マルチタスクに対応していない脳みそが悲鳴を上げている状態だ。できればOSをバージョンアップしたいところなのだが……。

 そんなあわただしい状況の中、本日は麻布十番のスタジオで久々のFMラジオの収録があった。今回のお題はシカゴ・ブルースの御大、マディ・ウォーターズ。ジャンル別の特集がほぼ一段落して、これからしばらくは個人の特集でいくのだという。それはそれでたいへんそうだな^^;

 マディ・ウォーターズに限らず、ブルースの曲はどれも似ているような気がしないでもないのだけれど(コード進行がパターン化しているからね)、それなりにバリエーションを持たせつつ、時代と共にどうマディ・ウォーターズのサウンドが変化していったかをまとめたつもり。

 放送は5月24日(木)午後8時からのはずなので、電波の届く地域の皆様におかれましては、よろしゅうお頼み申します。

 それともう1つ。やった本人もすっかり忘れていた、3月15日(木)放送のフォーク・ソング特集のご報告もしておかなければ。

 まず、オンエア・リストは以下のとおり。

  20:02 The Times They Are A-Changin’ / Bob Dylan
  20:07 The Sound Of Silence / Simon & Garfunkel
  20:10 Good Night, Irene / Lead Belly
  20:15 Tom Dooley / The Kingston Trio
  20:18 Little Birdie / Pete Seeger
  20:22 This Land Is Your Land / Woody Guthrie
  20:25 This Little Light Of Mine / Bob Gibson
  20:29 This World Is Not My Home / Cousin Emmy
  20:31 Lemon Tree / Peter, Paul And Mary
  20:34 House Of The Rising Sun / Joan Baez
  20:39 Will The Circle Be Unbroken / Ramblin’ Jack Elliott
  20:41 Farmer’s Almanac / Happy And Artie Traum
  20:42 Mr. Bojangles / Jerry Jeff Walker
  20:46 Come To My Bedside, My Darlin’ / Eric Andersen

 今回は思い切って、よく知られている曲を中心に選んでみたつもりだが、みなさまの評価はいかに? 私自身はというと、聴き返してみたら意外と新鮮な気分で楽しむことができた。

 若干補足をしておくと、サイモン&ガーファンクルの「The Sound Of Silence」は、リズム・セクションをオーバー・ダビングしていないオリジナル・バージョン。ランブリン・ジャック・エリオットのバックでハーモニカを吹いているのはボブ・ディランだ。

 --というところで、このあとは26日(土)のイベントの準備もしなくては……。

« 阿吽のコンビネーション | トップページ | ハンドクラフトギターフェス2018 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マディ・ウオーターズってどれくらい知られているんだろう?:

« 阿吽のコンビネーション | トップページ | ハンドクラフトギターフェス2018 »