« アメリカンなフィドル特集 | トップページ | かかとの教訓 »

2018年2月 2日 (金)

雪の降る夜はテックスメックス(?)

 昨日は夕方から雪の予報が出ていてビビっていたけれど、出かけている間は小雨ですんだので助かった。家に帰りつくなりみぞれに変わったのは、ちょっとできすぎだったかも。

 そんなこんなで、昨晩は麻布十番のスタジオでFMラジオ「A・O・R」の収録。今回のお題はテックスメックスだった。

 テックスメックスは専門じゃない……というより、周りに私より詳しい方がたくさんいらっしゃるため、いままで敬して遠ざけてきたのだが、いよいよネタが尽きてきたもので、腹をくくって取り上げることにしたと^^;

 コンフントの話をメインに、ナルシソ・マルチネスやドン・サンチャゴ・ヒメネスがスタイルを確立したこと、バレリオ・ロンゴリアが大きな変革を加えたこと、近年はアコーディオンの代わりにシンセサイザーをフィーチャーするバンドも出てきたことなど、歴史的な経緯をうだうだと……。どんな曲がかかるかは聴いてのお楽しみとはいえ、フラコ・ヒメネスやスティーブ・ジョーダンはおそらくかかると思う。

 放送は2月8日(木)午後8時から。電波の届く地域の皆様はどうぞよろしくお願いします。

« アメリカンなフィドル特集 | トップページ | かかとの教訓 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の降る夜はテックスメックス(?):

« アメリカンなフィドル特集 | トップページ | かかとの教訓 »