« アコギマガジン75 | トップページ | 雪の降る夜はテックスメックス(?) »

2018年1月31日 (水)

アメリカンなフィドル特集

 1月11日(木)に放送されたFMラジオ「A・O・R」のフィドル特集。音源を送っていただけたので、その感想なぞを。

 まず当日のオンエア・リストは、以下のとおり。

  20:02 My Old Man / Jim Kweskin Jug Band
  20:09 Undecided / Stuff Smith
  20:12 G Forces / Stuart Duncan
  20:17 Willie On The Washboard / Queen Ida & Her Zydeco Band
  20:22 Big Mon / Bill Monroe & His Bluegrass Boys
  20:25 Brownies Stomp / Milton Brown & His Musical Brownies
  20:29 Rolling Pin / BeauSoleil
  20:33 Sally Johnson / Mark O’connor
  20:39 Jerusalem Ridge / Kenny Baker
  20:42 Kissimmee Kid / Old & In The Way
  20:46 Voodoo Chile / Darol Anger

 オープニングはジム・クエスキン・ジャグ・バンド(フィドラーはリチャード・グリーン)、2曲めもジャズ・バイオリン……と、やや肩透かし気味(?)にスタートしたけれど、全般的にはやはりブルーグラス中心の選曲。それでもザディコ、ケイジャン、ウェスタン・スイング、ジャグバンド、ジャズ・バイオリンなども混ざって、それなりにバラエティに富んだラインアップになったのではないかと。ほんとは黒人系のストリングバンドも入れたかったけれど、時間の都合で断念せざるを得なかった。

 時間の都合といえば、当初の選曲リストから漏れたのが、ブルース・モルスキー&ボブ・カーリンと、バイロン・バーライン。前者はオールドタイムのフィドル&バンジョーの例ということで、できれば残してもらいたかったところだったが……。結果として、オールドタイムは1曲も入らなかったことになるな^^; まあ、ダロル・アンガーの「Voodoo Chile」(ジミヘンの曲ですね)は、ブルース・モルスキーとのデュオだから、それで許していただけたらありがたい^^;;;

 若干補足をしておくと、マーク・オコーナーの「Sally Johnson」は、師匠のベニー・トマソンらとのテキサス・フィドルのセッション。ブルーグラス・ボーイズ「Big Mon」のフィドルは、ボビー・ヒックス。オールド&イン・ザ・ウェイ「Kissimmee Kid」のフィドラーは、もちろんバッサー・クレメンツだ。

 --というところで、明日は夕方からテックスメックス特集の収録予定が入っている。雪にならないといいけどな……。

« アコギマガジン75 | トップページ | 雪の降る夜はテックスメックス(?) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカンなフィドル特集:

« アコギマガジン75 | トップページ | 雪の降る夜はテックスメックス(?) »