« アイリッシュ・ミュージックに飢えていた頃 | トップページ | ブルーグラスの現在・過去・未来 »

2017年12月 8日 (金)

ペダル・スティールの夜

 とくに力仕事をしたわけでもないのに、いきなりの腰痛。ピークは水曜日で、木曜日には少しおさまってきた。これなら大丈夫だろうと、当初の予定どおり武蔵小山のライブ・カフェAgainへ。ウェスタン・スイング系のバンド、スインギング・ドアーズのライブを見た。

 カントリーやジャズのスタンダード・ナンバーを中心に3ステージ。正直、カントリーやウェスタン・スイングは守備範囲から微妙に外れているのだが、なかなかのパフォーマンスだったと思う。Againのマスター、石川茂樹さんのイチオシは、ペダル・スティール・ギターの村中靖愛さん。なるほど、流麗なスライドさばきがキマっている。

 実は、Againで始めた連続イベント「楽器は語る Talk About Roots Music」のゲストに「村中さんはどうか?」と、以前から推薦をいただいていて、そのご挨拶も兼ねて見学させていただくことになったのだ。

 3月にはドブロ・ギターを取り上げようかと画策しているので、ペダル・スティール編をやるとしたら、4月か5月くらいだろうか。すべりものを続けるのも悪くないかもしれない。問題があるとしたら、私がペダル・スティールを弾けないというところ(知らない楽器だとつっこみが甘くなりかねない)だけれど、そこはなんとかがんばって……。

追記

 そういえばお店に入ったときに、前回のイベントのゲストにお招きした中村まりさんのCDがかかっていたのだった。聞けば、イベントのときに購入し、それから毎日かけているのだとか。気にいっていただけたようでなにより。前にも似たような経験をしたことがあるけれど、そういう話を聞くとなんかほっかりした気分になるんだよな。

 そうだ! これからは人と人をつなぐ人になろう。そしてあわよくば、自分も引っぱってもらおう。

« アイリッシュ・ミュージックに飢えていた頃 | トップページ | ブルーグラスの現在・過去・未来 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペダル・スティールの夜:

« アイリッシュ・ミュージックに飢えていた頃 | トップページ | ブルーグラスの現在・過去・未来 »