« インタビュアー事始 | トップページ | ウェストコーストにこだわったカントリー・ロック特集 »

2017年11月17日 (金)

運慶展雑感

 上野の東京国立博物館で開催中の運慶展に行ってきた。入場まで50分待ち。中もわりと混んでいた^^;

 展示を見ての感想は、……とりあえずおなかいっぱい。彩色の状態や木目の様子もしっかり目に焼き付けたし、普段は見られない背中側もチェックできた。円成寺の大日如来坐像はやはり素敵だったし、興福寺の四天王像はすごい迫力だったし……。

 でも個人的にいちばん惹かれたのは、運慶以降の作品とされる浄瑠璃寺伝来の十二神将立像かな。こんな表情豊かな仏像は初めて見たような。たとえば、目をすがめて矢がまっすぐかどうか確認している亥神の顔つきなんか、ほんとにリアルで。

 また、康弁作とされる天燈鬼、龍燈鬼はあまりにも有名だけど、これも間近で見るとすごくいい表情してる。なんだかんだで、ありがたい如来や菩薩のお姿よりも、こうした異形の像のほうに心を奪われるというのは、いかがなものか……。

« インタビュアー事始 | トップページ | ウェストコーストにこだわったカントリー・ロック特集 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

運慶展を観た方にWEB小説「北円堂の秘密」をお薦めします。
グーグルやスマホでヒットし、小一時間で読めます。
その1からラストまで無料です。
少し難解ですが歴史ミステリーとして面白いです。
北円堂は無著世親像の収蔵されている古都奈良・興福寺の八角円堂です。
読めば歴史探偵の気分を味わえます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運慶展雑感:

« インタビュアー事始 | トップページ | ウェストコーストにこだわったカントリー・ロック特集 »