« 土曜日のイベントとラジオのサザンロック・特集 | トップページ | FMラジオでカントリー・ロック特集 »

2017年10月29日 (日)

楽器は語る・フィンガーピッキング・ギター編

 2週続けての台風接近ということでずいぶん心配していたけれど、幸い土曜日のイベント当日には雨もたいしたことなくてやれやれ。おかげさまで、今回も満員盛況だった。ゲストの中村まりさんが惜しげもなくテクニックを披露してくださって、内容的にもかなり盛り上がったのではないかと。

Withnakamuramari

 「楽器は語る Talk About Roots Music」Vol.2 フィンガーピッキング・ギター編。武蔵小山Againで、10月28日(土)午後3時半に開演。

 前半はゲスト紹介も兼ねての楽器談義と奏法解説、そしてミニ・ライブ。シンガー・ソングライターでフィンガーピッキング・ギターの名手でもある中村まりさんにいろいろつっこませていただいて(逆につっこまれもしたけれど^^;)、なかなかに面白いお話が引き出せたような気がする。

 クラシック・ギターからスタートして、高校生のときにアメリカ留学をしたのをきっかけにステール弦のギターを知ったこと。ドック・ワトソンのファースト・アルバムやミシシッピー・ジョン・ハートのトリビュート盤『AVALON BLUES』(Vanguard 2001)を聴いて、アメリカン・ルーツ・ミュージックに興味を持ったこと。ステファン・グロスマンの教則ビデオから学んだこと。ロン・セクスミス、ポール・マッカートニー、レオン・レッドボーンなどからも影響を受けたこと……など興味深い話をたくさんうかがえた。

 奏法解説では、ボブ・ディランの「Don't Think Twice, It's All Right」、エリザベス・コットンの「Freight Train」、ミシシッピー・ジョン・ハートの「Make Me Pallet On Your Floor」、ビートルズの「Mother Nature's Son」などのフレーズを実際に弾きながら、わかりやすく説明してくださる。ミーハー・ファンの私としては、それを特等席で見られてハッピー。これだけでもお呼びしたかいがあったというものだ。

 ミニ・ライブは中村さんのソロが3曲。それから私もマンドリンでオジャマ虫して、「Fishin' Blues」を2人で。ヘンリー・トーマスの演奏を参考にしたと思われる、ロンサム・ストリングス&中村まりのバージョンを事前に個人練習してきたつもりだったのだけれど、本番ではちょっと間違えちゃったよ^^; まあ、デュオのパートは、イベントの演出上の余興だから、なんでもOK……。

 休憩をはさんでの後半は私のDJタイム。中村さんとのやりとりもいろいろあって、こちらも個人的には楽しくできた。参考までに、プレイした曲のリストを以下にまとめておく。

  Leo Kottke  Bouree
  Robert Johnson  Kindhearted Woman Blues
  Turner Foddrell  Slow Drag
  Mississippi John Hurt  Make Me A Pallet On Your Floor
  Merle Travis  Cannonball Rag
  Chet Atkins  Nobody's Sweetheart
  Reverend Gary Davis  Cincinnati Flow Rag
  David Bromberg  I Like To Sleep Late In The Morning
  James Taylor  You Can Close Your Eyes
  Bruce Cockburn  Happy Good Morning Blues
  Michael Hedges  Aerial Boundaries
  Petteri Sariola  Wake Me Up Before You Go-Go

 レオ・コッケの「Bouree」は、アメリカン・スタイルではないクラシック・ギターの対位法的なアレンジの例。以下、デルタ・ブルース、ピードモント・ブルース、カントリー、ラグタイム、シンガー・ソングライター、ニュー・エイジ……と駆け足で紹介した(ラグタイムのブラインド・ブレイクは、前半で中村まりさんがかけてくださったので省略)。2フィンガー、3フィンガーを中心に、最後はタッピングまで。

 時間の都合で70年代以降をかなりはしょってしまったので、その点がやや物足りなかったかも。そのあたりはヨーロッパの流れも絡めて、いつかまたの機会があったらと思ってはいる。ともあれ、お忙しい中、快く出演を引き受けてくださった中村まりさんにはいくら感謝しても足りない。ほんとうにありがとうございました。

 あ、そういえば、今回も2ショット写真を撮らせてもらうのを忘れちゃったな! 当日の写真を撮った方がいらっしゃたら、ぜひください。たはは。

 次回以降のスケジュールはまだ決まっていないけれど、来年にまた続く予定なので、どうぞご期待あれ。なんて言いつつ、今日は半分ぼ~っとした頭でカントリー・ロックの選曲をしておるのじゃが……。

« 土曜日のイベントとラジオのサザンロック・特集 | トップページ | FMラジオでカントリー・ロック特集 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽器は語る・フィンガーピッキング・ギター編:

« 土曜日のイベントとラジオのサザンロック・特集 | トップページ | FMラジオでカントリー・ロック特集 »