« ギターの弦交換&ストリング・ラグのその後 | トップページ | ダブル・ブッキング! »

2017年9月17日 (日)

楽器は語る・5弦バンジョー編

 「アメリカン・ルーツ・ミュージックのイベントを連続してやらないか?」--Againのマスター、石川茂樹さんからそんな打診があったのは、たしか去年の暮れのライブのあとだった。バンジョー、フィドル、マンドリン……など、さまざまな楽器を取り上げて、音源を流しつつ歴史や奏法を紹介するようなイベントにしたいという。

 どうせなら、各楽器のエキスパートをお招きして、実際に演奏してもらうのはどうだろう? インタビュアーとしてのキャリアを活して、ゲストのエキスパートにいろいろつっこみを入れたりするのも面白そうだ。そんな思いつきから生まれた企画ではあったが、昨日なんとか形になった。

 「楽器は語る Talk About Roots Music Vol.1」。原さとしさんをゲストにお迎えしての5弦バンジョー編。心配していた集客も、ぎっしり満席状態になったので、これでもう思い残すことはない(?)。

Again2017092

 前半のステージは、ゲスト紹介も兼ねた楽器談義とミニ・ライブ。「最初に買ったバンジョーのレコードは?」と話をふると、「弾いてみましょうか?」とラリー・マクニーリーやドン・レノの曲を披露してくれる。いいぞ! まるで事前の打ち合わせがあったかのようなナイスな展開だ。ドン・レノがきたら次はビル・キースでしょ--とメロディック・スタイルも弾いてもらう。さらには、原さんの音楽の原点である富山の祭り囃子「いやさか」も。実はこれもぜひ聴かせてもらいたかったものの1つだった。

 そんなこんなで前半は、MCの長いライブのような構成になった。最初から意図した結果ではないけれど、とりあえずは結果オーライ。たぶん面白く聴いてもらえたのではないかと思う。

 ラストナンバーは、トイメンシャオの「花火」。私もずうずうしくギターで参加させてもらう。当日ちょこちょこと打ち合わせしたのみのぶっつけ本番だったわりには、そこそこうまくいったかな?

 後半は音源を流しつつのDJトーク。記録のために、プレイした曲目のリストを以下に貼り付けておく。

  Sana Ndiaye Children
  Jimmie Strothers Cripple Creek
  The Early Minstrel Show Miss Lucy Long
  Bruce Molsky Callahan
  Adam Hurt Rebel Raid / Temperance Reel
  Fred Van Eps Lost Arrow
  Charlie Poole Bill Mason
  Flatt & Scruggs Flint Hill Special
  Don Reno Bye Bye Blues
  Bill Monroe Sailor's Hornpipe
  Bela Fleck Backwoods Galaxy
  Otis Taylor Absinthe

 1曲めはセネガルのミュージシャンによる、バンジョーの原型と目される弦楽器の1つ、アコンティングの演奏。2曲めから5曲めは、クロウハンマー・スタイルの演奏。6曲め以降はブルーグラス風のスリーフィンガー・バンジョーの発展の歴史をたどる選曲だ。

 実はこのほかに、ロックの例としてイーグルスの「Early Bird」、ブルーグラス以後のモダンなスタイルということで、トニー・トリシュカの「Limpopo」も用意していたのだが、時間の都合でカット。それでも、言いたいことの9割方はしゃべることができたような気がする。

 終演後、マスターの石川さんと短い反省会。開場から開演まで30分ではお客さんをさばききれないから、1時間はほしいとおっしゃる。そこで、次回からは午後2時半開場、3時半開演に変更することに(毎回こんなに人が集まるとは限らないけどね……と言いそうになったのは、なんとかこらえた^^;)。

 --というわけで、次回は10月28日(土)午後3時半から。麗しのシンガー・ソングライター、中村まりさんをお迎えして、フィンガーピッキング・ギターの特集をやります。乞うご期待!

◆今月の1枚

 ゲストとの2ショット写真を撮らせてもらおうと思って忘れたので、以前に浜松楽器博物館でお会いしたときの写真を代わりに。

Harasan

« ギターの弦交換&ストリング・ラグのその後 | トップページ | ダブル・ブッキング! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽器は語る・5弦バンジョー編:

« ギターの弦交換&ストリング・ラグのその後 | トップページ | ダブル・ブッキング! »