« ストリング・ラグって何? | トップページ | 京都巡行1日め »

2017年8月27日 (日)

雑司が谷の稲荷堂

 ほんのちょっとの期間、雑司が谷の出版社で仕事をしていたことがあったけれど、こんなお堂があるのには気がつかなかった。開運威光稲荷とおっしゃるのだそうな。

Dsc08605

 26日(土)、豊島区南池袋。鳥居の連なるくねくねした道を歩き、階段を登っていくと、小さなお堂が見えてくる。1枚写真を……と思ったのだが、電池切れで撮影できず。ご本尊が写真を嫌った、というようなオカルト風味の話ではない……と思う。

Dsc08606

 お堂の裏手にもくねくねした道が続いていて、その途中にも小さな社が点在している。それほど広くないスペースのはずなのに、道に迷いそうな気分になった。階段の途中で出会った白黒ネコ(最初はゴミ袋が捨ててあるのかと思った)が行く先々に出没するのが、まるで道案内をしてくれているみたいだったよ。

 行きは都電で、帰りは徒歩。途中で雨が降ってきたけれど、本降りにならないうちに帰りつくことができた。

« ストリング・ラグって何? | トップページ | 京都巡行1日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑司が谷の稲荷堂:

« ストリング・ラグって何? | トップページ | 京都巡行1日め »