« カセットテープ時代 Part2 | トップページ | ポストカードの誘惑4 »

2017年6月 2日 (金)

ポストカードの誘惑3

 絵葉書本出版促進プロジェクトの第3弾。少し趣を変えて、前回載せたエレン・クラップサドルの絵には興味のなさそうな層……もっとはっきり書くと、すくすくと成長してセクシーになったロリータのほうが好み^^;という層を意識してみた。

Postcard03

 妖艶なおねーさんが持っているのは、オープンバックのテナー・バンジョーのようだ。装飾はわりと地味め。テナー・バンジョーでリゾネーターがついていないということは、1910年代くらいに作られた楽器だろうか?

 実はこのカードは絵葉書ではなくて、アーケード・カードに分類される。版元のExhibit Supply Companyは、シカゴ近郊にあったアミューズメント・マシンのメーカーで、遊園地やアーケード街のような人の集まる場所に設置されるゲーム機類を製造していた。この会社の大ヒット商品が、コインを入れてガチャポンするとさまざまな意匠のアーケード・カードが出てくるという自販機だったのだ。

 アーケード・カードの販売は1910年代に始まって、全盛期は30年代から40年代。とくに人気が高かったのは、野球選手、ボクサー、プロレスラーといったスポーツマンや、映画スター、それから民族衣装のネイティブ・アメリカンの写真など。もちろんセクシーなおねーさんたちのカードもたくさん売れた。

 そんなセクシーショットの1枚がこれだ。楽器はあくまでも添え物ではあるけれど、美女が楽器を持つと絵になるということで、バンジョーが用意されたものと推察される。バンジョーがおしゃれな小道具として使われているのが、この時代ならではの現象と言えそうだ。おねーさんのレトロなファッションも、時代を物語ってはいるけどね。

 ポストカードが切手を貼って郵送することを前提に作られているのに対し、アーケード・カードは純粋にコレクションの対象で、裏には何も印刷されていない。とはいえ、一部には最初からポストカードとして作られたものもあったようだ。

« カセットテープ時代 Part2 | トップページ | ポストカードの誘惑4 »

絵葉書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポストカードの誘惑3:

« カセットテープ時代 Part2 | トップページ | ポストカードの誘惑4 »