« サイバー・パンクの逆襲 | トップページ | 追伸 »

2017年4月30日 (日)

ベルウッドをもう一度

 連休初日の4月29日(土)午後3時から、武蔵小山Againで三浦光紀さんのトーク・ライブ「ベルウッド45周年記念レコード“いい音” Live」 。

 ベルウッドの生みの親である音楽プロデューサー、三浦さんのお話をうかがいながら、ベルウッド関連の名曲をまとめて味わおうというイベントだ。会場にはエルプのレーザーターンテーブル(レコード・プレーヤー)が用意され、オリジナルのLPで当時の音を再体験することができた。

 かけられた曲は、プレ・ベルウッド期の小室等、高田渡、大瀧詠一から始まって、はっぴいえんど、細野晴臣、はちみつぱい、加川良……、さらにはアフター・ベルウッドのあがた森魚、矢野顕子、喜納昌吉&チャンプルーズまで。興味深いことに、ほとんどロック・サウンドの曲ばかりだった。

 最後に発売されたばかりのニュー・アルバムからも2曲。あがた森魚&はちみつぱいの『ベいびぃろん』から「クリーニングはエイハブ」、そしてコンピレーションのベスト盤『The Best Songs of Bellwood』から矢野顕子&細野晴臣のデュエット「ろっかばいまいべいびい」。

 ベルウッドに関しては、個人的な思い入れもいろいろあって、なかなか客観的になれなかったりもするのだが、こうやってあらためて聴き返してみて、やはりよいレーベルだったなという思いを強くした。三浦さんにはさらに新たな作品を生み出すべく、まだまだがんばっていただかないと。

« サイバー・パンクの逆襲 | トップページ | 追伸 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルウッドをもう一度:

« サイバー・パンクの逆襲 | トップページ | 追伸 »