« ピードモント・ブルース雑感 | トップページ | やっと満開 »

2017年4月 5日 (水)

もうひとつのアメリカン・ルーツ・ミュージック?

 4月4日(火)午後5時半より、麻布十番のスタジオで、FMラジオ「A・O・R」の収録。かばんにCDや資料類を詰め込んで出かけようと思ったら、先月のCD(ピードモント・ブルース特集用の音源)が入ったままになっていた。う~む……。

 気を取り直して、スタジオへ。アメリカン・ルーツのアコーディオン特集ということで、ポルカ王のフランク・ヤンコビックに始まり、テックスメックス、ケイジャン、ザディコ、クレズマー……といろいろ並べてみた。スペイン語にフランス語、さらにはイディッシュと、いろいろな言語が入り乱れて、どこの国の音楽の特集だかよくわからなくなってしまったかも^^;

 トランプ大統領の登場で、あらためてアメリカ(USA)の人種問題がクローズアップされた観があるけれど、こうした音楽をまとめて聴くと、いまもアメリカが移民の国であり続けていることが実感できる。

 なにはともあれ、バラエティに富んだ選曲になったことは確かなので、電波の届く地域の皆様はぜひお聴きくださいませ。放送は、4月13日(木)午後8時から。ザ・バンドやブレイブ・コンボもかかると思います。

« ピードモント・ブルース雑感 | トップページ | やっと満開 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もうひとつのアメリカン・ルーツ・ミュージック?:

« ピードモント・ブルース雑感 | トップページ | やっと満開 »