« 平和な海戦? | トップページ | お受験の顛末 »

2017年4月14日 (金)

サクラチル

 隣の中学校を建て替えるとかで、ここしばらく前からあわただしい。門の撤去が始まったかと思ったら、昨日はまだ花の咲いている桜の木を切り出した。子どもの頃から慣れ親しんできたあの桜が伐採されるのかと、暗澹たる気持ちにもなったけれど、この日は枝を全部落としただけで終わったようだ。

Kozi1

 切られた桜は1本だけだったので、あとはこのまま残してもらえそうな気もする。工事にじゃまな枝を払うだけでよかったのだ、きっと。

 希望的観測のように思われるかもしれないが、まったく根拠がないわけでもない。校庭脇の木に根回し(移植の準備)らしいことをしているのは以前から気づいていた。だとすれば、なるべく庭木は残す方向で工事が進む可能性はある。……というか、そう信じたい。そのぶんお金がよけいにかかるのかもしれないけれど。

« 平和な海戦? | トップページ | お受験の顛末 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サクラチル:

« 平和な海戦? | トップページ | お受験の顛末 »