« ブルースに聴こえないブルース? | トップページ | 八丈太鼓ばやし »

2017年2月24日 (金)

リズムのお勉強

 23日(木)。久々の散髪。野放図に伸びていた髪の毛を短めに刈ってもらったら、頭が軽くなった。

 さっぱりしたところで、夜は下北沢のイベント・スペース、風知空知へ。音楽プロデューサーの藤井丈司さんと、パーカッショニストの浜口茂外也さんによるトーク・ライブ『リズムって何?~浜口茂外也さんと語るHOSONOさん「TROPICAL DANDY」』を聴講に。細野晴臣さんのセカンド・ソロアルバム、『TROPICAL DANDY』(日本クラウン 1975)を聴きながら、曲ごとに使われているリズムを解説してもらうという、なかなかに刺激的なプログラムだった。

 私が理解できた範囲で、そのあたりの話をざっくりとまとめると……

「CHATTANOOGA CHOO CHOO」
 サンバのリズムながら、イントロはモザンビーク

「HURRICANE DOROTHY」
 (浜口さん曰く「クレジットには入っているけれど、オレは絶対にやってない!」)
 スライ&ザ・ファミリー・ストーンのファンクとマーティン・デニーのジャングル・ミュージックの融合

「絹街道」
 アジア的な音とニューオリンズとをブレンドしたチャンプルー・サウンド

「北京ダック」
 バイヨンのリズムだが、トライアングルはあえてアクセントをズラして叩いている

 細野さんの曲以外にも参考となる音源がたくさん聴けて、リズムの違いがよくわかった。最後はワークショップのようになって、手拍子でバイヨンのリズムを作るレッスンも。

 個人的に興味深かったのは、打楽器の伝播のルートがバンジョーとほぼ同一であることを確認できたこと(当然と言えば当然なのだろうが)。また「絹街道」は、『西遊記』をテーマにした歌という認識しか持っていなかったのだが、もしかしたら音楽の伝播したルートを逆にたどる旅を意識して書かれたのかもしれないな--と気づかされた。そしてバイヨンとケイジャンのリズムに共通するものがあるという指摘は、私の今後の研究テーマになるかもしれない。

 終演後はいつものようにさっさと帰るつもりでいたのだが、つい話し込んでしまって、帰るきっかけを逸す^^;。結局11時過ぎまで居残ったものの、おかげで興味深い話をたくさんうかがえた。

« ブルースに聴こえないブルース? | トップページ | 八丈太鼓ばやし »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リズムのお勉強:

« ブルースに聴こえないブルース? | トップページ | 八丈太鼓ばやし »