« イケメン先生さようなら | トップページ | アコギブック44 »

2017年1月28日 (土)

ジブリ映画の訳詞から「Yesterday Once More」へ

 なんとなく時間が空いていたので、昨夜はテレビでジブリの『耳をすませば』を見た。

 『耳をすませば』の立花隆、『となりのトトロ』の糸井重里、『風立ちぬ』では庵野秀明と、宮崎駿さんは、わりと重要な役に畑違いの人を起用したがる傾向があるようで、傍目にはこれがあまり成功しているようには思えないのだけれど、プロの声優を嫌うというよりは、自分が創り上げたキャラクターに声優の色がつくことを嫌っているのかもしれない。

 それはともかく、主人公の女の子が考えたという「Take Me Home, Country Roads」の訳詞を聴いていたら、いまさらながら歌に合った訳詞をするのは難しいなと感じた。原語のリズム、メロディの持つノリまで合わせようとすると、なかなか容易なことではない。

 必ずしも逐語訳である必要はないのだけれど、律儀にぴたりと合わせてあるものを見つけると、やはり感動してしまう。たとえば中川五郎さんの訳した歌は好きだな。

 原曲とはまったく関係ない歌詞をつけるのも、それはそれでありだと思うし、ウルフルズが「ワンダフル・ワールド」でやったみたいに、言葉の意味ではなくて、発音のほうに合わせる空耳アワー的なやり方も効果的ではある。「Don't know how much about history(どんの、はまっちゃばう、ひすとりー)」に「どの街まで行け~ば」と当てたセンスは素晴らしいと思う。

 ずいぶん前のことだけれど、ふとカーペンターズの『Yesterday Once More』に日本語の歌詞が付けられそうな気がして、試してみたことがあった。なんとか完成させたものの、どうにも自分では歌う気になれず、そのまま放ってある。あんまりおっさん向きの歌ではなさそうなので、どなたか歌ってくださりそうな女の人を見つけられたらいいのだが。

 実は昨日の映画に影響されて、つい先ほどこの歌を録音してみた。ポータブル・レコーダーのワンマイク録音なので、音のバランスもよくなく、聴きづらいのだけれど、恥を忍んで公開する^^; 興味のある方には歌詞をお送りしますので、どなたか歌ってやってください。

 (2月4日編集)あまりにも音のバランスが悪く、ボーカルがよく聴き取れなかったため、再アップしました。

« イケメン先生さようなら | トップページ | アコギブック44 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆

どんな方が声を当てても、その世界観に合っていれば良いとは思うのですが
昨今の映画では、あまりに別の世界の方がアフレコをしていて
本職の声優さんの仕事を押している気がして、ちと憂いております。

そう言う方を使うひとつの理由としては、注目を集める為と言うのもありましょうが。

カーペンターズの「Yesterday Once More」、好きな曲です。
歌は上手ではないですが、歌詞は知りたいなと思いましたよ♪

なるほど。
私はついつい宮崎駿さんのワンマン体質のようなものが
背景にあるように感じてしまったのですが、
意地悪な見方だったかもしれません^^;

さて、歌詞はどっかに上げときましょうかね~?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジブリ映画の訳詞から「Yesterday Once More」へ:

« イケメン先生さようなら | トップページ | アコギブック44 »