« 『神々の骨』における因果律 | トップページ | 王子の狐で謹賀新年 »

2016年12月31日 (土)

年の瀬

 暦とは関わりのない生活をしているはずなのに、年の暮れはやはり気ぜわしい。ここしばらくはぼうぼうになった庭木の剪定に追われていた。小さな家でも長い間仕事をサボっているとたいへんなことになる、というよい例だ。

 29日の午後は、はらった枝の後始末をほったらかして武蔵小山Againへ。大瀧詠一さんを偲ぶみなさんが集まるというナイアガラカフェへ顔を出し、大瀧さんの曲をコピーする方がこんなにたくさんいらっしゃるという事実に、ちょっとしたカルチャー・ショックを味わった^^;

 30日は剪定の後片付け。結局、今年も大掃除にはたどり着けなかった……。適当に掃き掃除をして、掃除機もかけ、玄関周りや仏壇の拭き掃除をしてゲームセット。

 今日は午後から正月の買出しに行き、風呂を沸かして入る。明るいうちに風呂に入るのは、父方のご先祖様から受け継いだ我が家の大晦日の伝統だ。

 例年なら、このあとはまったり日本酒でも飲んで、テレビのボクシング中継を見るところなのだが、今年は夜中に出かけることになりそうな気配だ。事の顛末は年が明けてから書く。

 何はともあれ、今年も多くの方々のお世話になりました。みなさまよいお年を。

« 『神々の骨』における因果律 | トップページ | 王子の狐で謹賀新年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年の瀬:

« 『神々の骨』における因果律 | トップページ | 王子の狐で謹賀新年 »