« 都内の停電と歯のメンテナンス | トップページ | フライヤーを作る »

2016年10月24日 (月)

テイクアウトのランチとRPGのアイテム

 明け方に見た夢、豪華2本立て^^;

 大学の昼食時。近所のテイクアウトの店に入るも、ほとんど売れてしまっている。しかも前に並んでいた客が、残りをまとめて買っていく。さて、どうしよう? 店主は俳優の香川照之さんだ。「卵サンドならありますよ」と差し出してくる。ほかに中華風のあんかけにしたチキン(手羽先?)サンドイッチと、不思議な縞模様のサンドイッチも残っていた。「これはね、こうなっているんです」と縞模様のサンドを指でぐっと裂いて、何重もの層になっている構造を見せてくれる。そんなことされたら、食べたくなくなるよ~。目線をそらすと、店の奥にチャーハンがあるのが見えた。「チャーハンありませんか?」「あ~、チャーハンはね~。もう予約が入っちゃってるんですよ。ごめんなさいね」 弁当類もすべて売約済みだという……。

                         

 冒険の旅に向かおうとしている勇者たちのパーティ。出発する前にアイテムのTシャツを、私がひそかに思いを寄せている女魔法使いに託しておくことにしよう。「このTシャツをあなたに」と告げると、上機嫌になる魔法使い。「あら、かわいい! これをアタシにくださるの?」とニコニコしている。「いや、ちょっと聴いてほしいんだけど……」とTシャツの素性を説明しようとするが、魔法使いは上の空の様子だ。横目で外の様子を見ている。「Oさんが兵士にからまれているみたいなの。だいじょうぶかしら? Oさんのことは子どもの頃からよく知っていたのに、この歳になってこんな気持ちになるなんて……」どうやら女魔法使いは、別の男に関心があるようだ。正直がっかりしたが、話は最後まで伝えないといけない。このTシャツは強力な魔法のアイテムだが、呪いがかけられていて、一度身につけると呪いを解くのは容易ではないと。「それをアタシに着ろってこと?」急に魔法使いの顔が険しくなった。いやいや、私にもしものことがあったら、これを「海蛇」に渡してほしい。あいつは「悪」の属性だから油断がならないけれど、きっとこのアイテムを使いこなせるだろう。

« 都内の停電と歯のメンテナンス | トップページ | フライヤーを作る »

夢日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テイクアウトのランチとRPGのアイテム:

« 都内の停電と歯のメンテナンス | トップページ | フライヤーを作る »