« 吉田町ラストワルツ | トップページ | 都内の停電と歯のメンテナンス »

2016年10月10日 (月)

エレクトリック・マンドリンの夢

 明け方に見た夢。

 マンドリンの練習をしようと適当に楽器を選ぶ。ケースを開けるとギブソンEM-200が出てきた。ソリッド・ボディのエレクトリック・マンドリンである。あれ? こんな楽器持ってたかな? よく見るとスタンダードなモデルより装飾がちょっぴり豪華だ。カスタム・モデルかな? いつ買ったものかよく覚えていないけれど、まあいいや。とにかく弾いてみよう。

 そう思っていたところに、宅配便がやってきた。応対に出ると、背の高い鼻筋の通った顔立ちのお兄さんが立っている。どうやら家の中に入りたいらしい。どことなく様子がおかしいな。警戒していると母親がやってきて、話を引き取り、男を中へ入れようとする。そんなことしたらダメだってば!

 男がマンドリンの置いてある部屋に向かうので、あとを追いかける。まさか楽器を盗むつもりじゃないだろうな。男が帰るまでずーっとあとをついて回る。

 男が帰ったあとで母親と話をする。「どこかで見たような人だったね」と母親。そうだ、私も見覚えがあるミュージシャンだった。その旨を母親に伝える。「コンサートを見たことがあるんですけど、サポート・ギタリストなのに歌のバックに『ありゃありゃありゃさ』と大きな声で合いの手を入れて目立とうとしてました」。一見イギリス人みたいな顔してるのに、困った人だ。

« 吉田町ラストワルツ | トップページ | 都内の停電と歯のメンテナンス »

夢日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エレクトリック・マンドリンの夢:

« 吉田町ラストワルツ | トップページ | 都内の停電と歯のメンテナンス »