« 年末までの予定 | トップページ | 吉田町ラストワルツ »

2016年10月 8日 (土)

ホワイト・ブルースって何だ?

 昨日は午後7時から、麻布十番のスタジオでFMラジオ「A・O・R」の収録。今回のお題は、ホワイト・ブルースだった。

 正直、かなり漠然としたテーマではあるのだが、黒人の音楽と白人の音楽の区別がまだはっきりしていなかった頃の話から始めて、ドック・ボッグス、フランク・ハッチソンのようなブルース的な要素を持ったオールドタイムのミュージシャンや、ジミー・ロジャース、デルモア・ブラザーズといった戦前のスターたちを紹介することで、ロックンロールへと至る1つの流れを示したつもり。本来であれば、ピードモント・ブルースあたりを先に紹介しておいたほうが、話がわかりやすかったかもしれないけどね。

放送日はしばらく先で、11月3日(木)の午後8時からになるという。ちょうど学芸大学のチェロキーで、トーク・イベントに出演している頃だな。

 それで思い出したけれど、先日書いた予定表リストに、阿佐ヶ谷のライブハウス「天」で11月19日(土)にブルース・セッションをする予定が抜けていた。これも詳細はまだ不明なのだけれど、たぶんマンドリンを弾くことになるんじゃないのかな? ある意味、今回のラジオのテーマに沿った内容かも。

« 年末までの予定 | トップページ | 吉田町ラストワルツ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホワイト・ブルースって何だ?:

« 年末までの予定 | トップページ | 吉田町ラストワルツ »