« ミュージシャンズ・ミュージシャンの共演 | トップページ | 年末までの予定 »

2016年9月30日 (金)

バンジョー特集の音源を聴いて

 先日放送されたFMラジオ「A・O・R」のバンジョー特集の音源を送っていただいて、2週分まとめて聴いた。一度にこれだけバンジョーの曲が流れる機会はめったになさそうだから、そういう意味では、まずまずよかったのではないか。--なんて言いつつ、チチ松村さんもNHK-FMでバンジョーの曲を積極的にかけてくださっているようなので、私ごときがおこがましいという気持ちもないわけではないのだけれど……。

 以下は、9月22日(木)に放送されたパート2のオンエア・リスト。

  20:02 Steam Powered Aereo Plane / John Hartford
  20:08 You're The Best Friend That I've Known / New Grass Revival
  20:13 Some Of Shelley's Blues / The Nitty Gritty Dirt Band
  20:15 Crooked Jack / John Doyle
  20:22 Casey's Last Ride / Peter Rowan
  20:28 Early Bird / Eagles
  20:31 Absinthe / Otis Taylor
  20:37 Up And Running / Bela Fleck
  20:41 Strawberry Plains / Tony Trischka
  20:46 The Stride Set / Solas

 パート1の回も含めて補足しておくと、パート1でマイク・シーガーのバンジョーをバックに歌っていたのは、前にも書いたようにボブ・ディラン。この点は収録の際にもずいぶん強調したつもりだったけれど、本番ではまったくふれてもらえなかった……^^; 知らない人は、マイク・シーガーさんが歌ってるように思ったかもね。

 それと、代表的なバンジョー・プレイヤーのくだりで、唐突にカリの名前が出てくるのだけれど、実際の収録では、ブルーグラスのアール・スクラッグス、ダン・リノの名前を出したあとに、クロウハンマーのプレイヤーや、プレクトラム・バンジョーを弾くフラットピッキングの達人たちについて紹介し、その流れで、変わったところでこんな人も……とカリさんについても触れたのだった。途中がカットされたために、カリさんがバンジョー・プレイヤーの代表みたいに思われかねなくなっちゃったのは、なんだかな~。まあ、ここは私のしゃべりが悪かったということで……。

 パート2では、ジョン・ドイルのバックでクロウハンマー・バンジョーを弾いているのは、ホース・フライズのリッチー・スターンズ。ピータ・ローワンの曲のブルーグラス・バンジョーは、エディ・アドコック。

 パート2の選曲は、ほとんど私のリストアップどおりだったけれど、トニー・トリシュカの曲だけ入れ替わっていた。それはまあ、いいのだけれど、「特異なフレージングで一度聴いたら忘れない」とコメントであおったのに、いたってフツーの曲がかかってしまったのは、ちょっと残念かも。

 全体を通じての感想は、ややブルーグラス偏重になりすぎたかな、というもの。ブルーグラス・バンジョーがメインになるのは当然としても、リストに挙げておいたコンテンポラリーなクロウハンマーのインスト曲と、超絶技巧のプレクトラム・バンジョーのフラットピッキングが漏れてしまったために、バリエーションの点では物足りなくなった感なきにしもあらず。それとも、結果的にすっきりまとまったと考えるべきなのかな?

 そんなこんなで、誤解を招きそうなポイントをいくつかフォローしてみた。まだまだしゃべりの課題は多いね~。次回のテーマはホワイト・ブルースだそうで、すでに収録の予定が入っている。わりと漠然としたカテゴリーだけれど、それだけにいろいろ遊べそうで楽しみだ。

« ミュージシャンズ・ミュージシャンの共演 | トップページ | 年末までの予定 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンジョー特集の音源を聴いて:

« ミュージシャンズ・ミュージシャンの共演 | トップページ | 年末までの予定 »