« 袖すり合うも他生の縁 | トップページ | ソフトボール大の…… »

2016年7月22日 (金)

アコギブック43

 『アコースティック・ギター・ブック43』(シンコーミュージック)の特集は、ロックにおけるアコースティック・ギター。英米のロック・ギタリストを対象に、アコギのプレイ・スタイルや使用ギターなどについてまとめている。

Agb43

 表紙はマーティンD-45を弾くエリック・クラプトン。若い!

 先日の坂崎幸之助さんのインタビューも、この特集の一環だったのだが、このほかに、ギタリストの紹介と使用ギターの解説、アコギが気になるロック・アルバムのレビューも書かせていただいた。

 ちなみにギタリストの人選は私ではなくて、編集部。誰とは言わないけれど、個人的にロック・ギタリストではないと感じている人も(若干ではあるが)混じっている。一方、レビュー用のアルバムは、ほぼ私自身のセレクトだ(うち何枚かはギタリストのしばりがあったけれど)。

 また、原稿には編集部の手も少し入っている(原稿整理というヤツね)。細かい言い回しの違いなどは、まあいいとして、ジョニー・キャッシュのカスタムJ-200が「明るいチェリー・サンバースト」となっているのは編集部の誤認で、元の原稿では「明るいサンバースト」と書いてあった。モノクロの写真ではよくわからないけれど、実物はチェリー・サンバーストではなくて、もっと赤みの薄いブラウン・サンバーストではないかと思う。念のため。

 それはさておき、ロックの中でアコースティック・ギターがどう使われているか、あるいはどう使うべきかというのは、個人的に長年考えているテーマでもあったので、わりと気張って書いたつもり。まだまだ書きたりないところも多いのだけれど、よろしかったら書店で立ち読みでもしてやってくださいませ。

« 袖すり合うも他生の縁 | トップページ | ソフトボール大の…… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アコギブック43:

« 袖すり合うも他生の縁 | トップページ | ソフトボール大の…… »