« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

(取次版発売記念)巷の評判

 ファッション誌にはまったく縁がない人間だと思っていたのだけれど、私の本の書評が載っているというのを聞きつけて、珍しく買ってみた。『FREE & EASY』3月号(イースト・コミュニケーションズ)。何の因果か終刊号だそうである。

Freeeasy

 ファッション誌に縁はないと書いたものの、『ベルウッドの軌跡』はコアな音楽ファンに限らず、広く一般の読者に受け入れてもらえればいいなと思いながら書いた本なので、こういう形で取り上げていただいて、悪くない気分ではある。

 ここだけの話、取材のテープをまとめながら、「この内容ならビジネス書のスタイルでも書けるんじゃないか」なんてことを考えたりもしていたのだ。それだけ従来の慣習に囚われない三浦光紀さんの仕事の進め方には、心躍らされるものがあった。なにしろ「最強の起業型プロデューサー」とまで称されたような方だから。

 もとよりビジネス書にするつもりはなかったので(三浦さんにも怒られそう^^;)、フツーの音楽書に仕上げたわけだけれど、いまでも『プレジデント』誌あたりで紹介してもらえたらすっごく面白いんじゃないか、とは思っている。

 音楽専門誌では、『サウンド&レコーディング・マガジン』(リットーミュージック)3月号が書評で大きく扱ってくださったのがありがたかった。もったいなくも横川理彦さんの記名原稿だ。横川さんは同誌でずーっと書評欄を担当していらっしゃるようで、そのするどい切り口にはいつも感心させられてきた。以前に『アメリカン・ルーツ・ミュージック』を評していただいたこともあり、今回も書いていただけたらうれしいなと、実は個人的に編集部に売り込みもしていたのだ。全然コネはなかったので、まったくの跳び込みだったのだけれど。

 「制作の現場についての多くの証言から、当時のアーティストやコンサートの空気が鮮烈に伝わってくる好著になっている」--という評は、そのまま本の帯に使わせていただきたいほどだ。私は多くを語らず、そうなっていたらいいなとだけ書いておこう。

 調子に乗って、Webの評もいくつか拾わせていただく。

 三浦さんの証言が効いているという評は、阿佐ヶ谷さんマキジイさんほかいくつも。この点については著者も異論はない。徹頭徹尾、三浦さんのインタビューのおかげで成り立っているような本なのだから。

 マキジイさんは本書の中にも何度か登場されているような「関係者」だし、厳密には中立の第三者とは言えないのだけれど、「ありがちな手柄話は一切ありません。事実に即し、あるいは事実だっただろうことを淡々と積み重ねています」--と著者の意図を的確に読み取っていただいたことに、まずお礼を申し上げたい気分。

 業界関係者といえば、snakefingerさんの怒涛のツイートには、どきどきさせられた。当時の事情をよくご存知のようで。「これが一般流通してないのは罪深い。心ある者は迷わず買えよ」ともつぶやかれていたが、このほどめでたく一般流通に乗ることになりましたので……。

 しぎょういつみさんのツイートは、IT業界との比較という視点が、なかなかに新鮮だった。

 関西の事情を教えてくださったヨゾラ舎通信のブログもたいへん読み応えがあった。「あらためて当事者の方から語られる事実には初めて知ることや興味深い話が多々登場する」--やはり三浦さんの証言が大きいという結論に尽きるようで……。

2016年2月27日 (土)

世界屈指のフィドラーにインタビュー

 当代屈指のアメリカン・フィドラー、スチュアート・ダンカンさんが、ジャズ・ミュージシャン、ダイアナ・クラールのツアーのサポートで、30年ぶりの来日を果たした。ツアーの合間の26日には、東京・池袋のフォルテ・オクターヴハウスで、フィドルのワークショップも開くという。こんな機会を逃す手はない--というわけで、なんとかインタビューの時間を作っていただいた。話を通してくださったのは、ワークショップを企画した井上(渡辺)三郎さん、井上ゆい子さん親子だ。たいへんお世話になりました。

 スチュアート・ダンカンさんは、ブルーグラスのフィドラーとして知られるが、近年はエルビス・コステロ、マーク・ノップラー、ロバート・プラントなど、ロック・ミュージシャンとの共演も多い。さらにはBBCのトランスアトランティック・セッションズに呼ばれたり、ヨーヨー・マらと現代音楽のセッションをしたりと、その活躍の範囲を大きく広げつつある。

 ブルーグラス、オールドタイム、カントリー、アイリッシュ、スコティッシュ、クラシック、ジャズ……など、さまざまなジャンルを弾きこなすスキルはどのように培われてきたものか、じっくりうかがいたかったところだが、時間が足りずにあまり突っ込んだ話ができなかったのは残念だ。それでも暖かい人柄の感じられるなごやかなインタビューで、それなりに面白い話もうかがえた。最後はツーショットの写真まで撮らせていただいてしまったし(ちなみに、撮影者は日本の若手フィドラーの第一人者、手島宏夢さん。お世話になりました)。インタビューの詳細は、アルテスパブリッシングのWebマガジンで公開予定なので、どうぞお楽しみに。

Withstuart

 インタビューに続いてワークショップも見学させていただく。最初に1時間くらいかけて参加者の楽器を1本1本チェック。実際に弾いてみて感想を述べるばかりではなく、具体的なメンテナンスのアドバイスも。果ては工具を取り出して魂柱の調整まで始めるではないか。これには正直、驚いた。世界でも屈指のフィドラーに自分の楽器を調整してもらえるなんて、フィドラーにとってこれほどの至福があるだろうか? サイン会や握手会の比ではないかも。こんなことなら私も自分のフィドルを持ってきとけばよかった。

 ワークショップはブルーグラス・フィドルをメインにジャズ・バイオリンも少々。参加人数が多かったため(40人以上はいらっしゃったかな?)個別指導とはいかなかったけれど、「Solder's Joy」や「Sweet Georgia Brown」でソロ回しをさせてもらったり、質問の時間もたっぷりあったりと、なかなか有意義なレッスンだったのではないか。

 ワークショップのあとは、顔見知りのみなさんと居酒屋で打ち上げ……のつもりでいたら、すぐにスチュアート・ダンカンさんと井上さん親子もやってきた。なんとまあ! こんな形でアンコールが味わえるとは思ってもいなかった。翌日のスケジュールの都合かあまり長居はしてもらえなかったけれど、それでもみなさんずいぶん盛り上がっていらっしゃったような。

2016年2月25日 (木)

女子大生と打ち合わせ!?

 昨日は久々に新宿で仕事の打ち合わせ。待ち合わせに指定された喫茶店で無事に落ち合え、企画のプレゼン自体もとくに問題はなかった(と思いたい^^;)のだけれど、向こうの方が女子大生を連れていらっしゃったのはちょっと驚いた。話をうかがうと、大学のカリキュラムの一環で出版社に「インターン」に来ているのだという。最近は中学校ばかりじゃなくて、大学でも職業実習みたいなものがあるのだな。好奇心にかられて、いろいろ質問してしまった。なにしろ、女子大生と話をする機会なんて、最近ではめったにないものね

 そんな話をしているうちに、自分が教育実習に行った頃の思い出がよみがえってきた。あのときは、駒場東邦中学・高等学校にお世話になったんだっけ。私が担当したのは中学生で、クラスの悪ガキ連中にオカマ呼ばわりされた^^;(当時も髪の毛が長かったからな~)。いや、オレだってね、貴重な教育実習の機会に男子校なんかに来たくはなかったよ。

 そんなわけで、私も似たような体験をしたことはあったのだ。結局、あの理科の教師の免許は1回も使うことがなかったな。ムダといえばムダだけれど、私に指導されて道を踏み外した学生がいないのは、日本にとってはよいことだったと言えるかもしれない^^;;;

2016年2月20日 (土)

そして普通の書籍に

 「売れ行き好調」--と言われても、正直、まったく実感がないのだけれど^^;、『ベルウッドの軌跡』(インプレスR&D)がそこそこ売れているらしく、電子書籍版、オンデマンド版に続いて、取次版の発売が決まった、という連絡が来た。要するに、一般の書店で販売されるフツーの書籍になるということだ。一部の方から「手に入りにくい」という苦情もちょうだいしていたので、まずまずめでたい。これで堂々と発売記念のライブもできる……かな?

Spine

 そんなこんなで、取次版の見本も送られてきた。一見してわかるように、本の厚みがだいぶ増した。上の写真で3冊並んでいるうちの右側が取次版、残りの2冊がオンデマンド版だ。ページ数はまったく同じなのだが、厚くなったぶんだけ情報量が増えたような錯覚が……。

 それと、背表紙がやや丸みを帯びているのがわかっていただけるかどうか。新たにカバーがついて(というか、表紙が本体から分離して)、見た目も少しグレードアップした。

 どちらも著者にとってはありがたいことではあるのだけれど、すでに買ってくださった読者のみなさまや、これまで販売してくださっていたお店には申し訳ない思いも……。最初からこれで売ってくれればよかったのにな~。

 中身は基本同じですので、どうかこらえてください。レアな初版の仕様ということで、なにかプレミアがつくといいのですが……。それにつけても、脱稿してからのほうがなにかと気苦労の多い本であることよ。

 さて、気を取り直して。2月26日から全国の書店で販売を開始するそうですので(ちゃんと置いてもらえるのだろうか?^^;)、どうぞよろしくお願いします。

2016年2月18日 (木)

六本木の音楽フリマ

 昨日は東京・武蔵小山のレコード/CDショップ、ペット・サウンズ・レコードに『ベルウッドの軌跡』を納め、帰りに六本木ビリオンで開催中のフリーマーケットに寄った。

 先週の土曜日にアゲインで開催されたトーク・イベントに参加した話を書いたけれど、その際にアゲインのマスターの石川茂樹さんに拙著をお見せしたところ、同じビルの1階にあるペット・サウンズ・レコードで委託販売してもらうように薦められ、話も通していただいたのだった。ディスクユニオンもそうだけれど、こういう違いの分かるお店に置いていただけるのは、ほんとうにありがたい。

 そのまま六本木へ移動して、六本木スタジオの裏手にあるイベント・スペース、ビリオンで開催中の音楽フリマを覗く。入り口付近でばったりお会いしたのは、アゲインでご挨拶したばかりの牧村憲一さん。その隣にいらっしゃるのは、俳優の竹中直人さん。……う~む。なかなかに濃ゆいイベントのようだ。

 フリマの商品は、レコード、CD、ビデオ類、書籍、雑誌、楽器、ポスター、パンフレット、Tシャツ、缶バッジ、などなど。めったに見られないものもいっぱいある。最初に目についたスモール・ボディのガット・ギターを手にしたら、なんとその売り主が竹中さんだった……。

 さらにLPの箱をあさっていると、ダロル・アンガーさんとバーバラ・ヒグビーさんのデュオ作『TIDELINE』が100円で売られているのを見つけたり! すでに持っているから買わなかったけれど、これはぜったい安いと思うな~。

 全体に値づけは安めで、ほしいものもいろいろあったのだけれど、先立つものがないため、自粛^^; 結局、1000円の古書を2冊だけ買った。フリマの開催は今日までみたいなので、お近くで興味のある方は、お急ぎあれ。

Garcia

フリマの収穫品。ハードカバーのガルシア本『GARCIA BY THE EDITORS OF ROLLING STONES』

2016年2月17日 (水)

FMラジオ・オールドタイム特集の放送日

 先日収録したラジオのオールドタイム特集は、2月18日(木)午後8時から放送されます。

 FMラジオ「A・O・R」ワールド・ミュージック・エディション。ロスコー・ホーコム、ジョージ・ペグラム、ニュー・ロスト・シティ・ランブラーズ、レッド・クレイ・ランブラーズ、ヒッコリー・ウィンド、ブルース・モルスキー、ジェームズ・ブライアン(withボブ・カーリン)、ホース・フライズなどをかける予定です。

2016年2月14日 (日)

ポップス・クロニクル対談編

 2月13日午後3時から、東京・武蔵小山アゲインで、銀次の部屋Vol.7。ギタリストの伊藤銀次さんが、ゲストを招いて対談をするという恒例のトーク・イベントで、今回のゲストは牧村憲一さん。六文銭、大瀧詠一、シュガー・ベイブ、竹内まりや、加藤和彦、坂本龍一、忌野清志朗、フリッパーズ・ギターなど、数多くのミュージシャンに関わってきた凄腕の音楽プロデューサーである。

 牧村さんには、三浦光紀さんへのインタビューの際にいろいろお手数をおかけし、その後ネットでご挨拶をさせていただいたりもしたのだが、直接お会いするのは今回が初めてだ。『ベルウッドの軌跡』に関連するようなお話もうかがえるかと楽しみにしていたところ、期待をはるかに上回るすばらしい内容で、ずいぶん勉強になった。

 キングレコードに入社した三浦さんの手伝いで音楽業界に足を踏み入れたエピソードに始まって、中津川フォークジャンボリーとの関わり、ユイ音楽工房でのヒット曲作り、大瀧さんとのCM制作秘話、竹内まりやさんのデビューにまつわるやりとり……、そして渋谷系の誕生に至る流れまで。初めて聞く驚きの爆弾情報もたくさんあって、3時間におよぶトークがあっという間だった。

 中でもいちばんのハイライトは、大瀧詠一さんと山下達郎さんの出会いをもたらしたあの有名なできごとの真相がついに明らかになったことだろう。この逸話には、伊藤銀次さんも関わっていて、伊藤さんとペダルスティールの駒沢裕樹さんが高円寺の喫茶店Movin'を訪れたときに、たまたま流れてきたのが山下さんが自主制作で出したアルバムの曲だった……というところから始まるのだが、このくだりが偶然にしてはうまくできすぎているために、やや疑問視するむきもあった。ところが、その欠けていた部分を補うような当事者の証言が、この日牧村さんの口を通して語られたのだ。これには来場者一同、おおいに感激。

 詳しい話は、牧村さんが近々本にまとめられることだろうから、ここに書くのは遠慮しておくけれど、すべてがすとんと腑に落ちるような、なかなかよい話だった(思わせぶりですみません^^;)。

 この日のアゲインでは、牧村さんと伊藤さんのトークに加えて、たいへん興味深いCDも入手できてほくほくだったのだが、長くなるので、そちらの話はまた別の機会に。

2016年2月13日 (土)

62歳おめでとう!

 丹波博幸さんのキャラクターは面白い。ギタリストとしてのセンスもさることながら、それにも増して、じわじわとにじみ出てくるマイペースで飄々とした人柄がいい。昨夜のステージでも、主役のはずなのにほとんどしゃべらず、それでいて妙にどっりしとした存在感を醸し出していた。

 高円寺ShowBoatで開催された、丹波博幸生誕祭No.62。ホストは丹波さんもメンバーの、トリオのアコースティック・ユニットShiro。ゲストは、元バービー・ボーイズのいまみちともたか、パール兄弟のサエキけんぞう、そして舞踏家の岡佐和香。ゲストはすべて丹波さんのご指名だそうだが、なかなか興味深い顔ぶれだった。

 サエキさんの弁が達者なのはいいとして、いまみちさんも昨日はずいぶんしゃべくっていたような。あんなに能弁ないまみちさんは初めて見たかもしれない。Shiroの窪田晴男さんとバービー、パール兄弟の悪口を言い合うあたりは、まるで掛け合い漫才のようで、これまでの寡黙なイメージが一気に崩れた。考えてみれば、主役の丹波さん(と舞踏家の岡さん)以外は、出演者全員よくしゃべるコンサートだったよな。

 --というところで、いまみちさんの持ってきたギターは、ギブソンのJ-185だったろうか?(このギター、最近わりと気になっているんだよね

 初めて拝見した岡さんは「Wild Horses」「Street Fighting Man」(Shiroはストーンズのカバーも得意なのだ!)などの演奏をバックに前衛舞踏のパフォーマンス。これがとても華やかで素敵だった。なにより美人だし^^;

 サエキさんは、またもエビの握りずしを頭に載っけての登場。お得意のセルジュ・ゲンズブールと、CSNYの「Teach Your Children」の日本語カバーを歌った。とにかく「ガキに教えろ」という直訳がサイコー。ゲンズブール・ナンバーでは、デュオで歌った宮原芽映さんのフランス語も色っぽかったし。

 そんなこんなで、なかなかに充実したコンサートだったと思う。アラカン世代がこうやってわきあいあいと演奏しているのを見るのも楽しいね。丹波さん、お誕生日おめでとうございます。これからもばりばりギターを弾いてください。

2016年2月12日 (金)

写真集の罠

 明け方に見た夢。

 知り合いの女性が、その友人と2人で写真集を出した。本の主役は知り合いではない女のほうで、初めて見たけれど、なかなかの美人だ。本屋で手にとったらほしくなって買ってしまった。家に帰ると、驚いたことに、写真集の2人が遊びに来ていて、父親と話しこんでいる。私も加わって写真集の話をしようかとも思ったが、なんとなく気恥ずかしくて、そのまま声をかけずに通り過ぎた。

                           

 翌日勤めている出版社に出勤すると、編集部に写真集の女がいる。昨日初めて会った美人のほうだ。女は若い編集部員に、「いらないカタログは全部捨てちゃいなさい」と指示をしている。いや、もしかしたらまた必要になることもあるかもしれないから、と言って思いとどまってもらう。ダブっているカタログは、もったいないから捨てないで家に持って帰ろうと、カバンにつめた。

                           

 さらに翌日、会社にいると社長から呼び出される。社長はすぐに怒る恐い人だ。びくびくしている私に、「こんな告発の文書が送りつけられてきた」と言って紙片を渡してくる。そこには、「昨日の女はお前の会社を誹謗中傷しているグループのメンバーで、スパイ行為のためにやってきて会社の資料を勝手に持ち出した。その資料を渡したのはRobin(私!)である」--と書いてある。どうやら罠に嵌められたようだ。なんとか身の潔白を証明しなくては。女がそんなグループのメンバーであることは知らなかった。ダブっているカタログを家に持って帰ったけれど、女に渡してはいない。……この説明で納得してもらえるかなと思案しているところで目が覚めた。

2016年2月11日 (木)

FMラジオでオールドタイム&デルタ・ブルース

 昨日は麻布十番のスタジオで、FMラジオの録音。すっかり恒例になった「A・O・R」のワールド・ミュージック枠のコメント収録で、今回のお題はオールドタイム。アパラチアのマウンテン・ミュージックに焦点を当てて話をした。この分野もコアなファンのみなさまが多いので、かなり気を使ったよ^^;

 放送日がいつになるかは聞きそびれたので、わかった段階であらためて書きます。よろしゅーに。

 そういえば、前回のデルタ・ブルース特集のオンエア・リストをまだアップしていなかった。番組公式サイトからコピーしたデータを下に貼り付けておく

20:02 Jim And John / Ed Young
20:07 Shake’em On Down / Mississippi Fred McDowell
20:14 Jefferson And Franklin Blues / Big Joe Williams
20:17 Stop And Listen Blues / Mississippi Sheiks
20:22 Heaven / Tangle Eye
20:28 If I Had Possession Over Judgement Day / Rory Block
20:31 Down To The Praying Ground / Kelly Joe Phelps
20:37 Cross Road Blues / Robert Johnson
20:40 Empire State Express / Son House
20:42 Moon Going Down / Charley Patton
20:46 Boat’s Up The River / Tony Furtado

 選曲はほぼ私の指定どおりだったのだけれど、1曲めがエド・ヤングの「Jim And John」だったのは、びっくりしたな。この歌は「John Henry」のバリエーションで、演奏もブルース以前と言っていいようなスタイルだもの。これが典型的なデルタ・ブルースかと思われるとちょと困る……。

 その次のミッシシッピー・フレッド・マクドウェル「Shake’em On Down」も、アコースティックなシブいバージョンをお願いしたつもりだったのだけれど、いろいろ手違いがあって、放送されたのはエレクトリックなバージョンだった。気にはしてたんだけどね。この人の音源はいっぱいあるみたいなので……。ま、いいか。

 私がこの放送の音源を聴けたのは、実は今週に入ってからなのだけれど、実際に放送されたのは、やはり去年の大晦日だったようで。ほんとに聴いてくださった奇特な方は、いらっしゃるのだろうか?

2016年2月 8日 (月)

歯が真っ白に

n 半年ぶりの御茶ノ水の歯科病院。歯石の除去のついでにガシゴシと磨いてもらったら、ステインで汚れていた歯がきれいになった。私は煙草を吸わないので、この汚れはワインとコーヒーによるものだと思う。なんとなく気分もすっきり。

 帰りにディスクユニオンと楽器店に寄った。ユニオンではダン・ヒックスさんの曲がかかっていた。ひととおりレコードや楽器をチェックして、何も買わずに出る^^;

 次回は6月13日(月)午後2時からの予定。

2016年2月 3日 (水)

毒ガス爆弾

 明け方に見た夢。

 自宅を毒ガス爆弾で吹っ飛ばそうとしている。知り合いの男に手伝ってもらって、2人でこっそりと爆弾を仕掛けた。何食わぬ顔で部屋を出ると、母親がやってくる。「花がきれいに咲いてるから見なさい」とすれ違いざまに声をかけられた。庭を見ると、白地に青いグラデーションの入った大きな花がたくさん咲いている。とても美しい光景だ。

 そのまましばらく別の部屋でくつろいでいるうちに、だんだん心配になってきた。このままでは大騒ぎになるのでは? あわてて爆弾をリセットしに戻る。爆弾を手に取るが、毒ガスの白い煙がもくもくと出てきて手に負えない。爆発しないうちに家から離れたほうがよさそうだ。

 外に出ると、すでに刑事がはりこんでいた。我々を逮捕しようと迫ってくるので、手を振り切って逃げる。刑事たちは私の代わりにその場に居合わせた老人の胸倉をつかんだ。老人は我々の仲間だ。長身痩躯の老人は、青白い光を放ったかと思うと、ゆっくりと消えていく。仲間が遠隔操作で逮捕されないように瞬間移動させたようだ。もう1人の仲間の少年は鏡の前にたち、鏡の動きに合わせて不思議な踊りを踊っている。腕を横に広げて、左へ2歩。右へ1歩。そのまま少年も跡形もなく姿を消した。

2016年2月 1日 (月)

学生同士なら利益供与には当たらないんだろうけど……

 テレビ東京のバラエティ「開運! なんでも鑑定団」は、登場する依頼人の悲喜こもごもの人間模様が、妙に面白い。悪趣味と言えばそのとおりかもしれないけれど、そんなシチュエーションを面白がっている自分がいることは、不本意ながら認めざるを得ない。申し訳ない^^;

 ゲストの芸能人に混じって、たまに政治家のみなさんも「お宝」を持って登場することがある。いま話題の甘利明さんもその1人で、たしか楽天ゴールデンイーグルス時代の田中将大投手のサイン入りユニフォームかなにかを持ってきていたような。楽天の三木谷オーナーとはゴルフ仲間だそうで、いっしょにラウンドしたときにたまたま田中投手の話で盛り上がったら、後日サイン入りのユニフォームを渡されたと説明していた。

 いちいちめくじらを立てるほどの話ではないのかもしれないけれど、この人もしかして、ごっつぁんメンタリティの持ち主なんじゃぁ……と少し引っかかったのは覚えている。それ以来、甘利さんの去就がずっと気になっていたので、今回の騒動も起こるべくして起こったような気がしてならない。

 とにかく、政治家はあまりあの番組に出ないほうがいいんじゃないかと思う。隠しておきたい陰の部分をついうっかり見せてしまいかねない。

 片山さつきさんがゲスト出演したときに、「学生時代はモテモテで自分で食事代を払ったことがなかった」という自慢話(なんだよね?^^;)をしていたのも、正直なんだかな~という感じではあった。話半分だとしても、きっとおごらされた男の人はたくさんいらっしゃるのだろう。お気の毒に……。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »