« モーリス持てばスーパースターも夢じゃない | トップページ | 現実的な夢? »

2015年11月13日 (金)

開港資料館の企画展

 ちょっぴり時間に余裕ができたため、昨日は横浜開港資料館の企画展「その音・奇妙なり 横浜・西洋音楽との出会い」を見に行ってきた。

 ペリーの黒船艦隊に同行してきた楽士たちの新たな資料でも見つかれば、と思って出かけたのだが、残念ながらミンストレル・ショーに関する展示は何もなし。意図的に隠されたと見るのは考えすぎだろうか? 顔を黒く塗った白人が黒人に扮して芸をするというのは、人種問題もからむ微妙なネタだからなぁ……。

 そんなこんなで、個人的にはやや物足りなかったものの、古い楽器や図版、写真、楽譜などをひととおり見て、そこそこ楽しめた。写真は、お土産に買った絵葉書より。

Gakusi

 赤レンガ倉庫のあたりをうろつき、居酒屋で一杯(ほんとは4杯^^;)飲んで帰る。いい気持ちで家に着いたら、書籍のゲラ刷りが上がったという。ソッコーで赤字を入れて返さねばならんらしい。どよ~ん。

« モーリス持てばスーパースターも夢じゃない | トップページ | 現実的な夢? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開港資料館の企画展:

« モーリス持てばスーパースターも夢じゃない | トップページ | 現実的な夢? »