« アイルランド大使館の饗宴 | トップページ | 月の歴史と掌底突きと »

2015年7月 7日 (火)

首が回らないのでラジオの話でも

 首を寝違えたらしく、朝から右肩のあたりが痛くて横を向けない。やれやれ。

 日曜日の昼間は、インターFMにレオナさんご夫妻が生出演しているのを聴いた。木曜日に立教大学でお会いしたばかりだが、現在日本ツアーで全国を忙しく飛び回っているようだ。最新アルバムから2曲かけたほか、生演奏あり、トークありで、トータル30分ほど。わきあいあいとした雰囲気で、なかなかに楽しげだった。

 FMラジオと言えば、5月に「A・O・R」のケイジャン特集の収録をした話を書いたけれど、その放送の音源を先日やっと聴くことができた。今回はわりと緊張せずにしゃべれていたような気がするものの、そのぶんやや早口になりすぎたかも。次回は、もう少しタメを作ってみよう--なんちって。

 参考までに、放送された曲目のリストを番組のサイトからコピペしておく。

  20:08 Louisiana Man / Doug Kershaw
  20:13 C’est Trop (Too Much) / Steve Riley & The Momou Playboys
  20:18 La Valse de la Riviere Rouge(Red River Waltz) / Bruce Daigrepont
  20:22 Simple Things / Amanda Shaw
  20:30 Sam’s Big Rooster / The Savoy Family Band
  20:34 Big Bayou / Swampwater
  20:39 Newport Waltz / The Balfa Brothers
  20:43 Lou’ragon (The Hurricane) / Beausoleil
  20:46 Acadian Driftwood / Zachary Richard

 ミュージシャンの顔ぶれは、ほぼこちらの推薦したとおりだったけれど、曲目は番組独自のものに変わっていた。こちらの選曲のままだったのは、スワンプ・ウォーターの「Big Bayou」くらい。それはそれで、「あ、こうくるか!」という意外性があって面白かった。「Acadian Driftwood」はケイジャンの曲じゃないけど、ここに持ってきたくなる気持ちはわかるな~。

« アイルランド大使館の饗宴 | トップページ | 月の歴史と掌底突きと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首が回らないのでラジオの話でも:

« アイルランド大使館の饗宴 | トップページ | 月の歴史と掌底突きと »