« I Wanna Hold Your Hand | トップページ | 立教大学でフィドル&バンジョー »

2015年6月30日 (火)

モンテクリストの懺悔

 誤解された話の続きでもう1つ。たいていの現代の日本人男性は、痴漢に間違われたらどうしようというような心理的プレッシャー--いわば痴漢冤罪コンプレックスを持っているのではないかと思う。心理学ではすでにいい用語があるのかもしれないけれど、これを仮にモンテクリスト・コンプレックスと呼ぶとして(ギリシャ神話でいわれなき罪を被った登場人物を探そうとしたのだが、よい例を思いつかなかったので、「岩窟王」のモンテ・クリスト伯ことエドモン・ダンテスの名を借りることにした)、このコンプレックスは、実はけっこうバカにならないものではないかと思う。

 幸いなことに、まだ痴漢でつかまった経験はないけれど、「あ、痴漢に間違えられたんじゃないかな」と感じたことは2度ある。一度めは学生の頃。夜遅くなったので、路地裏の暗い道を早足で歩いていたときのこと(我が家は門限がうるさかったので、帰りが遅くなるとひやひやものだったのだ)。前方を女の人が歩いている。ほとんどシルエットしか見えないけれど、体型から判断するとそれほど若くもなさそうだ。その女の人がチラチラとこちらを振り返るではないか。ん? もしかして怪しい男に見えるのかな? そっちも気持ち悪いんだろうけど、そう思われてるかと思ったら、こっちだってすっごく気持ち悪いのよ! だらだらと続く一本道で、人気はなく、脇道へ逸れようもない。こうなったら一気に加速して追い抜こう(門限を気にしてあせっていたので、ゆっくり歩く選択肢はなかった^^;)。そう考えてさらに足を速めると、向こうもそれに気がついたらしく、何度もこちらを振り返りつつ、どんどん早足になる! いや、違うんだってば! これじゃいつまで経っても追い抜けないではないか。この「追いかけっこ」が終わるまで、ずいぶんかかったような……。実際にはたいした時間じゃなかったはずなのだが、とにかく長く感じた。

 もう1回はもっと単純かつヤバい状況で、電車から降りようとしたときに、前にいた女の人のおしりを、思いっきりベロ~ンとなでる形になってしまった事件。天地神明に誓って、意図した結果ではなかったのだけれど、不幸な偶然が重なってしまったとしか言いようがない。お気の毒にもおしりを触られてしまった女性は、ピンクのボディコン・スーツを着た、がっしりとした体型の方で、年の頃は50~60歳くらい? あの服の色と、気持ち悪さにぶるぶると身震いされていた様子は、いまでもよく覚えている(いつもは他人の服装なんてまったく目に入らないのに)。わざとではなかったにせよ、たいへん申し訳なく思っております。すみませんでした。

 そのときは、あまりのことに呆然として、お詫びをすることもできなかった。そのことはいまでも悔いている。もし、あのとき「痴漢!」と声をあげられて、つかまっていたら、その後の人生はどうなっていたのだろう? 「わざと痴漢をやっているのかそうでないのかは、やられた本人にははっきりわかる」とおっしゃる方は多いようだけれど、私の経験からすると、必ずしもそうは言えないのかもしれない。いまでも思い出すと冷や汗の出るモンテクリスト・コンプレックス……。最初は軽い話にするつもりだったのだが、いざ書きはじめたらやけに重たい。なんだかどよーんとした気分になってしまった……。

« I Wanna Hold Your Hand | トップページ | 立教大学でフィドル&バンジョー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モンテクリストの懺悔:

« I Wanna Hold Your Hand | トップページ | 立教大学でフィドル&バンジョー »