« ギンヤンマ記念日 | トップページ | トネリコの剪定 »

2015年5月 3日 (日)

チーズケーキ・ソング

 先週だらだらとやっていた自宅録音の顛末を書く。

 時間ばかりかけてないで、ちゃっちゃと1日で終わらせろ、なんて怒られそうだけれど、1回で満足のいく音が録れるんだったらスタジオ・ミュージシャンにでもなっている。何度やってもうまくいかなくて、そのうち何をやっているんだかわけがわからなくなることのほうが多いのだ。

 新曲は横浜ジャグフェスの前に書いた歌で、ジャグバンドで演奏できるような曲があってもいいな、なんてことを思いながら作った。コンセプトは、オールド・ファッションな4ビートと、ちょっぴりエッチな歌詞^^; なんかそういうのが、個人的なジャグバンドのイメージなのだよね。専門家の方々には「全然違う!」とつっこまれるかもしれないが。

 元になった歌詞は、しばらく前に書いてあったもの。同じく以前に書いて温めていたメロディを合わせてみたら、わりといい感じだったので、ちゃんと音が合うように手を加え、新たにサビの歌詞を足して完成させた。

Dsc07773

 レコーディング1日めは、ベーシック・トラックの作成とボーカルの録音。ウッドベース、ドラムス、ピアノのリズム隊と、クラリネットのリードはあらかじめPCで曲データを作成しておいた。弾けない楽器や苦手な楽器は、コンピュータのお世話になるという、いつもの他力本願作戦である^^; この演奏をまず左右2トラックに分けて録音する。アコースティック・ギターのリズムはデジタル音源ではなかなかさまにならないので、これだけは生音を別に録った。

 なるべく昔の音に近づくように、ギターは1922年製のギブソンL-2を使用。古式ゆかしきアーチトップ・ギターだ。……とはいうものの、4ビートの経験値がほとんどないもので、なかなかそれらしいサウンドにならない。後日あらためて録り直すことにして、適当なところで妥協。それからリード・ボーカルを3テイク録って1日めの作業は終了した。

 2日めは、昨日の録音のプレイバックからのスタートだ。やはりアコギもボーカルもいまいちだったので、もう1回気合を入れて録り直す^^; そのあとでよさげなテイクをつなぎ合わせて、なんとかOKテイクをでっちあげた。

 それからあらためて聴き返してみると、サビの部分のボーカルが弱い。そこで急遽コーラスを付け加えることに。これがまた、思いのほかたいへんだった。たいていの曲は3度上の音を重ねればなんとかなるのだが、一部のコードで音が合わんではないか! そこで4度上を試してみたのだが、これもダメ。結局5度上の音を混ぜることで落ち着いた。5度上だとやや間抜けな響きにも聴こえるのだが、ま、しゃ~あんめ~。

 3日めは、上物類の録音。間奏のクラリネットのカウンター・パートは、ジャグバンドらしくカズーでも入れようかとも思っていたのだが、クラリネットと音が重なりそうなので、ギターのソロに代えることにした。ふたたびギブソンL-2の出番だ。この録音は2テイクですぐに終わった。曲に慣れてきたせいもあるのかもしれないけれど、むしろレコーディング作業に飽きて早く終わらせたくなってきたことのほうが大きいかも。まあ、上物はある程度テキトーでもなんとかなるからね^^;

 あまったトラックに効果音的な楽器を入れようかとも思って、いくつかトライしてみたけれど、これがいまいち決まらない。シンプルな音のままにしておくほうがいいような気もしてきたので、これで終わりにすることにした。そんなこんなで、4日めにミックスダウンをした結果がこれ。

 う~ん、もうちょっとなんとかなったような気もしないではないが……。もっとテンポを早くしてもいいかもね。

« ギンヤンマ記念日 | トップページ | トネリコの剪定 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チーズケーキ・ソング:

« ギンヤンマ記念日 | トップページ | トネリコの剪定 »